「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:子育て( 9 )

2010.10.08. 全くついていないニッキィ

先日の日曜日は、ニッキィは散々でした。せっかく、膝の調子も少しずつではありますが、良くなりつつあるようで、この週からジャンプの予備練習を始め、この日は久しぶりVallentunaのスケート場へ行って、1回転ではありますがジャンプの木曽練習を始めたのでした。でも、あの子、厄年なのかしら。疫病神に取り付かれているのかしら。。。

オレンジページにじゃがりこのようなものの作り方がでていたので、作ると言い出したのです。私もネディもそのときは疲れていたし、面倒だったから、いやだといったのに、どうしても自分で作るといって読めない漢字を私にきいて作り始めていたのです。
私は、その日、イヴのヴァイオリンのアンサンブル「クラスローフィオール」のコンサートをパパとネディと聴きに行った帰り、センターで3人で遅いお昼も食べた後、帰ってきて眠り姫になってしまっていたのでした。クラスローが5月にエストニアに演奏旅行に行った際、お返しにこんどはこちらに秋に来てもらうという約束をして、このたびエストニアのアンサンブルが演奏旅行で来たのでした。金曜日から日曜日までイヴたちはそのアンサンブルの人たちと、講習会に出たり、演奏会に出たり、ストックホルム市を案内したりと大忙しでした。

さて、ニッキィの話に戻ります。
そうこうしているうち、謙が戻ってきた音も聞こえていたし、ニッキィがどの鍋で揚げるのかなんてききにきていたのも生返事して眠り姫をしていたら、ニッキィのすごい声が聞こえてきたので、いやな予感がして、飛び起きていきました。
すると、謙がキッチンで飛び散った油の始末をしており、ニッキィは蛇口でジャージャー水を流し顔を付けていました。
何が起こったかすぐに想像でき、恐ろしくなりました。謙が言うにはじゃがりこが爆発して、ニッキィの顔に油が飛んだということでした。
とにかく水で冷やし、アイスノンで冷やし、濡れタオルで冷やし、シャワーで冷やし、冷やすことをいろいろして、やっと9時過ぎに少しだけ落ち着いてスープを作ることができ、遅い遅い夕食をすませました。
その間もニッキィはぬれタオルやアイスノンを顔面につけて冷やしながらの食事でしたが、スープを2杯もお変わりして食欲があったので少しだけ安心しました。

全く、。。。私もつい先日油がチッっと飛んできて、かなりいたい思いをしたので、あんなちょっと、たった1点だけだったのにあんなに痛かったので、どれだけ痛いだろうと思うだけでかわいそうでなりませんが、どうしようもありません。
ニッキィの作ったじゃがりこの残りを揚げてあげました。あとできくと、一番強い火で一気に入れたので、爆発したようですし、謙は大笑いしていましたが、ニッキィが鍋の中を覗き込んでいたということでした。
じゃがりこはびっくりするほど美味しくできました。冷やしているニッキィの口に運んで食べさせてあげました。なんだか随分高くついたじゃがりこです。
オレンジページには弱火でじっくりと揚げるって書いてあったのですが、ニッキィは強火で高温で揚げてしまったのでした。
私も、眠り姫をして、母親を怠っていたので、かなり反省しています。。。

ずっと冷やし続けて、夜中にソファで眠り始めたので、しばらくそのまま寝かしておきました。ミオちゃんと最後の遅い散歩から戻ってから、ニッキィの洋服を脱がせてベッドに連れて行きました。
そのころは冷やしていたタオルももう必要なかったようで、すやすや寝始めたので、一安心したというわけです。
顔面赤くなっていたのですが、朝になるとだんだん茶色っぽくなってきました。目の周りが最後まで痛かったようでしたが、朝になってみると額のほうがひどかったようです。きっと目の周りは皮膚が弱くて敏感なのでしょう。
目の中に油が入らなかったのは本当に不幸中の幸いでした。コンタクトレンズも守ってくれたのでしょう。

