カテゴリ:フィギュアスケート( 43 )

2008.11.01 LM フィギュアスケートストックホルム県選手権

風邪気味だったニッキィは合宿の前1週間ほど練習を休み体を休めて、リンショーピングの合宿へ行きました。18歳と16歳の一緒に練習をしているミッケとダンネも一緒の上いつものホストファミリーが3人の男の子を受け入れてくれたので、本当に楽しかったようでした。
しかもアイスの練習は3時間のはずが、ニッキィたちのグループのみ4時間の練習だったようです。

その練習の甲斐もあってか、11月1日2日はストックホルム県の選手権で地区予選よりは良い点数を出すことができました。ジョセフィーンも全国大会まで行くだろうと確信していたのですが、思わぬところで2回の転倒があり、思うような成績が出ませんでした。
ターニャの選手では、昨年同様、ミッケ、ダンネ、ヴェロニカそしてニッキィが全国選手権へと行きます。スウェーデン選手権なのに、ターニャとヴェロニカはロシア人、ミッケたちはチェコ人、そしてニッキィは日本とブルガリア。この国にはスウェーデン人はいないのか?!
a0022183_18375035.jpg
a0022183_18391317.jpg
a0022183_18402468.jpg
上はニッキィのショートプログラム、下はフリーです。
a0022183_18513019.jpg
a0022183_18533052.jpg
a0022183_18582738.jpg
a0022183_1902592.jpg
a0022183_1924175.jpg
滑走後、友人たちの応援をする楽しいひと時。
[PR]
by obreykov | 2008-11-05 19:04 | フィギュアスケート

2008.10.05 スランプ気味のニッキィ

このごろニッキィがトウロープというジャンプをうまく飛べなくなってしまいました。
コンビネーションにもトウロープジャンプを使っているので、プログラムがしっちゃかめっちゃかになってしまいます。
a0022183_1511936.jpg

a0022183_1524618.jpg
これはニッキィのショートプログラムです。そしてこの下はフリープログラムです。
a0022183_1532921.jpg
a0022183_154289.jpg
a0022183_1543553.jpg
a0022183_1553842.jpg
各クラスの1位が勢ぞろいで、記念写真を撮ってもらいました。
a0022183_1563396.jpg
そんなわけでこの週末4日と5日はDMと言うストックホルムの地区予選でしたが、対戦相手がいないので、順位の心配はありませんが、得点のほうがどうも芳しくなくて、本人もトレーナーもちょっと渋い顔でした。
とはいっても女子の同じレベルのクラスの得点と比べるとニッキィのほうが良かったので、そういって慰めましたが、本人がどうしてトウロープがうまくできなくなったのか、不思議がって悔しがっております。
トレーナーのターニャもどうしてかわからず、「私の言っている事が通じていないのか。。。」と心配していましたが、すべてわかっているのに、飛んでみると行動に現れないと言うことなのです。まあ、私もピアノを弾いていて、先生のおっしゃることも良くわかるし、そのように弾きたいと思っても実際に弾いてみるとそのように弾けないということが多々ありましたっけ。
とにかく、県大会まで何とかしてもらわないと。。。昨年と同じプログラムではありますが、多少ジャンプやステップを変えて難しくしてあるので、基本点は高いはずなのですが、ジャンプなどの質が悪くてマイナス点を沢山もらってしまい、結局昨年よりも悪い点数が出てしまいます。

ニッキィと月水金に一緒にトレーニングしているミッケは、最近免許を取って弟のダンネを連れて来るまで来ます。そのため、楽しいお母さんがあまり姿を現さなくなってしまったので、ちょっと残念。。。
ミッケは月曜日にブレードの留め金をおってしまい、ブレードの後ろには4つ穴が開いているのですが、夏におってしまったので、あいている穴に止めていたのでした。それも折ってしまったので、新しい靴が来るまで滑れないかも、と言っていたのですが、何とか少しずらして取り付けたと言っていましたが、もしかしてちょっと斜めにずれて着いているのかしら、と人事ながら心配しています
[PR]
by obreykov | 2008-10-09 21:03 | フィギュアスケート

2008.09.21 今シーズン初のニッキィの試合

フィギュアスケートシーズンの初めの試合が始まりました。
ニッキィたちは地区予選に向けて練習の意味もあり、この試合に出場しました。
小さい試合だったので、ショートかフリーかどちらかを滑ることになり、ニッキィたちはフリーを滑りました。
音楽は全シーズンと同じなのですが、ジャンプなど多少変えているので、どんな点数が出るのか楽しみでした。
思ったより何とかなったのですが、思ったより点数は取れませんでした。むしろ全シーズンの終わりのSKF杯では、ずいぶんとよい点が取れていたのに。。。
ダブルジャンプがトリプルになったり、アクセルもダブルアクセルにして、何とか着氷はできたのに、ジャンプの質がよくなくて、マイナス点がずいぶんとついていました。
まあ、よい勉強になったでしょうけれど。。。
対戦相手がいないので、いつものように個人の得点との戦いです。
男の子の人数が少ないので、同じレベルの選手がいなくて、どのクラスも同じ年でもクラスが違っていたりしてちょっとつまらない感じです。
その点、女子は沢山いるので、順位もいろいろになるから滑り甲斐あることでしょう。。。

パパの友達で、オペラ座でバレエダンサーだった人が見に来てくれました。
ニッキィの滑走にはびっくりしていましたが、もっともっとバレエのトレーニングもしたらよいのに、と言っていました。
確かに、今シーズンはクラブで場所がとれずにバレエのレッスンがまだありません。
ステップのときに、ニッキィのトレーナーのターニャももっと表情をつけるようにといつも言っています。昔よりは欲はなったのですが、まだまだです。
振り付けをしてくれたアイスダンサーのGorsha Surなどの演技を見ると本当に表現力がすばらしく世界プロチャンピョンにふさわしいな、とつくづく思います。

風邪の具合はだいぶよいのですが、どうもまだエンジンがかからない感じです。でも、仕事場に行ったら、ピシッとできるので、やっぱり家では怠け癖が着いているのかなと反省しています。
[PR]
by obreykov | 2008-09-23 03:21 | フィギュアスケート