<   2004年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2004.05.31 先に親離れした娘と子離れできない親

日本へ行くチケットの予約を入れ、帰りに東京で1泊して東京ドームを見に行って留学中の娘にも会おうという計画を立てて、娘に連絡を入れるとカンカンになって怒ったメールが入りました。
自分は日本へ遊びに行っているのではなく留学しているのに、勝手に東京に来て邪魔をしないくれという所なのです。
東京の予約が取れた時点で、実は私も一瞬、果たしてこれで良かったかなと迷ったのでした。何故かというと、あれだけ自分が日本にいる間に日本へ来てくれるなと言っていた娘が本当に喜ぶか、また私たちが帰った後、急に淋しくならないか、とも思ったのでした。
それは私が、今まで日本とスウェーデンの間で、何度も別れを経験し、去っていく側の別れと去られていく側の別れではその悲しみと寂しさの大きさが全く違っていることを実感しているからです。
でも娘はもっと深い所で、私たちの来訪を歓迎していなかったのです。つまり、娘のほうがこの3ヶ月でよほど早く親離れが出来、親のほうが子離れができなくて、東京ドームのナイターを見にいくと言訳を付けながら実は娘の様子を垣間見に行きたい気持ちでいっぱいだったのです。

娘のメールを見て、あまりにしっかりした考えで日本へ留学した娘の本当の気持ちが分かり、安心するとともに軽率だった自分自身を深く反省しました。
東京へ行くに当たって、旅行会社の何十年来とお世話になっている方や、東京ドームのチケットの手配をお願いした私の叔父や、父や母、そして何よりも留学中の娘とそのお世話になっている御家族のかた、周りの人々を台風の目に巻き込んでしまいました。
でも、早速、旅行会社に連絡を取り、熊本へ関空経由で直行し、そのままストックホルムへ直行して戻るというようにチケットの予約を取り直してもらいました。

そんなこんなで、日本へは行くものの、今回も私の街、東京訪問はなし、九州のみの日本行となりました。

娘が留学するに当たって、あまり連絡を密に取らないように、などの指導はあったのですが、他の留学生の御家族から子供がどうしたの、ああしたの、日本へ訪ねるだの、お宅は行かないの?などと言われたりするとなんだか不安になってしまい、日本に行くのに東京に寄らないのは異常かなとも思うようになったのも事実でした。また、極力連絡はしないようにしていたものの、やはり様子が知りたいのがはじめての子供を手放す親の気持ちで、たまにメールが入るとすぐに返事を沢山だしてしまって、これではメールの書きすぎかなと思う時もありました。
私が大学時代や卒業してから、1ヶ月、2ヶ月という短期間ではあったけれど、ブルガリアに留学した時はメールなどなかったから、手紙を送るか、留学中に1度か2度、電話局に行ってうちに無事を知らせた程度でした。
一人娘の私を親戚も誰もいないブルガリアへ行かせてくれた親の心配やら今になって良く分かります。
これは、留学している本人の自立とともに、親が子離れをするための試練でもあるとつくづく思いました。

どうしてもはじめての子供は親にとっても何事も始めてなので、手探り状態です。二人目からはあの時こうだったから、ああしたほうがよい、などと様子が分かり少し気楽にもなるのですが、そんな意味では長女にはかまいすぎ、心配しすぎ、ストックホルムの街へも弟に連れていってもらうような娘に育ててしまいました。その子が東京という大都会で、毎日山の手線に乗って学校へ通っているのかと思うだけで本当に信じられないくらいです。
言葉だけでなく色々な意味で勉強になる1年だと思います。

さて、こちらはというと、先週から、自分流の漢方療法というか、生姜のすりおろしたものを入れた紅茶に蜂蜜を入れたり、オレンジを水がわりに飲んだりしつつ風邪を引いていた身体をだましだまし過ごしていたのですが、今回は私流の漢方(?)も念力もこの風邪には負けました。週末にはいよいよ自分を支えていられないくらいになってしまい、とうとう子供にピザ屋さんでピザを買ってきてもらい夕食にするほどになりました。こんな時日本だったら、たぬきうどんでもとって過ごせるのに、と思いました。
翌日は何とかお弁当を作り子供を日本人補習学校へ送っていきそのまま1週間留守をしていたパパを迎えに空港まで行ったのですが、どのように運転していったかわからないくらいです。空港ですぐに運転を代わってもらい、家に着いたらベットにパタンキューでした。
久々の辛さで、ろくにしゃべることさえ出来ないくらいでした。
そして今日は何とかこうして起きてPCの前にも座ることが出来るようになりました。
[PR]
by obreykov | 2004-05-31 21:48

