2008.09.21 今シーズン初のニッキィの試合

フィギュアスケートシーズンの初めの試合が始まりました。
ニッキィたちは地区予選に向けて練習の意味もあり、この試合に出場しました。
小さい試合だったので、ショートかフリーかどちらかを滑ることになり、ニッキィたちはフリーを滑りました。
音楽は全シーズンと同じなのですが、ジャンプなど多少変えているので、どんな点数が出るのか楽しみでした。
思ったより何とかなったのですが、思ったより点数は取れませんでした。むしろ全シーズンの終わりのSKF杯では、ずいぶんとよい点が取れていたのに。。。
ダブルジャンプがトリプルになったり、アクセルもダブルアクセルにして、何とか着氷はできたのに、ジャンプの質がよくなくて、マイナス点がずいぶんとついていました。
まあ、よい勉強になったでしょうけれど。。。
対戦相手がいないので、いつものように個人の得点との戦いです。
男の子の人数が少ないので、同じレベルの選手がいなくて、どのクラスも同じ年でもクラスが違っていたりしてちょっとつまらない感じです。
その点、女子は沢山いるので、順位もいろいろになるから滑り甲斐あることでしょう。。。

パパの友達で、オペラ座でバレエダンサーだった人が見に来てくれました。
ニッキィの滑走にはびっくりしていましたが、もっともっとバレエのトレーニングもしたらよいのに、と言っていました。
確かに、今シーズンはクラブで場所がとれずにバレエのレッスンがまだありません。
ステップのときに、ニッキィのトレーナーのターニャももっと表情をつけるようにといつも言っています。昔よりは欲はなったのですが、まだまだです。
振り付けをしてくれたアイスダンサーのGorsha Surなどの演技を見ると本当に表現力がすばらしく世界プロチャンピョンにふさわしいな、とつくづく思います。

風邪の具合はだいぶよいのですが、どうもまだエンジンがかからない感じです。でも、仕事場に行ったら、ピシッとできるので、やっぱり家では怠け癖が着いているのかなと反省しています。
[PR]
by obreykov | 2008-09-23 03:21 | フィギュアスケート
<< 2008.09.26 ようこそ... 2008.09.19 怠慢癖か... >>