カテゴリ:徒然なる生活( 50 )

2013.06.28. あっという間に時がすぎ。。。

つい先日この日記を書いていたかと思っていたら、何と、半年もたっていました。
自分でもびっくり。
はてさて、この半年何をしていたのだろう。あれよあれよと言う間に時が過ぎて雪世界から気がつくと夏至祭りもおえ、辺り一杯緑の世界。
2月末には昨年のクラス会で中学校を卒業して以来初めて再会した幼なじみの秀才君が癌で亡くなってしまいました。人の命ってあっけないものです。
また、つい先日一緒に仕事してそのときは元気いっぱいだったコントラバス、ベース奏者が脳溢血で倒れ、療養中。。。今日一日一日を大切に生きなくてはとつくづく思いますが、つい忘れてしまいます。。。

スケートの方も昨日合宿を終え、ニッキィもトレーナーも3週間の夏休みとなりました。

庭の木が大きくなりすぎて、パラボラアンテナの障害になり、サテライトの番組が写らないようになってきたので、大きな木一本は下からざっくりと切り、他の3本は上の方の枝を落としてもらいました。
今は夏休みになっているスウェーデンは働いてくれる人を探すのが大変ですが、とても感じの良いしかもイケメンのお兄さんが二人来て8時からお昼までかかって木を切ってくれました。
ついでに、その数日前にイヴと私とで家の前のもみの木の下の方の枝を落としたので、それも持っていってもらいました。それにしても木は植わっている時はそんな量にみえないけれど、ほんの少し落とした枝のつもりでも、もの凄い量になるので、びっくりします。

さて、今日は島の別荘、といっても私たちは利用する時期がほとんどないので、貸しているのですが、テレビが調子悪いようで、新しいのを購入したので、それを運ぶことにしたようです。
パパとその友人とイヴとで運ぶようですが、ニッキィがほとんど別荘のことを覚えていない様なので、ニッキィも一緒に行こうと行っていますがどうなることやら。。。

昨日は謙が久しぶり置いてある洋服等取りにかえってきました。遅くなってしまい、泊まっていき、今朝仕事に送り出しました。
一人暮らしをしていると、私への思いやりも前より大きくなってくれるようです。
そうそう、謙は友達のお母さんのマンションをとてもやすく借りていたのですが、マンションが水害(水漏れ)で工事が入り、一時、我が家に戻っていたのですが、晴れて3月1日付けで自分のマンションを購入しました。
ストックホルム中心地の高級住宅地に狭いワンルームではあるけれど自分の城を築き、一家の主となりました。
ネディも学校からちょっと離れている小さい学生アパートから街の中心地で学校からもすぐ近くの少し大きい学生アパートに春から移ることができました。そのかわり家賃はかなり高くなったようですが。。。

今日はとてもよい天気になり、20度ほどですが、風もなく程よい日和です。
やることが山のようにあるはずなのに、どこから手を付けて良いかわからない状態。。。
この日記もとにかく今日は書いてみたけれど、果たして続けて書けるかどうかもわからない状態。
ま、ゆっくりできる時にできることをやっていこう。。。
[PR]
by obreykov | 2013-06-28 19:45 | 徒然なる生活

2013.01.11. リンショーピングでのショッピング

やっとの思いでストックホルムを出発して、吹雪もそうひどくなく、渋滞にも巻き込まれず無事に10時ごろリンショーピングにつきました。スケート場にトレーナーとニッキィを置いて私はガソリンを入れたり、フロントガラスを洗う水を入れたり帰りの準備万端にして、ホテルに向かいましたが、案の定早すぎてチェックインができないので、車だけ入れさせてもらってリンショーピングの街に出ました。
私は、リンショーピングやエンショーピングやウプサーラなどでニッキィがスケートしている間に結構よいものを見つけてラッキーな買い物ができるので、この日も楽しみに雪の中をショッピングにいきました。ホテルは街のど真ん中にあるのでとても便利です。
思った通り、良いブーツを見つけることができました。ストックホルムでは私のサイズはなかなか置いてなかったり売り切れていたりで見つけるのが大変なのですが、この3都市では必ずと言ってよいほど私のサイズがあるのです。
雪のとき用のブーツが随分と古くなってただの雪の日は良いのですが、雪解けのぐちゃぐちゃ道を行くと、どこからもるのか中がぬれてくるのです。
ぴったりと私の足に吸い付く様なサイズのブーツを3分の2の値段で手に入れることができました。

