2009.01.31 がんばれニッキィ

今日は、母も退院しているので、病院へ見舞いに行く事もなく、ここに来て初めて家でゆっくりしました。
昼には焼きそばを作ったり、夜には魚を焼いたり、豚汁を作ったりして、父も母も喜んで食べてくれたのがなんとも嬉しかったです。

ニッキィは今日はエンショーピングという街で試合がありますが、日本人学校を休まずに住んだのでよかったです。二人で焼きそばを作ってお弁当にしたようでした。
日本が14時ごろ、イヴから電話がかかって来ました。こちらのようすを心配してくれていたようです。私があちらのようすを聞くとニッキィが怒っていると言うので、電話を変わってみると試合前、十分時間を取ってスケート場に行きたいニッキィなのに、パパも悠長に構えているので、不安になったのでしょう。泣き声でエンショーピングまでは何時間かかるのか、と言うので、まよわなければ1時間かからないから、2時半に出れば十分間に合うといったら、安心したようでした。
パパはいつも時間に遅れたり、私のように迷ったりする人ではないのですが、私のように十分時間のゆとりを持って行動する事がないので、イライラしたり不安になったりするのでしょう。
イヴも前にホッケーの試合にパパが連れて行くというときはとても不安だった、とこぼしている事がありました。
今日の試合は対戦相手がいるわけでもなし、来週のノルディックスの練習の意味で、3回転やダブルアクセルを入れて滑らせるのだとターニャが言っていたので、本当に本人のための予行練習のようなものですが、いくら対戦相手はいないといっても心落ち着いた状態でしっかりと滑ってもらいたいものです。
まだまだ結果は出ていないようですが、ニッキィ、がんばれ!

今日の午後は父母と私が移してきたDVDを見て過ごしました。ニッキィのスケートが上手になったと喜んでくれたし、謙やイヴのコンサートの様子やそして、何よりもミオちゃんの可愛い様子にとても喜んでいました。

明日は9時30分までにはスケート場にいなくてはならないので、早起きできますようにと祈るのみです。
[PR]
by obreykov | 2009-02-01 00:58 | フィギュアスケート
<< 2009.02.05 ただいま! 2009.01.30 母の退院 >>