翌朝はすやすや寝ていたので、欠席届を学校に出して休ませました。
スケートのトレーナーのターニャに話すと、彼女も一度ポテトフライをしていたら、爆発して、体中に油をかぶったことがあるとおっしゃっていました。
そのときは顔を背けたので、顔には来なかったけれど体中が油をかぶり、その場で洋服を脱いで捨てたということでした。
これからスケートシーズンでスケート場での食事となってポテトフライが頻繁に登場するだろうから、家ではもうポテトフライは作らないのね、と冗談を言っておりましたが。。。

さて、ニッキィは学校や、チェロや、スケート場やらに行くたびに人々からどうしたの、と聞かれ、そのたびに説明するのに疲れた、と言って降ります。
スケート場も2つのクラブで練習しているので、ソーレンテューナもヴァーレンテューナも一通り説明が終わり、チェロのレッスンでも、そして、学校でも一通り説明が終わり、昨日は膝の治療に行ったので、そこでもせつめいをし。。。後は明日の日本人学校だけだ、といっています。

まあ、この程度で済んだからよかったのですが、今年は、スタートはとても良かったニッキィでした。
スカンジナビアのチャンピョンにもなり、強化選手にも選ばれるところだったのに、この夏以降、膝を痛めてからジャンプの練習を禁止され、スケートはいまひとつ前に進めず、試合も4つ、見送ってしまいました。

ターニャは昨年きつすぎたから、天から授かった休暇だと思って休みなさい、といってくれるけれど、やっぱり普通にジャンプの練習もして試合にも出たいニッキィです。
早く良くなると良いのですが、昨日、膝の治療に行ったら、針と電気ポンプのようなもので筋肉を何とかしている治療などをうけ、来週が最後になるだろう、ということでした。そうなればよいけれど。。。
[PR]
by obreykov | 2010-10-08 21:55 | 子育て

2009.09.01 ネディお誕生日おめでとう

イヴの誕生日が終わったかと思うと、あっという間にネディの誕生日になりました。
健康で幸せで楽しい1年になりますように。

ふた昔以上前の出来事なのに、ネディが生まれたときのことがつい昨日のことのように思い出されます。
ネディのときは6人部屋で、赤ちゃんたちは新生児室に置かれていて、おっぱいのときとか昼間に看護婦さんが連れてきてくれたり、私たち新米ママが新生児室に行って授乳室などに行ったりしていたのですが、6人部屋で寝ていると、いろいろな赤ちゃんの鳴き声がきこえてきます。
でも、今でも不思議なのですが、ネディの泣き声だけがよくわかって、あ、泣いてる、と思うとおっぱいがきゅっとなってきたのでした。
これって、本能なのかな、と思いました。動物のお母さんも、自分の子供の泣き声がわかるのは本能なのかな、と思います。

二人目以降は親子の個人部屋で、新生児室なんてなかったので、よその赤ちゃんと一緒に泣いている自分の赤ちゃんを聞き分けるということはありませんでしたが、ネディのときは本当に自分でもびっくりしたものでした。

それに、産まれてすぐ、パッチリと目を見開いて私を見ながら私のお腹の上で泣いていたのも印象的でした。
今までお腹の中で元気にお腹をけっていたのに、今度はお腹の外から私のお腹を小さい足でけったのは本当に不思議な感じでした。
あの小さな赤ちゃんがもう成人して一人で東京や祖父母のところへ行くようになるとは。。。

今日は、熊本の養鱒場のレストランへ祖父母と行った筈です。こちらでは、子供たちがうらやましがって射ます。
[PR]
by obreykov | 2009-09-02 06:12 | 子育て

2009.08.13 イヴ、16歳のおたんじょうびおめでとう

イヴが16歳になりました。信じられない!
せっかくの誕生日が毎年音楽の合宿中ですが、今回は合宿はなかったものの、音楽のプロジェクトで留守。。。何が一番食べたいか、食べたい物を作ってあげるというと、コロッケということ。なーんと安上がりな子供ですが、コロッケも結構手がかかるので、なかなか我が家のメニューに登場しません。
チョコレートもの(ケーキもアイスも)が好きなので、クラードカーカという、ちょっと生っぽいチョコレートのケーキにパウダーシュガーで文字を書いてあげました。