しかも、イギリスのクッキーも見つけました!
これは、とても素朴なバタークッキーなのですが、あまり私の住んでいる近所では見かけません。
ひとり、日本人ではない人たちのやっているお寿司屋さんでお寿司と焼き肉(付け合わせはご飯でなく焼きそば!)でランチをして、ルンルンで戻りました。

戻ってから、チェックインして、自分一人のリッチな時間をすごしました。
ゆっくりとヘアーダイをして、美しくなったらテレビを見ながら読書をしながらこっくりこっくり。
何とリッチな自分だけの時間!

ニッキィたちはスケート連盟の主催する夕食にホテルで食事ということだったので、私はどこかに食べにいこうかなと思ったけれど、あまりにリラックスしてしまったので、もうどこにも出かける気分にならず、ホテルのレストランの食事を部屋に運んで一人で気ままな夕食にしました。
ニッキィは一度戻ってきましたが、すぐに友達の選手と一緒に過ごすからと出て行ったので、本当に一人でリッチな時間を過ごしました。何年ぶりだろうという感じ!
[PR]
by obreykov | 2013-01-23 01:00 | 徒然なる生活

2013.01.22. 寒い毎日が続いています。

一時期、暖かくなって雪もとけ始め、ミオの散歩もどろんこになっていやな季節になったなと思っていたら、また大雪が降り、そして今はマイナス気温が続いていますが、今日などはかなり冷え込み朝などはマイナス18度ほどありました。昨日はマイナス4度くらいでちょうどいい感じがしたのですが、さすがに今日は冷え込みます。

私の理想の冬は早めに雪が降ってあたりが真っ白になったら、後は降らずに毎日マイナス2度ほどでとどまってくれる冬です。
そうすれば、雪かきも一度ですむし、マイナス2度くらいなら滑る心配も少なくてすみます。

ところがそうはいかないのが、現実です。
雪がずんずん降った日はせっせと雪かきをしていかないとラッセル車が通った後は道の両脇に雪の山ができるし、大変なことになります。
私は大汗をかいて雪かきに励みました。身体の中からぽかぽかとしてきて本当に良い運動でしたが、ニッキィのトレーナーは転んでしまい大腿の付け根のあたりを骨折して入院手術ということになってしまいました。
ちょうどニッキィたちが強化選手の集まりがあって、その翌日からはLKF杯という、ほぼ毎年出場しているエリート戦もA選手の試合も、そしてBC選手の試合もあるという大々的な大きな試合を控えている時でした。
ニッキィを小さいころからしっているトレーナーが急遽一緒に行ってくださることとなりましたが、彼女を金曜日の早朝に地元のスケート場まで迎えにいき、彼女の車を我が家に駐車して私の車で、ニッキィとトレーナーを連れて行く段取りを取っていたら、ちょうどその朝は夜中からずっと降り続いた雪でまだ除雪車は通っておらず、案の定、うちの駐車場に入れることができませんでした。
私の家の前はほんの少しではあるのですが、上り坂になっており、駐車場はカーポートのある方は狭いので前から入れるのはとても困難、もう一つの方は広いのですが、もっと上り坂の道をあがっていかなくてはならず。。。結局、トレーナーの車を広い方に頭から入れようということにして、私が誘導してもう一度挑戦しようと言うことにしました。今考えたら、何も2台でいく必要がないのに、そのときは頭が回りません。
するとどちらの車も雪にとてつもなく弱いベンツだったので、雪に埋もれてしまい前にも後ろにも行かなくなってしまいました。
ニッキィにスコップや雪かきや砂を持ってきてもらったり、最後には寝ていた夫も起こしてなんとか雪から脱出。
トレーナーの車は夫に運転してもらって駐車してもらいました。
何と5分ですむはずの駐車が40分もかかってしまい、果たして集合時間に間に合うか、という感じで出発しました。
でも、思ったより渋滞にも巻き込まれず、予定時間きっかりにリンショーピングという街に到着しました。
[PR]
by obreykov | 2013-01-23 00:45 | 徒然なる生活

