カテゴリ:フィギュアスケート( 43 )

2010.05.21. ニッキィはスケート合宿

火曜日の早朝から汽車でニッキィはUngdomslyftetという、スウェーデンスケート協会が行っている若い有望な選手を育てるための合宿に行きました。今回もターニャの変わりにもう選手生活はやめてしまったニッキィと一緒にトレーニングしていたサビーナがトレーナーとして付いていきました。
サビーナはスウェーデンチャンピョンにもなったのに、相次ぐ怪我でとうとう選手生活をやめてしまったのがとても残念ですが、今も、ニッキィたちと練習はしています。
前回の合宿も一緒に行ってくれましたが、サビーナにとっても良い勉強になったといって、今回ももしターニャが付いていくとしても、自分も行くといっていたのでした。
サビーナの妹のコルネリアもニッキィと一緒に行きました。スウェーデン中の選手34名が選ばれていっているのですが、今回はニッキィは水曜日からのLandslagetというスウェーデン強化選手の合宿にも出るように言われ、サビーナが一緒に残ってくれることになりました。
もう、びっくり!
強化選手は世界選手権やオリンピックに出ている、クリストッフェル、アードリアン、サーシャ、そしてアントン トゥルヴェー、女子では、ヴィッキーとヨシ姉妹などなど、と一緒なのです。
大丈夫かなあ。。。スケジュールを見るとびっしりアイスとオフアイスと講義やらバレエやら、たくさんの練習でぎっしり詰まっています。
普段の合宿のようにトランプなどする暇なんて全くなさそうです。
普段、合宿や試合で家を空けているときも電話すらしてこないニッキィですが、今回も全く連絡なしなので、「元気に頑張っているの?」とSMSを送ったら、いつものように「Hai」とだけ返事が来ました。
まあ、ニッキィから電話がかかってくるときは何かあったときだけなので、かえって電話があると心配します。一度は携帯を海に落としたとき、または、スケート靴を入れているリュックサックにバナナが忘れてそのままになっていて真っ黒に説けた状態になってしまった、というとき。。。。

とにかく、明日夜遅くに戻ってくるのでどんなだったかきくことができるでしょう。。。

明日はまたまた日本人学校を休みますが、中学3年の最後の父母会ということで、私はそれに出席するために子供はいないけれど、学校へ行きます。。。お弁当を作らなくてすむ分楽だけど。。。
[PR]
by obreykov | 2010-05-22 04:39 | フィギュアスケート

2010.05.05 O-vikのアイスショー

アンシャルスヴィーク(うまくローマ字でかけません)というニッキィが合宿に行ったりする北の方の町のスケートクラブであった、アイスショーに出場したニッキィの写真をクラブの責任者が送ってくれました。
もうすぐそのショーのDVDができて、私も注文したので楽しみです。
ショーは4回の公演があったそうです。ホッケーの選手も借り出されてとても楽しかったようでした。今、アレクセイ ヤグーディンの自伝のような本を読んでいますが、彼もアイスショーに出場しながらの選手生活で緊張する試合の合間のショーはとても楽しかったようです。
a0022183_19555764.jpg
a0022183_19561996.jpg
a0022183_19563861.jpg

[PR]
by obreykov | 2010-05-05 19:56 | フィギュアスケート

2010.04.13. ニッキィのボレロ

4月10日に行われたエリートシリーズ決勝戦でのニッキィのフリープログラムです。ちょっとミスもありましたが、総合で、自己最高記録を出しました。


サーシャがフリーでアードリアンに勝ったところ。

[PR]
by obreykov | 2010-04-13 23:22 | フィギュアスケート

2010.04.12. ニッキィエリートシリーズファイナル優勝!

