2011.12.07. 父、少し熱がでる

母はデイサービスに行く前いつもしていた指輪などを入れていたケースがないと大騒ぎしていたのに、家に戻るとちゃんと指にしているので、不思議の国に来た様な気分になります。
佐賀の従兄弟とも「まるで不思議の国にいるようですね」とよく話します。叔母も何度も何度もご飯を炊くようで、あるものが無くなったと思えば、ひょっこりでてきているし、佐賀の不思議の国のアリスと熊本の不思議の国のアリス、というあだ名を付けたくらいです。

私は、母がデイサービスに出かけてからすぐに11時の面会に行きました。
相変わらずで、目はあまり開けないながらも、謙が携帯に送ってくれたニッキィの写真を見せるとよく目で追って見ていました。やっぱりわかるのでしょう。
14時の面会の後、私はバスで父の実家の方へ行き、お墓参りをしました。
祖父母や父の姉兄弟、そして父の娘である私の妹などに、なんとか父が苦しくないようにと頼みました。
18時の面会に行くと少し熱がでたので、原因を調べている最中だと医師から説明がありました。
熱がでたということはどこか炎症があるのか、肺炎が悪化したのか、よくないことばかりを考えてしまいます。
肺の水を取る装置はついたままですが、急に出してしまうとよくないそうで、少しずつ水を出すのだそうです。
父は胸にはいっている水を出すための管がきっと延命治療のためだと勘違いしているのではないかと思いました。すぐにそのような管を取り外そうとするそうで、手も時々縛り付けられてることもあります。
そんな姿を見るのは本当に辛いのですが、それだけ力もあるのかと思うとうれしいような。。。
[PR]
by obreykov | 2012-06-17 08:57 | 両親
<< 2012.11.25. あれから1年 2011.12.06. 普通... >>