2013.01.03. 春が来たかと思ったのにまた冬

年末から数日プラス気温が続いて、だいぶ雪が溶けて来たので、ミオの散歩の後の度に半分シャワーという大変な毎日でした。 昨日の昼等はなんだか春の気配がして来たように思えたのでした。犬の散歩にはあまりうれしい季節ではないなあ、と思いながら歩いていた時、黒い犬の散歩をしている人にあって「新年おめでとう」と言い合い、つい、「いやな天候ですね。」と言ってしまったら、変な顔されたので、あわてて、散歩の度にミオは真っ黒になるからと付け足しました。
普通なら、暖冬で喜ぶ季節だったのです。そしたら、暖かくてよいわ、うちは黒だから目立たないし、なんて返事。黒くて汚れが目立たないからいいって言う問題じゃない様な気がしました。
黒で目立たないからちょこっと拭いて家に入れているのでしょうか。
ミオは真っ黒で、普段は足を小さなおもちゃのバケツに入れた水でちょこちょこと洗ってから家に入るのですが、今は半シャワーをしないとお腹の辺り砂と水と泥で真っ黒です。
その後始末がいやなので、家族は今はミオと散歩に行きたがりません。
雪の方がずっといいな、シーズン始めに雪が降ってその後は降らずにマイナス1度か2度でとどまってくれたら最高なのに、と思っています。
ところが昨晩散歩に連れて行くと、少し気温がさがってか、ほとんど汚れることもなくまたぬれることもなく戻ってくることができました。
そして、何と今日はまた雪が!
やっぱりスウェーデンの春はまだまだ先の話のようです。

年末の大掃除がすべてすまなかったので、今頃になってあちらこちら始めています。
まだ仕事が始まらないので、ゆっくりとマイペースで、と思っているのですが、期限は一応あります。
5日に夫が誕生会をするというので、それまでにはせめてリビングとキッチン等を見られるようにしておかないとなりません。
ドラマの「ホタルのヒカリ」と同じ様な状態の我が家。。。よく亡くなった父が「この家は定期的にお客さんを呼ばないときれいにならん。」と言っていたのが耳に聞こえてくるようです。
仕事もないし、今はニッキィのスケート場への送り迎えもないので、十分時間があります。

大晦日とお正月には自分へのご褒美で、「テルマエ・ロマニ」と「ロボジー」という映画を見ました。
久しぶり笑いと感動の映画でした。
[PR]
by obreykov | 2013-01-03 21:30 | 徒然なる生活

2013.01.02. 新年おめでとうございます。

2013年になりました。
明けましておめでとうございます。
2011年から慌ただしい毎日が通り過ぎていきました。長い様で短く、短い様で長い、なんとも言えない私にとっては試練の年でした。
毎年36歳と言い続けていた私ですが、いささか、このごろは疲れて来た感じです。
昨年は日本で年を越し、今年はだれもお客さんを呼ばずに静かに新年を迎えました。
上の3人はそれぞれ友達とパーティーを企画して夕方から出て行きました。謙は何度も買い物もしたりものを運んだりして忙しく過ごしていました。
ニッキィも友達と過ごす様なことを言っていましたが、少しだけ風邪気味が自分でも気になっていたのか、日本の6時間番組とかを見たりしておとなしく家で過ごしていました。
たった三人だけの大晦日でした。
スモークサーモンをオードブルに、牛ヒレ肉の丸焼きに赤ワインソースととポテトグラタンの付け合わせ、そしてデザートはとらやの羊羹、ちょうど新年を迎える時は打ち上げ花火をききながら、シャンペンを開けて、福引き入りのチーズパイ、というメニューでした。
あちらこちらで花火が時々あがるたびにミオは震えていましたが、12時にもの凄い花火があがり始めるとかわいそうなくらい震えて心臓が飛び出すのではないかと思うほどバクバクしていました。