オーレブローというストックホルムから200キロ西の街でフィギュアスケートエリートシリーズの決勝戦がありました。金曜日にここで練習してから、ニッキィ、シニアのミッケ、ジュニアのダンネとトレーナーのターニャ、そしてミッケたちのママのシモーナと6人で我が家の車で出かけました。
夜18時30分にノーヴィスの男子が試合でした。決勝戦には6人が出ることができたのですが、怪我や病気で4人でした。ショートではニッキィはコンビネーションに失敗してしまいましたが、1位になりました。
そして翌日のフリーでは、プラス点ももらっての、トリプルサルコウとダブルトウループのコンビネーションに成功してよいスタートを切りました。ダブルアクセルは着氷がいまひとつでしたが、113.77点という自己最高記録を出すことができました。
a0022183_2232510.jpg
a0022183_2244291.jpg
a0022183_2253862.jpg

キッスアンドクライでは、めったに満足をしないターニャがニコニコしてニッキィと得点を待っていたので、私はそちらのほうがよっぽど嬉しかったです。
ダンネもショートでは本当によくすべり、1位でしたが、フリーで失敗があり、3位になってしまいました。ミッケはなかなかの出来でショートの後の3位をフリーでも保ち、ターニャの男子3人とも表彰台に上りました。

ものすごかったのはサーシャ マヨロフのフリーでした。1回だけ小さなミスがありましたが、もう、信じられないダイナミックで素晴らしいスケーティングとジャンプでフリーではあのアードリアンより良い得点を出しました!
アードリアンの弟君がとても可愛かった!
それにしてもなんと寒いスケート場だったことでしょう。車のシートにかけてあった毛布などを使って寒さをしのぎました。
[PR]
by obreykov | 2010-04-13 01:19 | フィギュアスケート

2010.04.03 ランビエール、大阪へ

ストックホルムアイスにスイスからもステファン ランビエールLambielの友達たちも見に来ていて、当初の予定では友達と一緒にストックホルムで週末を過ごすことにしていたそうですが、大阪でのアイスショーに出演することがその後に決まったそうで、今日昼ごろストックホルムを後にヘルシンキ経由で大阪にたちました。
ミッケやダンネのお姉さんのニコールが運転してネディとグローベンのホテルから空港まで送っていくことになり、ネディは天にも昇る思いだったようです。
a0022183_23113735.jpg

とっても親切で優しくて、初めはネディたちとても緊張して彼と会ったけれど、車の中では本当にまるで昔からの友達のように、気さくに話してくれたようでした。
スウェーデンはみんなよく英語を話すので、困ることはないけれど日本はちょっと難しい、と言っていたので、ネディが一緒に行って手伝ってあげる、と冗談を言うと、日本語ができるのをびっくりしたそうです。でも母親が日本人だから、と種を明かしたそうですが。。。

プログラムにニッキィあてに、サインもしてくれました。
[PR]
by obreykov | 2010-04-03 23:13 | フィギュアスケート

2010.04.02.ストックホルムアイス

昨日は私とダンネとそしてステファン ランビエールStephane Lambielの誕生日でした。
ネディが去年からこの日のために、Stockholm Iceのアイスショーのチケットを買ってくれました。ニッキィとターニャも行くようにチケットを用意してあったのですが、スロヴェニアに試合に行くことになったので、残念、と言っていたところ、ニッキィの病気でスロヴェニア行きが流れてしまい、ニッキィも咳はまだひどいものの、熱もなく、元気も少しずつ取り戻してきたので、行くことができました。
ところが、ターニャが今度はニッキィと同じく喉がひどく痛くなり、ターニャの場合は熱もかなり出てしまいこのショーに来ることができませんでした。

サーシャ マヨロフAlexander Majorovの弟のニコライNikolaj9歳も出演しました。いつも試合のとき付いてきていてニッキィたちと遊んでいるニコライの噂は聞いていたけれど、スケートは初めて見ました。ちゃんとアクセルもできているし、滑り方がサーシャをそのまま小さくしたみたいで、本当に上手でした。ニッキィも頑張らないと将来ライバルになるぞ、と思いました。

