2010.04.30. やっぱり雨のValborg

スウェーデンでは春の掃除をした後始末にあちらこちらの広場などにそのごみを集めて火をつけます。Valborgというのですが、その前にはボーイスカウトなどが歌を歌ったり、あるいは出店などを出してちょっとしたお祭りをします。
我が家でも必ずここに行っておりましたが、去年くらいから付いていかないようになりました。もうニッキィも中3になったから、友達だけで過ごしたいのと、まあ、このくらいの夜遊びはさせてもいいかな、と私も思うようになったからと、後は付いていくの面倒くさいという怠慢心からかもしれません。
スウェーデンに住んでもう25年以上がたちますが、この日と夏至祭りに雨が降らなかったという記憶がほとんどありません。
特にこのValborgの日は必ずといっていいほど雨が降ったり、とても寒くて冬のヤッケやスキーズボンのようなものをはいて行ったりしていました。
今年もすでにニッキィを送っていく時点で小雨が降っていました。

ネディと謙がまだ小さいころ、南スペインに行ったことがありました。そのときちょうどValborgがあり、フエンギローラという街にはスウェーデン学校があり、友人がそこに勤めていた関係で学校のValborgへ行きました。スペインやスウェーデンの歌と踊りが披露され、楽しい一日でしたが、何よりも半袖で、ちっとも寒くなかったのが印象的でした。

やっと春らしくなったストックホルム。ようやくチューリップなどの芽が長くなり始めました。
[PR]
by obreykov | 2010-05-02 20:01 | 徒然なる生活
<< 2010.05.02. 日本へ行くぞ 2010.04.24. 桜のな... >>