今までは毎年友人たちも呼んでの大晦日だったので、1年の計元旦にありではないけれど、朝までかかって、洗いものと掃除をしていましたが、今回はだいたい洗って、掃除はしませんでした。
しかも誰もいないから、12時になる前にお風呂にはいってネグリジェ姿で新年を迎えました。

ネディは夜中、3時半頃戻ったようでしたが、謙は元日の昼頃、イヴは夕方近くなって戻ってきました。
夜ご飯と言っても良いくらいになってから、九州風、関東風、お雑煮もどきを作って冷凍してあったお餅を入れて食べました。
とっておきの善光寺の甘酒も作りました。
少しだけ日本のお正月。。。と言っても全くお正月の気分はしませんでした。

今日は朝7時半にニッキィのトレーナーを迎えにいって二人を空港へ送りました。
毎年恒例のアンシャルンスヴィークという北の街でスケートの合宿です。

母は4日までショートステイですが、携帯電話を持っていっているはずなのに、出ないところを見るときっと携帯はバッグかなにかにしまい込んで聞こえないのでしょう。。。
[PR]
by obreykov | 2013-01-03 00:41 | 徒然なる生活

2011.11.07. 今日からまた仕事や学校

あっという間に秋休みも終わり、今日からまた仕事や学校が始まりました。
今朝はちょっと起きるのが辛い感じでした。
秋休みは子供たちもそれぞれに行動していたため、私は月曜に仕事がありましたが、そのあとはニッキィの送り迎えもなしで、火曜日、水曜日はそれはそれはゆっくり自由に過ごしました。それこそ、顔をプルンと洗って、乳液をつけただけで、ノーメイクで家でのんびり、まったり、デレーッと過ごしました。日本のドラマを見たり、ちょっと掃除や洗濯もしたり、外には犬の散歩に行くだけ。買い物さえ行かずにデレーッと過ごしました。
でも、二日目にはなんだか、それも飽きてきてしまい、木曜日は何という予定が合った訳ではないのですが、朝からきちんと化粧をして、ちょっとキリッと過ごしてみました。
金曜日は近所のショッピングセンターで秋休みの間、日本週間という特集をやっていて、友達もその催し物にでていたので、別の友達と待ち合わせて見に行きました。可愛い日本のロリータ特集というので、可愛い少女たちがまるでおとぎ話からでてきたように着飾ってのファッションショーでした。
そのあと久しぶりあった友人とは美味しいイタリアンを食べて、日本の放射能の被害の話から、惚けの話に至るまで沢山おしゃべりをしました。

ニッキィも合宿から戻り、イヴもサーラというダーラナ地方の街から戻り、そして日曜日にはパリに行っていた謙が戻ってきて、その代わりにパパがジュネーヴに発ち、家の中は入れ替わり立ち替わりという感じです。
おかしなことにパリに行った謙たちは、フランクフルト経由で行き、ジュネーヴに行ったパパはパリ経由で行ったのです。直行便がないということなのに、なぜ、謙たちはパパの使うパリ経由の便に乗れなかったのか、と考えると不思議です。

私はというと、何がいらつくのか分けわからず、すべてのことにイライラして困りものです。更年期障害かな、と密かに思っていますが、最近は痴呆症もでてきているのかと不安になることも多々あります。
たった今しようと思って部屋に入ると、はて、なぜこの部屋に来たか、とわからなくなり、たった今持っていた車の鍵なのに、何かをとりに戻った拍子に何処においたかわからなくなり、人の名字がわかるのに、名前がわからなかったり、名前や顔は浮かぶのに、名字がわからなくなったり、携帯電話はいつも何処にあるか、自分に電話をしてみて何処でなっているか聞いて、見つけるという始末。
こんなことを友人に話すと、結構みんなも同じような経験があるようで、ちょっとだけ安心したり。。。

