2008.10.15 お帰りなさい、パパ

ものすごい忙しい毎日。
買い物、ラザーニア作り、そして夕方に出来上がったラザーニアをもってイヴをつれてクリスティーナ先生が2階に住んでいる、クラスロー学校博物館へ。ダーラナのラットヴィーク高校の音楽科の生徒5人ほどと先生がストックホルムで公演があるためこちらに来て、リンショーピングでイヴのクラスローフィオールアンサンブルとあっていたため、わざわざ訪問してくれたのでした。
それで、クラスローフィオールのお父さんお母さんが持ち寄りで夕食を用意してみんなで楽しい合奏や夕食会をしたのでした。

さて、ニッキィをスケート場に迎えに行きつつ、ブルガリアへ行っていたパパを飛行場へ迎えに行きました。
実はミオは運動不足のパパの散歩の相棒としてパパへのプレゼントにしていたのですが、ミオちゃんが来る前にブルガリアに発って行ってしまったので、パパはミオちゃんがうちにいることを知らなかったのです。

パパのブルガリアの親戚も、ストックホルムから1週間ほどだけパパの滞在中にブルガリアに行った友達もみんなミオちゃんのことは知っていたのですが、我が家のパパだけが知らなかったのです。
ブルガリアの親戚のゴールディーと言うゴールデンの子犬が産まれたらEUなので、もらってこようかなんていい始めていたので、2匹になっちゃう、と心配していたのですが。。。

玄関を開けるとミオちゃんが大喜びでパパのところに行き、「君たち気が狂ったの、またいぬなんて!」と言いつつも一番喜んでおりました。
a0022183_420295.jpg

a0022183_410825.jpg
a0022183_4113245.jpg
a0022183_4122876.jpg
a0022183_4142263.jpg

[PR]
by obreykov | 2008-10-24 04:25 | 徒然なる生活
<< 2008.10.19 懐かしい... 2008.10.09 いたずら... >>