2011.09.05. ちょっと古い話題だけれど。。。

ちょっと古い話題ですが、ニッキィがシーズンの最後にあった、エリートシリーズのファイナルに出場したときの事を少し。。。
実は昨シーズンはじめに、膝を痛めて、初めてのジュニアグランプリも、国内のエリートシリーズも全部ミスってしまいました。ちょうど夏休み明け、合宿に行き、練習が始まるとほとんど同時くらいに膝が痛くなり、それはそれは心配しました。なんとかなおったかと思うと今度は風邪を引いたり、爪を痛めたり、顔面火傷をしたりと、不幸続きでしたが、なんとか国内選手権には出場させていただき、優勝という良い結果をだし、2月にはヨーロッパの青少年のオリンピックにもスウェーデン代表で出場させていただけるというよい経験をすることができました。
元々エリートシリーズは出場回数が満たなくて、ポイントも集めることができずにいたのでファイナルには出場できないと思っていたところ、オリンピックのポイントなども含め、ぎりぎり出場できるようになりました。

オリンピックではジュニアのクラスで出場し、その練習のため、ストックホルムトロフィーという国際大会でもジュニアのクラスで出場しましたが、このエリートシリーズは少年の部の最後を飾る良い滑走となりました。
スケート協会のホームページでもお褒めの言葉をいただき、親ばかではありますが、本当によい滑走だったと思います。

シーズンのポイントで滑走順が決まっているので、ショートは第1滑走でしたが良い結果を出して、フリーでは最後に滑走しパーソナルベストの得点で優勝することができました。





そして、グローベンで開催されたストックホルムアイスでは、プレショーに出演させていただき、休憩の後ではホッケーとバンディーとフィギュアスケーターの競争があり、それにも出演させていただきました。



また、ニッキィと同じトレーナーでニッキィと同じく少年の部のナショナルチャンピョンになったかわいいスケーターと一緒にペアスケートもどきを数カ所のアイスショーで滑走させていただきました。



このように、始まりは様々な故障でシーズンスタートを遅れてしまったのですが、最終的には良い結果を出すことができました。
そして、今年の夏の合宿も有意義に過ごして3週間の夏休みを取った後、私も日本へ行っている間のほんの少しの間にびっくりしたくらい背が伸びており、案の定、昨年と全く同様に夏休み明けの合宿で膝が痛くなってしまいました。
でも、今回は初めてではないのと、原因がよくわかっていたので、いろいろな治療や体操等々。。。ナショナルチームの強化合宿やジュニアグランプリはミスってしまいましたが、来週くらいからジャンプの練習も加えてよいという許可もでて。。。。。ところが今度は鼠蹊部が痛いと言い始め。。。明日また看てもらいにいくことになっています。やれやれ。。。まるで爆弾を抱えているような気分です。
[PR]
by obreykov | 2011-09-06 23:46 | フィギュアスケート
<< 2011.09.16. すごい... 2011.09.04 秋も深ま... >>