2011.11.07. 今日からまた仕事や学校

あっという間に秋休みも終わり、今日からまた仕事や学校が始まりました。
今朝はちょっと起きるのが辛い感じでした。
秋休みは子供たちもそれぞれに行動していたため、私は月曜に仕事がありましたが、そのあとはニッキィの送り迎えもなしで、火曜日、水曜日はそれはそれはゆっくり自由に過ごしました。それこそ、顔をプルンと洗って、乳液をつけただけで、ノーメイクで家でのんびり、まったり、デレーッと過ごしました。日本のドラマを見たり、ちょっと掃除や洗濯もしたり、外には犬の散歩に行くだけ。買い物さえ行かずにデレーッと過ごしました。
でも、二日目にはなんだか、それも飽きてきてしまい、木曜日は何という予定が合った訳ではないのですが、朝からきちんと化粧をして、ちょっとキリッと過ごしてみました。
金曜日は近所のショッピングセンターで秋休みの間、日本週間という特集をやっていて、友達もその催し物にでていたので、別の友達と待ち合わせて見に行きました。可愛い日本のロリータ特集というので、可愛い少女たちがまるでおとぎ話からでてきたように着飾ってのファッションショーでした。
そのあと久しぶりあった友人とは美味しいイタリアンを食べて、日本の放射能の被害の話から、惚けの話に至るまで沢山おしゃべりをしました。

ニッキィも合宿から戻り、イヴもサーラというダーラナ地方の街から戻り、そして日曜日にはパリに行っていた謙が戻ってきて、その代わりにパパがジュネーヴに発ち、家の中は入れ替わり立ち替わりという感じです。
おかしなことにパリに行った謙たちは、フランクフルト経由で行き、ジュネーヴに行ったパパはパリ経由で行ったのです。直行便がないということなのに、なぜ、謙たちはパパの使うパリ経由の便に乗れなかったのか、と考えると不思議です。

私はというと、何がいらつくのか分けわからず、すべてのことにイライラして困りものです。更年期障害かな、と密かに思っていますが、最近は痴呆症もでてきているのかと不安になることも多々あります。
たった今しようと思って部屋に入ると、はて、なぜこの部屋に来たか、とわからなくなり、たった今持っていた車の鍵なのに、何かをとりに戻った拍子に何処においたかわからなくなり、人の名字がわかるのに、名前がわからなかったり、名前や顔は浮かぶのに、名字がわからなくなったり、携帯電話はいつも何処にあるか、自分に電話をしてみて何処でなっているか聞いて、見つけるという始末。
こんなことを友人に話すと、結構みんなも同じような経験があるようで、ちょっとだけ安心したり。。。

健康第一。。。つくづくそう思います。
[PR]
by obreykov | 2011-11-08 07:07 | 徒然なる生活
<< 新しい年を迎えて 2011.11.02. 秋も深... >>