健康第一。。。つくづくそう思います。
[PR]
by obreykov | 2011-11-08 07:07 | 徒然なる生活

2011.11.02. 秋も深まり冬時間です。

10月末の日曜日の夜中にこちらは夏時間から冬時間となり、日本との時差が7時間だったのが、8時間になりました。つまり、1時間よけいに眠ることができるようになった訳ですが、身体の方は全くそんなこと感じもせず、普通通りに過ごした感じでした。
先週はニッキィのトレーナーのターニャがかなり風邪がひどくて1週間以上のお休みでした。ニッキィたちは自主トレーニングをしていましたが、ビールスのため何も薬がなく、咳止めをもらっただけということで、時間が解決するしかないのです。我が家でも、イヴが熱っぽくて学校を1日休んだりしたので、心配しました。私も先週はのどがちょっと痛いと言うか気になって、一日は頭ももの凄く痛くてこれはヤバいかな、と思っていたのですが、念力で直しました。この念力というのがすごくて、私は、日本でガンガンに働いていた頃よく使っていた方法です。
本当に念力で「今は風邪などひどくなってはいられない」と念じながら、ショウガをおろしたものを少々と蜂蜜を紅茶で溶かして飲んだり、葛根湯やら、何やらいろいろ生薬と言われるような、風邪によいというもの、ビタミンC、またはそれを含む柑橘類などをやたらと沢山とって、しっかり睡眠を取るのです。
すると本当に念力で風邪が吹っ飛んでいくのです。
私はコンサートなど大仕事がある時にこの風邪っぽい症状がでたりすると、この念力療法を使うのですが、ちょっと油断していると大仕事のあとにどかーんとひどい風邪をぶり返してしまうので注意が必要です。
でも、今回は秋休みというのがあって、私も火曜日から仕事が休みで、この休みは誰にも邪魔されないようにゆっくり自分だけの時間を作ってまったり、だらーんと過ごすことにしました。
見ていなかった日本のドラマを見たり、メールを書いたり、楽器を弾いたり、その合間に掃除洗濯も疲れない程度にして、散歩も行ったりして過ごしています。

子供たちも大きくなって、ニッキィはいつも通り、スケートの合宿にリンショーピングまで行きました。いつもは大きな選手に連れて行ってもらっているのに、今回は何とニッキィが隊長(?)で小さい選手を連れて行ったのでなんだか変な感じです。ターニャも無事にリンショーピングに行っている様子。。。よい練習ができるとよいのですが。
イヴは友達の家に泊まったり、ちょっとだけ戻ってきてシャワーを浴びたり、食事をしたりして今日は同じ学年のヴァイオリンのアンサンブルで一緒のヨーハンの運転で、サーラというダーラナ地方の友人の別荘に楽器を持って出かけました。
謙は昨日からうちに泊まり、今朝早くマルティンとパリに4泊5日の旅に出かけていきました。
ネディはスケートのトレーナーの仕事もあるし大学もあるしで、家にいますが、ほとんど友達と出かけて家はホテルのようなものです。
こんなゆっくりしたのも久しぶりですが、なんだかそれでもあっという間に日が暮れてしまい、ちょっと焦りがでてきました。
今夜は何を食べようかしら。昨日はとっても大変な思いをして栗をむいて栗ごはんにしたのですが、いま一つ栗がおいしくなかったので、あんなに大変な思いをした割りには、とがっかりしてしまいました。
母の栗ごはんは美味しかったけれど、こんな大変な思いをして栗をむいてくれていたのかとつくづく思いました。
[PR]
by obreykov | 2011-11-03 02:55 | 徒然なる生活

2011.09.30. 9月ももう終わり

9月にはいってぐっと寒くなっていたストックホルムですが、このごろやたらとよい天気が続き、暖かい日も続いています。今日はミオはシャワーを浴び、爪も切って、ちょっとだけですが、毛も切りそろえました。
実はイヴがドレッドヘアーをし始めて、まだ完全にすべての髪をしたのではありませんが、ちょっと見ると何とふわふわの毛でミオのミミの下あたりも自然にドレッドになっているではありませんか!
なぜてあげていた時、はじめは何かおできでもできたのかとびっくり仰天したのですが、何と毛の固まりになっていただけでした。
謙がドレッドヘアーは不潔になりがちで変な小さな虫の宿になったりもすると電話で言っていたので、早くイヴがあの髪を切ってくれる事を願っています。。。