健康第一、いつまでも健康であってほしいものです。
[PR]
by obreykov | 2009-08-15 23:07 | 子育て

2009.06.09 妹の50回忌、高校の卒業の日

今日は2歳で亡くなった私の妹の50回忌です。父も母も50年たったのだから、きっと成仏してくれたでしょうと電話で話していました。母は同じ年の4月29日に父親を亡くしています。きっと未熟児で血液不適合で産まれ、2歳になっても歩くことも座ることもできなかった孫を不憫に思い、天国に連れて行ったのでしょう。見た目には障害児のように見えないとても美しい赤ちゃんだったのはせめてもの救いのような気がします。
私の子供たちが元気に生まれ育ってくれたのは本当に奇跡のようなものです。そう思って日々を感謝して暮らさなくては、とつくづく思いました。

さて、ここからは謙の高校卒業のときの写真を載せましょう。このように沢山のプラカードを持った両親や親戚、友達が生徒が出てくるのを待っています。
a0022183_20474482.jpg
クラスごとにバルコニーにワーワー言いながら出てきます。謙のクラスは最後に出てきました。左端のチラッと見えているのが謙です。
a0022183_20513479.jpg
a0022183_20555839.jpg
謙の彼女はクラスメートなので、一緒に卒業パーティーはできません。この日はここでお別れでした。でもピーターは近所に住んでいるので、自分の家でのイギリスの叔父さんたちを囲んでの小さいパーティーをした後は我が家に来ました。
a0022183_2132674.jpg
a0022183_2112021.jpg
その後はこのように着替えて
a0022183_216181.jpg
このようにビールを沢山積んで
a0022183_2165638.jpg
このようなトラックに乗ってビールを振りまきながら、大きな音で音楽を奏で、トラックを乗り回して祝うのです。
a0022183_218568.jpg

そして私たちは急いで家に戻りパーティーの準備にかかります。
今回はこのようなメニューにしました。鮭のパイ包み、鮭の丸焼き、海老蟹のパイ、チキンのカレー風味パイ、豚ヒレ肉の私流煮豚と桜の花びら人参あえ、ネディが焼いたブルガリアのチーズパイ、ブルガリアのキョポロという焼き茄子とピーマンにんにくを入れたペースト状のもの、そして葡萄の葉で包んだサルミというブルガリアの料理、(これは作るのは難しくはないのですが、時間だけがやたらとかかる手の込んだもの。。。)ジャガイモサラダ、ロシアサラダ、野菜サラダ、サラミのいろいろ、チーズのいろいろ、鮭の甘酢付けスライス(これは手作りではありません。)焼き鳥、とスウェーデンの肉団子、等等。。。この焼き鳥と肉団子も手作りではないのですが、手作りかと思っていた人もいたようで。。。私は無言。。。思いたい人には思わせておこうかと。。。日本人が見たら、この焼き鳥は手作りではないことがわかるのですし、スウェーデン人が見たらこの肉団子も冷凍なのがわかるのですが。。。
a0022183_21193532.jpg
a0022183_21214141.jpg
そして、チョコレートのケーキと、胡桃入りのふわふわケーキ私流を少しデザインを変化させ、卒業生の帽子風にアレンジしました。ふわふわケーキは2段にし、中には黄桃の缶詰を細かく切って入れ、シロップをスポンジにしみこませたので、かなりしっとりとした仕上がりになったようでした。(私の口には入らなかった。。。)
a0022183_21263136.jpg
a0022183_21275878.jpg
沢山のお客様が入れ替わり立ち代り。。。
a0022183_21344345.jpg
a0022183_21352915.jpg
a0022183_2136781.jpg
a0022183_21373519.jpg
やっと私も少しだけ座ることができた感じでした。。。
a0022183_213856100.jpg

そして、こんなに沢山のお花やプレゼントをいただきました。
a0022183_21405838.jpg
a0022183_21413670.jpg
みんなに祝ってもらって謙は幸せです。そして、私は健康に育ってくれていることを何よりも感謝します。
[PR]
by obreykov | 2009-06-09 21:44 | 子育て

2009.06.05 謙、卒業おめでとう!

