2008.12.06 ニッキィ、スウェーデンチャンピョン、おめでとう

今日ほど、落ち着かないドキドキした日はありませんでした。
ニッキィのフリープログラムが本日で、2位のマンドゥスとの得点差が3点ないくらいだったので、初めてのこの選手は怖いもの知らずで結構うまくいき、プレッシャーのあるニッキィが失敗したら。。。なんていろいろ考えると私のほうがドキドキしていました。

でも、第3滑走ではじめの二人の選手も良く滑っていたので、あれあれ、と思っていましたが、ニッキィはほとんど大きなミスなしで、会場を十分楽しませていたようで、その感じがこちらまで伝わってきて、私は涙が出る寸前でした。

結果を聞くとなんと97.67という自己最高得点を取り、2位から大きな得点差をつけての1位でした。ニッキィのクラスでのスウェーデンチャンピョンです。
しかもニッキィのひとつ上のクラスの1位の選手、マルクス(去年ニッキィの後に続く2位になった選手です。)よりも良い得点でした。

終わってから、本当にうれしくて涙が出そうでした。
その後のペアの演技を見ながらじわじわと感動が湧き上がってきました。
すれすれで1位になったり、失敗が多くてやっと1位になったのとは全く違ってよい出来だったので、本人もうれしかったことと思います。

本人は大きなお兄さんたちと一緒に今晩はパーティーがあったし、今も、みんなと一緒で楽しくてたまらないようで、私たちのところに来ようともしません。

私たちは試合の合間にトレーニングも見学しました。シニアの男子のトレーニングですが、もう、惚れ惚れするほどの滑走で、ネディと興奮しました。
[PR]
by obreykov | 2008-12-07 06:52 | フィギュアスケート
<< 2008.12.10 ニッキィ... 2008.12.05 ニッキィ... >>