2004.11.23 白銀の世界はつらいよ

昨晩も粉雪が降り始め、窓のそばで見ている分にはとてもきれいなのですが、今朝おきてびっくり。車も雪に埋もれて、ラッセル車が通ったので、道に出るまで雪のやま。ミミちゃんの散歩の後そのまま雪かきをはじめました。
昨日、仕事のときピアノを弾いていて、腕が痛いので、あれ、どうしたのかな、腱鞘炎でもなさそうだけど、ちょっとやばいな、と思っていたのですが、今日、雪かきしていてなぜ腕が痛かったのかがわかりました。そうです。雪かきのせいです。子供達にも手伝わせたのですが、私も雪かきをしたので、その後遺症だったのでした。
今日は、皆、学校に出かけてしまい、とても良い天気なので、これ以上雪が降らないことを祈りつつ雪かきをしました。
雪がやわらかいうちにしておかないと冷えて凍ってしまったら大変です。
東京っ子の私も随分雪に詳しくなってきました。
ああ、それにしてもくたびれた。
でも、運動の後のすがすがしさはあります。今日は仕事がないので、家の中の大掃除をしようと思っていたのですが、すっかり力を使い果たしてしまったようで、何も出来そうもないので、こうして日記を書き始めたのです。

ア、今日はなんと母の叔父の命日で、弟の誕生日ではありませんか!不思議なことに命日や誕生日が親戚の中で同じということが我が家では結構あるのです。

私は祖母の命日に産まれました。また、旦那とその祖母の誕生日が一緒です。ニッキィは旦那のスイスの叔父の命日が誕生日です。ネディはパパの姉と誕生日が一日違い。また、私の誕生日の前日が子供達の従兄弟の誕生日。などなど。

イヴの親友ロベルトがエジプトに1週間旅行に行っている為、なんとなくつまらなそうなイヴでしたが、昨日は斜向かいのクラーラと携帯電話で伝言のやり取りをしていました。こんなに近いのだからあって話した方がいいのに、といっているうち30クロ携帯に入っていたのが、なんと後、8クロしかないと言い出したので、もういいかげんに止めなさいと言いました。
謙に言わせると携帯で伝言をやり取りしているということ自体がかっこいいと思っているだけだと言うことなのですが。
とうとう、二人は会うことになって、おしゃべりするのかと思っていたら、その辺がまだ子供で、近くの坂にそり遊びしに行ってくるというので、ニッキィも連れて行きなさいと、二人を外に出しました。
このごろの子供はコンピューターゲームなどばかりですが、こうして元気に外遊びをしてくると本人も楽しかったようですし、親もなんだか安心しました。
二人ともほほを真っ赤にして戻ってきました。

謙はチェロのレッスンの後すぐにホッケーの練習に出かけ、帰ったのは10時でした。一軍なので、モールヴァクト(ゴールキーパーというのでしょうか?)の練習の時もシュートをする人として参加しなくてはならず、6時にスケート場に行ったのでした。その後は自分達の練習。
でも、このごろ練習の後、軽い運動をしてシャワーをして出てくるのがやけに速くなりました。
どうしたのかと思っていると、最後になった人が更衣室の掃除をしなくてはならないので、いままで最後を飾っていた謙たちが機敏に出来るようになったのです。
[PR]
by obreykov | 2004-11-23 20:13
<< 2004.11.24 スウェー... 2002.11.21 リネー杯... >>