とにかく素晴らしいショーで、感激の連続でした。
ヤグーディンやアプトを好きなネディがまだまだ若くてヨーロッパ戦に初めて出てきたころから「この人すごい、絶対すごくなる」と言っていたステファン ランビエールは、もう、何とも言えない素晴らしい演技でした。
それから、氷の王者といわれるだけあって、プルシェンコも凄い!
氷にでてきたときから、もう、凄いオーラがでていました。
スウェーデンのアードリアン、クリストッフェル、ヴィッキーも素敵でした。
アードリアンの演技は今までとはまた違ったものがあって、素敵でした。

とっても幸せな気分になれた誕生プレゼントでした。
帰ると謙が自分で用意した素材でサーモンのソテーとグリーンアスパラ、などで、もてなしてくれました!
[PR]
by obreykov | 2010-04-03 22:55 | フィギュアスケート

2010.04.03 大変な数日でした

3月31日にニッキィは本当ならスロヴェニアに行っていたところでした。それまで、ターニャも特別に時間をとってくださったり、シーズンオフになるため、どこのクラブでもアイスショーをやったりとなかなかきちんとした練習ができないところ、一生懸命練習していたのに、なんと、前日ターニャが迎えに来てくれてちょっと遠いスケート場で学校を午後早退して練習することになっていた、その日の朝、喉がひどくいたい、と言って学校へ行ったので、心配していました。
案の定、昼ごろ電話があり、迎えに来てほしいということ。。。私はちょうど仕事場で昼休みだったのとニッキィの学校の近くだったのとで、迎えに行き、車を運転しながらターニャとも連絡を取り、とりあえず、その日は練習をしないで、休ませてみようということになりました。
普段は少々熱があっても私が寝ていなさいというのもきかずにパソコンの前に座っていたり、うろうろと起き上がっているニッキィがバタンキューとベッドに横になるなり寝込んでしまいました。
熱はないのですが、全く元気がありませんでした。

夜、やっと遅くなって夕食を食べ、結構食欲があったので、安心はしたものの、全く体に力が入らない様子。。。ターニャとも何度電話で話し合ったことでしょう。
夜の9時にこのまま熱がなくても、こんな調子で行かせてはよい試合に臨めないし、ということで、棄権をすることに決めました。
パパは、熱が出ないならとにかく行かせて様子を見ればよいし、最悪の場合は現地で棄権をすればよいと言っていたのですが。。。
朝方、私も、あきらめきれず、4時ごろ起してみました。
でも、全く起きる元気がなく、それどころか、熱も少しではありましたが、でていました。

残念なことに、こうして試合は中止にしたのでした。
その日は飛行機のチケットのため、医師の証明書などももらうため、病院にも行きました。
いろいろ検査をしてくれ、血液検査ではビールスが原因ということがわかり、これに対しては何の治療法もなく、熱があれば解熱剤、咳が出れば咳止め、というように症状を和らげるしかないということでした。

ターニャもスウェーデンスケート連盟の人たちもこれが最後ではなくこれからどんどんこのような試合がニッキィを待っているのだから、健康第一、と慰めてくれました。
ちょうど4月2日にはストックホルムで初めてのアイスショーがグローベンで予定されていて、このチケットは去年のうちからネディが私の誕生日にと買ってくれていたのでした。
まだ咳はかなりのこっていましたが、このショーに行くことができました。
地方からもたくさんの選手たちが見に来ていて、ニッキィもたくさんの友達に会って、素敵なショーも見て、試合には出ることができなかったけれど、楽しそうでした。

このビールスはあまり熱がでなくて、喉がひどく痛くなり、咳もでて、というビールスだそうです。

ターニャの家では、新型インフルエンザに2月末に出産したばかりの娘さんがかかってしまい、まだ入院中です。危篤状態はなくなり、よい方向に向かっているようですが、赤ちゃんも入院中で、大変でした。
ターニャの家では、マルメに行くほんの数日前に泥棒が入ったばかり、そして娘さんと孫の入院、そして、ニッキィの病気、そして今度はご本人がニッキィと同じように喉の痛みと熱も38度以上出ているそうで、アイスショーさえも行けませんでした。

