2011.11.28. 入院中の父と初めての対面

母は、いつも通りデイサービスに行ってもらいました。父に会いにいかなくては、という強い気持ちもない様なので、助かりました。9時半頃迎えにくるので、それを見送り、叔父夫婦が私を迎えにきてくれました。
国立病院のICUは、面会時間が11時、14時、18時、19時と4回でしかも一度は30分以内と決められています。
はいる時も手を消毒し、マスクをかけ、内線の電話で名前を名乗り、面会の許可を受けてから中に入るのです。
中に入ると、テレビの救命のドラマを見ているかと思うほど、ドラマの中のようでした。
沢山のベッドに瀕死の病人がずらっと並んでいました。これからみんな元気になっていくのか、あの世へ旅立っていくのか、なんだか、変に冷静な私でした。
叔父夫婦に案内され、父のベッドのそばまで行きました。24番のベッドよ、と教えられても、24番のベッドにはあまりに小さい人が横になっているので、一瞬、それが私の頼りになる父とはわかりませんでした。
子供が生まれてから父のことは「じっちゃ」母のことは「ばっちゃ」とよんでいました。ネディがそのようにやっと言葉が出る頃呼び始めたのがそのままになってしまったのです。
私は父と母を「パパ」「ママ」とよんでいました。でも、考えても見たらじっちゃばっちゃと呼ぶようになった方がパパママとよんでいた時間より長くなっていたのでした。
私は「じっちゃ!」と声をかけました。元々細かった人ですが、もう本当に小さくなってしまった父がうっすらと目を開けました。
私のことがわかったのでしょうか。
ネディから預かってきた写真を見せて、ネディの手紙を耳元で読んであげました。
ちゃんと聞こえたのでしょうか。
父はもの凄い装備の人工呼吸器をつけられ、もの凄く苦しそうな息をしていました。
胸からは肺の水を少しずつとるという装置をつけられていました。
担当の医師も来て、いろいろと説明をしてくれました。
延命治療をしないでほしいという本人の署名された書類があるが、とにかく娘がくるからそれまではなんとかしてほしいという親戚の意向でこのような装置をつけているという説明もありました。
私は父が元気で若い頃から、人の世話になってまで動けなくなってまで、生きていたくはない、延命措置などしないでほしいと言っていたのを良く知っているので、父の気持ちを尊重して延命はしない方針に同意しました。

いつもは日本へ行くと見るもの見るもの欲しくなるほどショッピングが楽しかったのに、今は何を見ても目に入らず、とりあえず、母と夕食をとれるように出来合いのお弁当やらお惣菜やらを買って家に戻りました。
母は元気そうに夕方デイサービスから戻ってきました。
[PR]
by obreykov | 2012-03-12 08:25 | 両親
<< 2011.11.29. 従兄弟... 2011.11.25. 父の入院 >>