2004.10.14 我が家の新しいメンバー、グッピーたちとその赤ちゃん

昨日ラーメンを食べに一緒に行った友人からグッピーを10匹ほど頂きました。
実はイヴが金魚か何か魚が欲しくて、お小遣いを貯めて買いに行こうとしていたので、友人が以前グッピー欲しくない?と訊いたのを思い出したのです。
そのグッピーはもともとはミミちゃんとの出会いを作ってくれた別の友人のお嬢さんのものだったそうで、蛇の餌にとくれたということでした。
ところがその肝心の蛇は死んでしまったそうで、餌になり損ねたグッピーが残り、沢山子供を産んで増え続けたそうです。
少しは里子に出したそうですが、今度は我が家で少し分けてもらうことにしたのです。
ミミちゃんの出会いを作ってくれたお嬢さんからの動物が続々とお宅にいくわね、などと言われそれもそうだと笑いました。
イヴとニッキィの喜び様ったら大変でした。昨日は毎年ニッキィが50円位で買ってくるコオロギを入れるプラスティックの虫かごに石を敷いて水もくんで、謙が小2か小3のころ友達からもらってきてお風呂場に何年も増えもしなければ、減りもしない水草があったのでそれを入れて準備しておりました。
今日はニッキィがスケートに行く前にイヴとニッキィとで動物屋さんに行ってグッピー様の餌を買いました。石も庭の石を入れていたので、きれいな熱帯魚様の石も買ってきました。
友人が近親結婚になっているので、オスでも買ってきた方が良いかもしれないと言っていたので、見てみたのですが、うちに居るグッピーと同じような種類が居なかったので、ちょっと様子をみることにしました。
頂いたときにはケヴィンとヨーナスと言う事でオスの2匹だけ名前があったのですが、もう1匹小さなオスがいたので、イヴとニッキィはニーモと言う名前を付けました。
メスはかなり太ったのがいたので、マティルダとブティルダと名前を付けました。後の5匹は名無しです。
さて、夕方、家に戻るとすぐにイヴとニッキィが大騒ぎして、ブティルダが子供産んだ!と叫んでいます。
よくみると2ミリほどの小さいのが4匹泳いでいました。パパが別にしないと食べてしまうかもしれないと言うので、頂いたとき入れてもらった小さめのプラスティックの入れ物にスプーンで赤ちゃんを大騒ぎしてすくって移しました。
友人の話ではグッピーはメダカのように卵を水草に産むのではなく、おなかで魚に返してから産むらしいとのことですが、本当なのでしょうか?

と言うわけで、現在うちにはミミちゃんだけでなく14匹のグッピーも家族の一員に加わりました。

男の子がいると特にいろいろな生き物がうちに集まってくるようです。
ネディや謙が小さいころはストイチコフとミハイロフと言う名前のミドリガメがいました。ちょうどそのころサッカーのアメリカワールドカップでブルガリアのこの二人が活躍していたので、その名前を頂いたのでした。万年生きるのかと思っていたら、ミハイロフは数年で病気になって死んでしまい、ストイチコフも去年なぜか死んでしまいました。
また、同じころ赤い目をしたハムスターもいました。名前はいろいろな意見でとうとう亡くなるまでそれぞれが好きな名前を呼んでいて決まりませんでした。でも動物などあまり興味の無い母でさえこのハムスターは可愛くて、夕食の支度のときなどサラダの端くれをあげたりして“私のことよくしっているのよ”と言っていました。
その後は謙の友達が3年ほどお父さんの転勤で引っ越したとき別のハムスターを頂いたのでした。ムッレという可愛い子でしたが、なんとこの子は一度死んでから生き返ったのです。
ある日の夕方ネディが死んでいると発見したのは4時ごろで、まさか、と思って誰にも言わなかったのでしたが、夜、みんなで死んでいるのを確認して、子供達は死後硬直しているムッレを小さなダンボールの箱に入れて翌日学校から戻ってからお墓に埋めることにしていたのです。
ところが翌日子供達も学校に行ってしまってから、パパが会社に行く前テレビのニュースを見ているとかさかさまるでハムスターがいるような音がしたのだそうです。まさかと思って見に行くとハムスターのかごの中は空で、その上にダンボールの小さな箱があるだけでした。
それでも時々かさかさ言うので、ダンボールをそっと開けてみると中から眠そうな顔をしたムッレが生き返ったのでした。
私も触ってみましたが、前日は確かに氷のように冷たくて硬直していたのですが、翌日はぽかぽかと暖かかったのです。
そしてその後は約1年間元気に過ごしました。普通2,3年の寿命だというハムスターですが、ムッレは2つの人生を4年間過ごしたのでした。

生き物は可愛いけれど死ぬときがかわいそうだから飼いたくないと、私が何か動物を欲しがるたびに父がよく言っていました。全くその通りで、内の子供達も何度悲しい思いをしてお墓を作ったことでしょう。
ミミちゃんやグッピーたちが我が家の子供達とともに元気に育ってくれるのを祈るのみです。
[PR]
by obreykov | 2004-10-15 05:42
<< 2004.10.15 グッピー... 2004.10.13 ストック... >>