2012.12.20 おめでとうニッキィ、6連覇

昨年は父の亡くなったとき私は何も知らずに日本を後に、スウェーデンに戻り、翌日には既に南スウェーデンのマルメという街に行っていたニッキィを追って、フィギュアスウェーデン選手権の応援に駆けつけました。
一人で汽車に乗り、ぐったりと疲れているのに、なんだか眠ることもできずに、マルメに着きました。
ニッキィは膝の調子が良くなかったりしていたのに、その前2回ほどエリート戦で試合に臨むことができました。ジュニアのクラスにあがって初めてのシーズンだったので、はじめのウプサーラでの試合では3位に終わりました。
私が熊本に行っていた間のストックホルムでの試合では1位になったということだったので、もしかしてもしかしたら、うまくいくかも、と思いました。
天を仰ぐと、すぐそこに父がいる様な不思議な感覚がしました。49日も終わっていないので、まだその辺にいたのかもしれません。
父に、どうか、満足のいく滑走ができますように見守っていてね、と天を仰いで頼みました。
ニッキィのトレーナーはニッキィがきかないなら、父の死は言わない方が良いというので、私もあえて教えず、ニッキィも何故か父のことは訊こうともしませんでした。
そして、ショートもフリーもとても良い滑走ができて、結果的には何と優勝をすることができたのです。
優秀なジュニアの選手がいた中、優勝ができたなんて本当に夢のようでした。
私は本当に父が力を貸してくれて、最高の滑走ができるようにニッキィに力をくれたとしか思えませんでした。そのために、父が私をスウェーデンに戻したくて、最後の力を振り絞ってがんばって、私をニッキィのもとへ行かせたとしか思えませんでした。

さて、今年のニッキィもシーズン初めはまた、成長からか膝が痛くなったり、また、体調を崩して、せっかくのジュニアグランプリを棒に振ることになってしまいました。
エリート戦にさえ、出場ができず、マルメでの試合の前に、特別に試合としてカウントされないけれど、女子のエリート戦に特別に滑走させてもらうことになりました。
そのとき、点数だけは頂き、審判からも色々な助言を頂き、マルメの試合に臨みました。
マルメではニッキィより年上の優秀な選手もいたのですが、なんとか良い滑走ができ、上位にたっていました。
でも、マルクス選手はトリプルアクセルもプログラムに入れているので、もし、成功したら、油断をしていられません。ところが彼が病気とかで棄権になったので、何の心配もなく良い滑走をすることができました。
そのときの表彰台は三人ともお母さんが日本人だったのにはびっくりしました。

その後、ニッキィはスケート連盟からスウェーデン代表でドイツのNRW杯に出かけました。
今シーズン初めての国際大会で、学ぶこと沢山あったようでした。
飛行機が欠航になったりで大変な思いをして戻ってきました。そんな中準備が不十分でスウェーデン選手権に臨むこととなったのです。

さて、今年のスウェーデン選手権です。
ニッキィたちは12日の水曜日から飛行機でヴェクショーという街に出かけていきました。
トレーナーがアイスを見つけてくれて、練習をしてからでかけることになっていたのですが、ニッキィは学校で13時30分から18時までの全国統一試験があったため、練習に参加することができず、私たちが学校へ迎えにいきそのまま飛行場へ送っていきました。