謙が高校を卒業しました。こちらの卒業式は親は出席せず、外で子供の小さかったころの写真を貼り付けたプラカードを持って待ちます。すると式などが終わった生徒がクラスごとに学校のバルコニーに飛び出してきてわあわあと親元に来るという仕組みになっています。
私たちはまるで、スターが出てくるのを待っているファンのように、プラカードを持って今か今かと待ちます。

謙のクラスは最後でした。そしてその後は着替えてトラックに乗ってビールを引っ掛けあいながら街をトラックで行進して卒業を祝うのです。別の学校へ行っている友人たちも一緒にトラックに乗ります。

その後、我が家にてパーティーをするのですが、先ほど片付けも終わって、今やっと座った感じです。
詳しいことは少し落ち着いてから写真なども交えて書きましょう。。。

とにかく疲れた!
先週と打って変わってすっかり冬に逆戻りのストックホルムでしたが、今週から降り続いた雨も何とか上がって、学校のそばに車を止めたときはすごい雨が降っていたので、びっくりしましたが、降りたころには小雨になって、バルコニーのほうへ行ったときはもうすっかり雨は上がっていました。でも寒くて寒くて、後でトラックに乗った謙やその友達は、冷え切ってビールでびっしょりになって帰ってきました。
お客様は50人くらい来ていたか。。。
沢山の方に祝っていただいて、本当に嬉しく思いました。
実は、私は昨日ヴァイオリンのコンサートがあったので、朝早くから夜9時ごろまでずっと仕事でした。帰ってからくたびれたまま、少し準備をして、今朝も早くから準備をしました。
何とか間に合いましたが、それはそれは大変なストレスでした。。。

もう、遅いし、すっかりくたびれてしまったので、今日はもうこれで休みます。おやすみなさい。
[PR]
by obreykov | 2009-06-06 07:57 | 子育て

2009.05.28 謙、運転免許おめでとう、イヴとニッキィもおめでとう

運転免許の実技は受かったものの、学科がまだだった謙が何とか合格しました。
謙ちゃん、おめでとう!
これで、子供の送り迎えも少しは楽になるかな。。。というよりも早速車を取って、すぐ近くのマルティンのところまで行ったようでした。。。
十分交通に気をつけて運転してください。(また、心配事がひとつ増えた。。。)

付け足しのようですが、イヴは水曜日の春のコンサートでイヴのヴァイオリンのアンサンブル「クラスローフィオール」がその業績をたたえられ、小さい奨学金としてコンサートのチケットをいただきました。

ニッキィはマルメに行っておりましたが、ストックホルムスケート協会の総会が同じく水曜日にあり、うちのクラブの代表がいけなかったので、ネディがクラブからトレーナーの代表として出席し、そのときニッキィに前シーズンの活躍に対して今年も引き続いて奨学金をいただきました。ネディが代わりにそれをいただいてきました。

おめでとう、みんな!
[PR]
by obreykov | 2009-06-01 21:42 | 子育て

2009.03.14 中学卒業おめでとう

今日は日本人補習学校の卒業式でした。
イヴが中学校を卒業したなんて!
謙のスーツを借りようと思ったら、イヴのほうが細身なのか、ぶかぶかしていたので、イヴは自分の黒いジーンズに謙のかなり素敵な背広を借りて、パパのバリーの靴を借りて、馬子にも衣装とはよく言ったもので、とても素敵な卒業生が出来上がりました。
昨晩、ネクタイの結び方も練習して家でわいわい騒いでいました。
壇上できちんと座って、その姿を見ていたら、とても感激して涙が出そうでした。それをこらえている私の苦虫を噛み潰したような顔を見て、イヴは自分が何か変な洋服の着方をしているのか、何か変な姿勢をしているのか、と気になっていたと言ったので後で笑いました。