ニッキィは、高校生になって、ニッキィのトレーニングに合わせた特別のよい時間割を学校が組んでくれたので、本当に助かります。
このごろは練習時間も十分にとれ、あとは昨年と同じ膝の具合が良くなって、フル練習ができるようになるのを待つのみとなりました。今年もせっかくのジュニアグランプリを棒に振ってしまうこととなってしまいました。
でも、健康が第一ですから。。。
トレーナーやスケート教会が慎重にしてくれるのが何より助かります。

父と母は相変わらずの様子。母には毎日電話していますが、父の洗濯物などが大変とは言いつつも結構このようなことが生活の励みになっているのではないかと思います。

パリに住む友人がブルガリアに来ていたようですが、そこで具合悪くなり、入院ということになりました。治療は自宅のあるパリでしたいと、フランスに戻っていって、その後どうなったかと連絡してみたら奥さんが癌だと診断されて15日目に亡くなってしまったと言っていたという事でした。。。なんと!
そして今日はお葬式の案内の手紙が我が家に届きました。
ご冥福をお祈りします。

それにしても人の人生、人の寿命、人の運命なんて、本当にわかったものではありません。
今日一日を大切に生きていかなければ、もしかして明日なんてないかもしれません。順番通りに逝くとも限りません。
[PR]
by obreykov | 2011-10-01 00:20 | 徒然なる生活

2011.09.28. 編み物始めたわ

毎日せかせかと忙しく生活していたのですが、なんでこんなに忙しがらなくてはならないのか、と考え、全くゆとりのない生活から、のんびりちょっとゆとりを持った生活に、と思い、編み物を始めました。
実は、私は、その昔、ボーイフレンドのお母さんが編み物が上手で手編みのセーターなどを着ていたのに変にライバル意識をもってしまい、私も編み物くらいできるようにならなくちゃ、と日本ヴォーグ社の編み物教室に通い始めたことがありました。かぎ針編みをほんの少し、母や家庭科で習ってマフラーと手袋くらいしか編んだ事のなかった私でしたが、ちゃんと基礎から習うともう、最後には講師の資格さえも取ったくらい本格的な編み物を習いました。結局編み物教室を卒業する前にボーイフレンドとの恋ははかなく終わってしまい、そのお母さんと競い合う事もないままになってしまったのでしたが、おかげで、たいていのものを編むことができるようになっていました。
自分の子供ができたら沢山編んであげようと思っていたのに、ちくちくすると言ってあまり喜んできてもらえなかったので、ほんの数枚しか編まずに今日まできてしまったのでした。
でも、考えてみたら、私は受験がある訳でも宿題がある訳でもありません。いったい何をしているからこんなに忙しいのだろうと考え、考え方を改めて、ゆっくり生活するようにしようと思い、まずはスーパーでウール70パーセントという毛糸をひと玉購入してみました。
日本から持ってきていた編み棒セットを引っぱりだし、毛糸がガーンジー糸に少し似ていたので、ガーンジーの模様図を見つけ出し、とりあえずゲージをとってみました。10センチ四方のゲージを編んでいたら、私が編み物をしているのを見たのが初めてのニッキィやイヴがいったいママ何を編んでいるの、と不思議がっていました。

そして編み始めたのがニッキィかイヴかに使ってもらえそうなガーンジー模様のカーディガンです。
昨日はニッキィがヴァーレンテューナという車で20分くらいのちょっと遠いスケート場で練習だったので、家に帰るほどではないため、いつもは買い物したり、ちょっと見学したりして待っているのですが、編み物を持って出かけました。
車の中がぽかぽかしていたので、後部座席に移って編み始めました。
するとあまりぽかぽか気持ちよいので、何と1時間以上も居眠りをしてしまいました。
そばを通った人は編み物を持って車の中で寝ているおばさんを発見してさぞ、笑った事でしょう。
ちょうどスケート場の中の喫茶部もあく時間になったので、編み物も持っていきました。すると知ったスケートママがいたので、おしゃべりしながらの編み物になり、何度も間違えてほどいたり編んだり。。。
ガーンジー模様は主に表編みと裏編みの構成で模様になっているので、ちょっと間違えると大変なことになってしまいます。