私は翌日友人と汽車で応援に向かいました。
もちろん、今年も天の父に頼んだのはいうまでもありません。
ところが、ショートではジャンプもミスがあり、ニッキィらしくない滑走になってしまいました。
当然、点数ものびず、3位になってしまいました。
見ているみんなもあまりにニッキィらしくなかったので、どうしたのかとびっくりしていましたが、こんなこともありましょう。。。
私は、どのようにニッキィに会ってよいかわからず、ホテルに戻りました。
ニッキィの友達のお母さんが息子さんに電話するとニッキィも一緒だった様なので、少しは安心しました。
トレーナーがニッキィと話すからと私に言ってくれたので、私はすべてトレーナーに任せて、友人のお母さんと一緒に遅い夕食を食べました。
しばらくすると、その息子さんがトレーナーから電話があってニッキィは出て行ったということだったので、私たちはしばらくロビーでおしゃべりをして、夜も更けてきたので、それぞれの部屋に戻りました。
すると、ニッキィとトレーナーが私たちの部屋で何やら話していたので、私は失礼しようとしましたが、トレーナーが私も中に入って、とおっしゃるので、私もはいってみました。
案の定、ニッキィは自分の滑走に満足できなかった悔しさで、涙を浮かべておりました。
こんなニッキィを見ることはほとんどありません。
でも、トレーナーはある時は厳しく、またある時は優しく、そして、昔のプルシェンコやアプトの時代の試合の様子、大失敗した最終グループに入れなかったプルシェンコがフリーでとても良い滑走をして、逆転したこと、等等、いろいろな話をしてくれました。
最後に、気持ちを入れ替えて、サンドイッチを少し食べてゆっくり休んで明日のトレーニングにはもっと頭を上に向けて!と励ましてくれました。

翌日は早朝に公式練習があり、私はニッキィを見送ってからゆっくりホテルの朝食をとりました。
女子の応援に行きながら、次はいよいよ、ニッキィたちジュニアの番です。
3位だったニッキィは最終滑走グループの2番目です。
こんなにドキドキしたことはありません。
ニッキィが前日のことをひきずって、めためたにならなければ良いけれど。。。ただ、ちゃんと滑れますように、と天の父に頼みました。外に出て天を仰ぐとなんだか父を感じて、きっとうまく滑れるように力を貸してくれるだろうと思いました。

ビデオを持つ手がドキドキして震えます。友達がのどがからからにならないようにとのど飴をくれました。
3回転3回転が2回転3回転になってしまいましたが、なんとかジャンプを一つ一つこなしていっています。
スケーティングものびのびと良い調子のようでした。
拍手も聞こえてきます。
最後のジャンプとスピンと。。。
終わるとトレーナーが迎えに出てニッキィを抱きしめていました。
私たちはいつもニッキィが何位になるか、どんな点数が出るか、ということより、ニッキィのトレーナーがどれだけニッキィの滑走に満足しているかが一番気になるところです。
滅多に褒めないターニャがニッキィを抱きしめているのはうまく滑れたということだ、とほっとしました。
キッスアンドクライでは、何やらターニャが一生懸命コメントをしているようでした。
そしてびっくりする様な点がでて、大きな拍手が聞こえてきました。
でも、まだ二人の選手の滑走が控えています。

後の選手がどのように滑ったか正直目にはいらない気分でした。
次の選手の点数を見て、ああ、少なくとも2位になった、と思いました。
そして最終滑走の選手がほとんど3回転さえ飛ばずに調子が悪かったので、あれあれあれ、と思いました。でも、ショートで、ニッキィと8点ほど差があったので、どうなるかわかりません。
しかし、2位の選手と約7点の差を付けて、ニッキィが圧勝しました。

私は自分の耳を疑ってしまい、横にいる友人たちに「本当なの、本当なの?」と何度も訊いていました。
そして、初めてボロボロと涙がこぼれてきました。
クラブからサポートにきてくれていたもう一人のトレーナーもすぐ私のところにきてくれて、一緒にボロボロ涙をこぼして喜んでくれていました。

私は外に出て天を仰いで父にお礼を言いました。
きっと、簡単に勝たせてはくれなかったのも神様がニッキィに与えた試練だったのかも知れません。
ターニャはこれも本当に良かった、とおっしゃっていました。
おめでとう、ニッキィ。
本当にあのショートの後の立ち直りには私もびっくりしました。
よくやった!
今回の優勝は今までスウェーデン選手権で5回優勝しているけれど、一番重みのある6連覇でした。

そして、こうしてよい方向に導いてくれる良いトレーナーを持って本当に幸せなニッキィです。
おめでとうニッキィ!
a0022183_7195414.jpg

[PR]
by obreykov | 2012-12-21 07:20 | フィギュアスケート
<< 2013.01.02. 新年お... 2011.12.14. さよう... >>