2011.12.11. 母と一緒に

母がデイサービスが休みの日だったので、二人で街に出かけ、お歳暮を贈りました。
日本はお中元お歳暮の習慣があるので、ある意味、よいと思いますが、ある意味、無駄なことだとも思いました。義理で贈らなくてはならない,いただいてもお返ししなくてはならない、いただいたものも必要ではない、などなど、結構無駄なこともあるように感じるのは私だけでしょうか。。。
よく父が、スウェーデンに来ていると冠婚葬祭の面倒なことをしなくてすむから助かると笑っていたのを思い出します。

母と街で昼ごはんを食べてから、時間にとらわれずに父の面会に行きました。
父は相変わらずでしたが、貧血があるとかで輸血をしていました。
大丈夫かな、とちょっと心配でしたが、一般病棟で普通の人工呼吸器で、と何か安心しようと努力している自分を感じました。

父が一般病棟へ移ったというとで、安心したのか、私自身もどっと疲れを感じました。気の緩みからか風邪も引きそうな気分になってきたので、あわててビタミンCを飲み、葛根湯をのみ、夕方は疲れてソファで眠ってしまいました。
[PR]
by obreykov | 2012-12-14 20:25 | 両親
<< 2011.12.12. 最後の... 2011.12.10.一般病棟へ >>