悪いことは本当に続きます。。。。。

私のとても気に入っていた蒸し機能の付いた電子レンジも先日壊れてしまいました。とても大切に使っていたのに。。。あちらこちら同じような電子レンジがないか探しているのですが、なぜか蒸し器機能の付いているタイプが少なくなっています。グリル機能は結構あるのですが。。。
日本にはもっと優れた電子レンジがあるのに、なんでここはこういうものの需要が少ないのでしょう。。。
[PR]
by obreykov | 2010-04-03 20:04 | フィギュアスケート

2010.03.22. ニッキィ、優勝おめでとう!

マルメでのスウェーデン全国チーム対抗のフィギュアスケート、ニッキィの参加したストックホルムチームは18チームのうち、3位になりました。
ニッキィはショートもフリーも1位を守り、111,85点、事故最高記録には及びませんでしたが、何とかまあまあの滑走をしたそうです。
ジュニアのダンネは2位、そしてシニアのミッケがショートの2位から逆転優勝をしました。
女子のニッキィと同じノーヴィスは3位、女子のジュニアとシニアが上位に入れず、ストックホルムは総合3位になりました。やっぱり、南のマルメとヨーテボリが1位と2位を取っていきました。

ニッキィもダンネも土曜日に試合が終わってしまったので、土曜日のバンケット(晩餐会)の後、ダンネとマティーアスと小さいアントンとで、とうとう寝ずに過ごしていたようです。ミッケとダンネとニッキィがいつも一緒の部屋ですが、ミッケが翌日試合のため、二人は別の部屋に行ったりロビーにいたりして、他の選手と話したり、トランプ占いをしたり、マクドナルドに行ったり、かなり遊んだようでした。6時に朝食がサービスされるころ、寝なかった4人は直接朝食をしてから、8時から10時ごろ、寝たそうです。

家に戻ってからも、興奮してか、寝られないといいつつ、ベッドに入ったら、なんと1秒もたたないうちに寝ていました。

私は、土曜日はイヴのスキーに付き合って、ストックホルムの日本人会が毎年行うスキー1日バス旅行に参加しました。でも今年はただ付いていっただけで、友達とホテルのレストランなどで楽しい1日を過ごしました。
それはそれは快晴でイヴたちは外でランチをしていました。
ストックホルムはだいぶ雪が解けて、これで春を迎えるな、と嬉しくなったのもつかの間、昨日はまた1日雪が降り、ニッキィとターニャを迎えに行くときは雪だるま化した車を発車できる状態にするのにとても時間がかかりました。

ニッキィはまた今日から普段の学校生活が始まりました。
[PR]
by obreykov | 2010-03-23 03:02 | フィギュアスケート

2010.03.19 がんばれニッキィ!

今朝、ニッキィたちはマルメに向かいました。
夜にはショートがあり、WebbTVというので、インターネットで質は悪いけれど何とか見ることができました。インターネットのつながりがよくないのかと思っていたら、ダンネたちのママのシモーナから電話でやっぱり画像が同じときに止まりようで、どうもインターネットのの調子でなくWebbTVがよくないようです。

そんなわけで、ニッキィのダブルアクセルはちょうど見ることができなかったけれど、後でPDFの得点を見るとマイナス点があったので、きれいなアクセルはできなかったのだと思います。でも転倒はなかった様子、41.62で、2位のマンドゥスが33,26なので、明日、かなりな大失敗をしなければ何とかいけそうです。

ダンネは37.03で1位のマティーアスが39.83です。がんばれがんばれ!
ニッキィと同じノーヴィスの女子はストックホルムのエスメラルダが3位にいます。ストックホルムチーム結構いいせんいっているかも!
シニアのショートは明日です。