子供たちが答辞を読んだときにはもう、涙があふれてしまいました。
楽しい思い出、苦しい思いで、いろいろなことが本当に走馬灯のように浮かんできました。

卒業式が終わって、一度は解散し、再び、中国人の経営するおすし屋さんにみんなで集まり、謝恩会をしました。
先生に会いに謙も彼女とピーターを連れて謝恩会に来ました。
こうして見ると謙も本当に大人になったと思いました。しっかり先生方とも感じよくお話ができ、安心しました。

イヴたちは分かれがたいのか、近所に住んでいるエリック君のお宅にみんなでお邪魔して、楽しく過ごして帰ってきました。

長い長い9年間良くがんばりました。
後はニッキィだけかア。。。と思うとなんだか本当に変な感じです。
[PR]
by obreykov | 2009-03-15 08:07 | 子育て

2009.02.21 謙、お誕生日おめでとう

たいてい謙の誕生日前後にスキーに行きますが、今年はちょうど謙の誕生日の日が出発の日でした。
謙ちゃん、お誕生日おめでとう!
出発のごちゃごちゃで、結局何もしてあげることができませんでしたが、その前の一週間はインフルエンザで39度の熱が続いていたので、元気になってくれて何よりでした。前日はピーターのところに友達が謙のために集まってくれてパーティーをしてくれたようです。
今年は家族水入らずのスキーです。いつもは友人家族が来ているか、あるいはネディか謙がいないか、のパターンでしたが、今回は友人もいないし、兄弟4人が勢ぞろいで、なんだかかえって変な感じがします。

さて、ミオちゃんにとってははじめてのクレッペン、車中では酔ってしまいましたが、後半は横になればよいことがわかったようで、寝ることはできなかったようでしたが、何とかリラックスできたようでした。

家も初めてなので、入り口でびっくりしたような顔をしてなかなか入ってこなかったのですが、そのうち慣れて、ソファにも自分の場所を見つけたようです。
[PR]
by obreykov | 2009-03-04 22:50 | 子育て

2004.10.18 イヴの水泳大会1位

今日はイヴがスイミングクラブの大会で、100メートル平泳ぎに出ました。
ニッキィがその後スケートのトレーニングがあるので、二人で応援に行きました。始めの75メートルはずっと2位だったので一生懸命応援をしたら最後のターンでなんと一番初めにターンをしました。1位の子は常にイヴを意識して横を見ながら泳いでいましたが、マイペースのイヴはマイペースのテンポで泳ぎ、きっと1位だった子は最後に疲れてしまったのでしょう。
最後の25メートルでイヴが1位になり、良かったね、ゆっくりサウナでも浴びて着替えていなさいと言って、ニッキィと私はスケート場に飛んでいきました。
いつもはカメラやビデオを持っていくのに、今日に限って忙しいし、もしかしたら、イヴの泳ぐところをみることも出来ないかもしれないと思って持っていきませんでした。
せっかく1位になったのに残念でした。
ただし種目別では果たして1位だったかはわからないので、後でインターネットでも調べましょう。

グッピーは今日はもう出産はしていないようです。何匹いるのかわかりません。数えてみようとするのですが、結構すばしっこく泳ぐので本当のところは何匹いるのかわかりませんが、少なくとも30匹は生まれたようです。

もともとこのグッピーはここにもよく登場する才女の娘さんのものだったのですが、始めは2匹頂いたということです。
それが子供を沢山産んで、こんなに沢山の家族になってしまったのです。
ところで、オスを何処からか買ってこないとその内奇形児が生まれるのではないかと心配しています。

日本で父が鈴虫を飼っていました。毎年卵を産んで、春になると小さい鈴虫が沢山かえって私たちを楽しませてくれました。
そのうち何年かすると手足の無い者やら奇形児が生まれるようになって、確か、他の鈴虫を飼っていたご家族と半分くらい交換をした記憶があります。

グッピーを飼おうと思って魚屋さんに行ったのですが、あまりのグッピーの種類の多さにびっくりしました。種類が違ってもグッピーなら結婚できるのでしょうか?
[PR]
by obreykov | 2004-10-19 04:28 | 子育て