2010.08.23. 健康が第一

いつも健康が第一と思ってすごしていますが、今ほどそれを思い知らされることってありません。
あれからニッキィは膝の痛みでスケートの練習がほとんどできません。
振り付けをやったり、ステップだけの練習をしたり。。。でもトレーナーのターニャもしばらく休んでも良くならないから心配して、本日、専門家に診てもらうことになっています。
普段痛いわけではないので、いわゆる成長痛ではない感じがします。
使い始めると(スケートを始めたり、特にジャンプ、また、走ったり、階段の上り下りなど)痛くなるようです。変な怪我で泣ければよいけれど。。。

また、ダンネの高熱は敗血症ということで、高熱が引いたかと思うとまた高熱の繰り返しで、もう1週間以上たっているのにいまだに退院できない状態でおります。
いったい、どうしてしまったのでしょう。。。
ターニャも二人も選手が練習できない状態で、心配がかなり大きいようです。
ニッキィは今週予定されていた強化選手の合宿にも参加できそうもありません。また、ジュニアグランプリも無理です。まあ、これは不幸中の幸いというか、ターニャはまだニッキィをそんなところに出したくないというところなのですが、スケート協会が結構急いでいるような歩調の合わない感じがあったので。。。
本来はニッキィはまだ青少年のクラスなのに、ジュニアのクラスで試合に出なくてはならず、プログラムも青少年用とジュニア用と時間が多少違っているので、4種類も用意しなくてはならないのが、大変だと思っていました。

まあ、どちらにせよ、とにかくニッキィの膝とダンネの病気が良くなることを毎朝神様仏様にお祈りしているのですが、この祈りがちゃんと届きますように。。。
[PR]
by obreykov | 2010-08-23 15:48 | フィギュアスケート
<< 2010.08.28. くつろ... 2010.08.14.ショパン... >>