明日はイヴが日本人会の恒例のスキー1日旅行へ行くので、私と友人のようこちゃんと滑らずにただバスに乗って付いていってスキー場のレストランやカフェでダベリングをしようという事にしています。
明日、ニッキィの滑走をインターネットで見たいので、私のこのPCがインターネットにつながるように謙の小さいインターネットにつなげるものをインストールしてもらいました。なかなか便利な世の中になったものです。前回は本当に小さいPCで、携帯のSimでインターネットに携帯と同じようにつながるので、見たのですが、速度が追いつかず、ほとんどよく見ることができなかったのです。。。

さて、明日は早いので、そろそろ寝る準備に取り掛かりましょう。
[PR]
by obreykov | 2010-03-20 06:48 | フィギュアスケート

2010.03.17. もう春ですよ

このごろ1ヶ月に一度かければよいような感じになっています。
今年はスポーツホリデーには、初めてスキー旅行にも行かず、どこにも出かけることなく、ニッキィのスケートの練習だけのような休みでした。謙は働いており、ネディだけが1日スケートの友人とスキーに行ってきました。
謙は2月21日に20歳になり、本当に成人しました。おめでとう。速いものです。あっという間に大人になってしまいました。

先週、ネディが高校のとき日本留学していた学校の友人二人がたった5日のストックホルム旅行に来ました。その前の週は吹雪いたり、マイナス気温が続いたのに、先週からプラスになって、雪解けしたり、夜中にマイナスになって道がカーリング場のようになったり、でも彼女たちが滞在中はそれほど寒くもなく、改正でラッキーでした。
でも、ベルサイユの薔薇に出てくるマリーアントワネットの恋人フェルゼンのお城など、改装中で、しまっていたり、王家の今すんでいらっしゃるベルサイユ宮殿を小さくしたようなドロットニングホルム宮も見学日が限られていたりでちょっと残念でした。

ニッキィはといえば、3月3日からのストックホルムトロフィーというストックホルムで行われるインターナショナル試合に出て、ロシアの選手も一緒に戦いました。ニッキィのクラスはあまり外国の選手がいなくて、スウェーデン代表が多かったくらいです。
ところが、ニッキィはなんとショートで二つのジャンプを失敗し、この3回転サルコウとダブルアクセルの失敗はかなり大きなものとなり、3位になってしまいました。トレーナーのターニャは、翌日の試合は、この調子なら棄権してもよい、とまでいいましたが、ニッキィは「明日もがんばる」といい、それならしっかりがんばりましょう、という事になり、一番最後の滑走でした。
2度目のダブルアクセルには失敗がありましたが、何とか3回転も飛んで、芸術点も良いものを出して、逆転優勝をしました。
なんとはらはらする試合でしたが、いつも勝つ、というより、こうして、失敗して3位になったりするのもニッキィには良い勉強になったと思います。
ショートはジャンプの数が少ないので、失敗したらもう、勝ち目がありません。

ニッキィは今週末からマルメという街に試合に行きます。これは、地域ごとのチームで戦うSKF杯という試合で、今年はストックホルムからは1チームしか出ないことになりました。男子がどうしても足りないのです。
このチームに選ばれ、男子はシニアがミッケ、ジュニアがダンネ、そしてノーヴィスがニッキィです。

その後1週間置いて、ニッキィはなんとスウェーデンスケート協会が選んでくれて、スウェーデン代表で、スロヴェニアのトリグラフトロフィーに出させてもらうことになりました。ニッキィのクラスではスウェーデンからニッキィとスウェーデン選手権で2位になったマンドゥス選手が出ます。
しかも日本からの選手もいるようです。中村優選手だそうで、きっと3回転を沢山飛ぶんだろうなと思います。
ニッキィのクラス以外には日本やブルガリアの選手も来るので、話もできるだろうし、きっと楽しい大会になるだろうなと思います。私も観戦に行きたいなと思って、飛行機のチケットを調べたら、なんとなんとあとちょっとで日本へもいけそうな値段だったので、即あきらめました。インターネットで中継を見ることができればよいけれど。。。と思います。
[PR]
by obreykov | 2010-03-17 20:46 | フィギュアスケート