うまくいきそうだったので、スケートの帰りに5玉買い足して帰りました。帰るとイヴの高校の友達が3人きていたので慌てて食事の支度をして、夜は再び編み物です。
イヴの髪がベートーヴェンのように長くのびてくせ毛なので、イヴはドレッドヘアーにしたいと言っており、とうとう友達がそれを死に泊まりがけでやってきたのです。
私はカーディガンを編み、イヴたちはイヴの髪をドレッドに編んで我が家は編み物のオンパレードでした。
イヴの髪も結構大変らしく、下のほう一列くらいしかできず、あとはぐちゃぐちゃにまとめてお団子にして帽子をかぶって学校やアンサンブルに行っておりました。

私も今日は仕事が午後だったので、、ゆったりと素敵な音楽を聴きながら、まず編み物から始めスケート場でも編みました。
裾から編み始めもうすぐで脇の下まで行きそうです。
果たしてイヴのドレッドと私のカーディガンとどちらが先に編み上がるでしょうか。

これができたら、もっとよい毛糸を探すぞ!
誰か、ストックホルム近辺でよい素敵な毛糸を売っている店を知っている人は教えてください。なんだかあまり素敵な毛糸を見かけないのです。日本には本当にいろいろな種類の素敵な毛糸が沢山売られておりましたが、今はどうなのでしょう。。。
[PR]
by obreykov | 2011-09-29 07:18 | 徒然なる生活

2011.09.26. 天気のよい暖かい日が再び

先週はお客様が日本からかわりばんこに来ていたのに、せっかくの美しいストックホルムをご案内することができないほど雨が降っており、残念でした。
でも、このごろはちょっと太陽もでて、今日など何と20度近くにまでなり、仕事のあと、同僚のお宅へ伺い沢山実っているリンゴ狩りをさせていただいて、外でコーヒーをいただきました。今日の同僚はイヴのヴァイオリンの先生でもあります。
早速帰ってから、いただいてきたリンゴでアップルケーキを作りました。インターネットでいろいろなレシピを見たにもかかわらず、結局私風の独自のアップルケーキを作りました。
ちょうど、イヴが今日はヴァイオリンのレッスンがあるため、いただいたリンゴでどんなものができたかをお見せしようと思っていたのに、イヴは自分だけさっさと食べて、持っていくのなんて嫌だよ、と言って出かけていってしまいました。持たせるのによいようにと今日のアップルケーキはマフィン型に大きめに切ったリンゴをたっぷり入れて、その中に卵5つ、バター100−150gくらいかな、それに砂糖をうーん、大きなティーカップ1杯くらい、粉をその倍くらい入れて、バニラエッセンスとベーキングパウダー、そして、柔らかさを見ながら牛乳を少々。
その生地をリンゴのはいったマフィン型に入れて、上からシナモンと砂糖を振りかけてオーブンで20分くらい焼いてみました。
なかなか良い感じの出来でした。リンゴは櫛形のものを二切れ入れたのと、それをさらに二つに割って四切れにしたものと作ってみましたが、四切れにした方が美味しい感じでした。
生地が余ったので、プラムの種を取ってやはり四切れくらいにしたものを入れて、それは電子レンジで4分くらいチンしてみました。
これはちょっとした蒸しパンの雰囲気でまあまあ、それも面白いかなと。。。
思いがけずいただいたリンゴで久しぶりのお菓子作りでした。
今日はニッキィも18時からスケートの練習という事でネディの運転で出かけていきました。
さて、夕食は豚ヒレのクリーム煮とピラフの付け合わせです。
[PR]
by obreykov | 2011-09-27 01:20 | 徒然なる生活