2013.01.22. 寒い毎日が続いています。

一時期、暖かくなって雪もとけ始め、ミオの散歩もどろんこになっていやな季節になったなと思っていたら、また大雪が降り、そして今はマイナス気温が続いていますが、今日などはかなり冷え込み朝などはマイナス18度ほどありました。昨日はマイナス4度くらいでちょうどいい感じがしたのですが、さすがに今日は冷え込みます。

私の理想の冬は早めに雪が降ってあたりが真っ白になったら、後は降らずに毎日マイナス2度ほどでとどまってくれる冬です。
そうすれば、雪かきも一度ですむし、マイナス2度くらいなら滑る心配も少なくてすみます。

ところがそうはいかないのが、現実です。
雪がずんずん降った日はせっせと雪かきをしていかないとラッセル車が通った後は道の両脇に雪の山ができるし、大変なことになります。
私は大汗をかいて雪かきに励みました。身体の中からぽかぽかとしてきて本当に良い運動でしたが、ニッキィのトレーナーは転んでしまい大腿の付け根のあたりを骨折して入院手術ということになってしまいました。
ちょうどニッキィたちが強化選手の集まりがあって、その翌日からはLKF杯という、ほぼ毎年出場しているエリート戦もA選手の試合も、そしてBC選手の試合もあるという大々的な大きな試合を控えている時でした。
ニッキィを小さいころからしっているトレーナーが急遽一緒に行ってくださることとなりましたが、彼女を金曜日の早朝に地元のスケート場まで迎えにいき、彼女の車を我が家に駐車して私の車で、ニッキィとトレーナーを連れて行く段取りを取っていたら、ちょうどその朝は夜中からずっと降り続いた雪でまだ除雪車は通っておらず、案の定、うちの駐車場に入れることができませんでした。
私の家の前はほんの少しではあるのですが、上り坂になっており、駐車場はカーポートのある方は狭いので前から入れるのはとても困難、もう一つの方は広いのですが、もっと上り坂の道をあがっていかなくてはならず。。。結局、トレーナーの車を広い方に頭から入れようということにして、私が誘導してもう一度挑戦しようと言うことにしました。今考えたら、何も2台でいく必要がないのに、そのときは頭が回りません。
するとどちらの車も雪にとてつもなく弱いベンツだったので、雪に埋もれてしまい前にも後ろにも行かなくなってしまいました。
ニッキィにスコップや雪かきや砂を持ってきてもらったり、最後には寝ていた夫も起こしてなんとか雪から脱出。
トレーナーの車は夫に運転してもらって駐車してもらいました。
何と5分ですむはずの駐車が40分もかかってしまい、果たして集合時間に間に合うか、という感じで出発しました。
でも、思ったより渋滞にも巻き込まれず、予定時間きっかりにリンショーピングという街に到着しました。
[PR]
by obreykov | 2013-01-23 00:45 | 徒然なる生活
<< 2013.01.11. リンシ... 2013.01.03. 春が来... >>