2004.05.24 日本へ行きます。

土曜日の午後熱っぽくてスイミングを休んだイヴの風邪がうつったのかなんだか夕方になって熱っぽいような、身体が痛いような、嫌なムードになったので、ミミチャンの散歩は謙に頼んで、慌てて漢方薬のような私流のものを飲んで風邪対策をしました。
謙がどうしても一人でも日本に行きたいと言っており、一時は一人でいかせようかなとも思ったのですが、春休みにスウェーデン人の友達とブルガリアにはじめて二人で行ったため、弟たちが黙っていません。弟たちもいくとなると私も行かなくてはならないので、どうしようかと思っていました。ブルガリアの親戚も子供たちを待っているのですが、今は家の改装工事をしたりしているため、私たちがいないほうがかえってはかどるかもしれないし、旦那と親戚の人が我が家のために必死になって改装工事をしている時、外国人の私は何も手伝えなくてかえって居心地の悪い気もするので、思い切って日本へ行くことにしました。
謙はどうしても東京に行きたかったのですが、なんせ人数の多い我が家では、東京滞在となるとぐっと値段も高くなってしまうため、いつも世話になっている旅行会社のかたの知恵もお借りして、24時間以内の東京滞在はチケットの料金も変らないというので、ぎりぎりの線で東京に1泊する事にしました。その夜は子供たちの夢である東京ドームでのナイターを見ることにして、私の叔父にチケットを取ってもらうよう頼みました。
いつものように叔父やら叔母やら親戚の人たちや周りの人々を振り回して嵐のごとく日本へ行きます。
まだ、ネディには伝えておりません。この日記を読んだら、分かってしまうけれど、彼女は私たちに日本に来てもらいたくなかったので、びっくりするだろうなあと思っています。別にネディに会いに行くわけではないし、東京と熊本ではものすごく離れているのだからと言ってもせっかく一人で留学している所なのに、同じ国に私たちがいるというのが嫌なようです。
こちらに住んでいたころはろくにストックホルムも一人で歩けないような箱入り娘だったのに、と思うと頼もしいような...
今日は久しぶりにネディの日本人補習学校時代の友達のお母さんと電話で話していて、そのかたもネディちゃんが東京のような大都会でどんな生活をしているのか想像もつかないわね、と言っておられました。

吉田兄弟の影響で津軽三味線に興味を持った子供たちですが、特に謙が三味線を習いたくて今度日本に行ったら習えないかといろいろ調べて、熊本の楽器店の音楽教室に三味線教室を見つけ、早速メールをしてみると親切にも普通は1ヶ月の短期の生徒は取らないけれど特別にレッスンを受けさせてくれるという返事を頂き、それはそれは幸せのようです。
吉田兄弟のビデオなどを見ながら真似をしています。

今日は一番小さいニッキィがスイミングの大会に出てきました。25メートルの平泳ぎで、コースでは2位になりましたが総合では9位になってしまいました。この前の大会では背の高い子があまり出場しなかったので総合でも1位になって大喜びしたのですが、いつも上位に入れるとは限らないということを学ぶにもよかったかなと思います。
謙とニッキィは結構負けず嫌いの所があるようで、フィギュアスケートをしているニッキィに夏の特別練習に申し込むかきくと、大変だから嫌だけど上手になりたいから行く、なんて言っています。
4人子供がいると同じ親から生まれて同じ環境で育っているにもかかわらず、それぞれ性格も何もかも違っているので、なかなか面白いです。

それでは風邪がひどくならないうちにそろそろ寝るとします。
[PR]
by obreykov | 2004-05-25 05:41

本日より日記開始

スウェーデンに住む6人家族のお母さんの日記です。
3日坊主にならないように時間のある時に少しづつ書いていきましょう。
大黒柱のパパはブルガリア人、ここのお母さんをしている私は日本人です。
我が家を知っている人ももしかして、知らない人もこれを見てくださるかもしれないので、簡単な紹介をしましょう。

子供は16歳の長女のネディ、14歳の長男の謙、10歳の次男のイヴ、8歳の三男のニッキィ、そして7歳のゴールデンのメス、ミミからなる家族で、熊本に住むおじいさんとおばあさんも1年のうち3ヶ月はここに来ているので、6人、ないし8人と1匹の家族構成となっています。
ところがおじいさんとおばあさんは今は日本ですし、長女のネディは10ヶ月東京の女子校に留学中で、パパは仕事でブルガリアに1週間行っており随分人数が少なくなっております。でも私は兄弟がいなかったので、ここにお嫁にくる前は父母との3人家族だったのだとおもうと不思議な気がしてきます。

この日記を付ける気持ちになったのは日本のおじいさんおばあさん、そして長女がこちらの様子をメールだけでなく知ることが出来れば、と思って思いついたのです。そしてそもそもこのような事をしようと思ったのは、娘と同じように神戸の男子校に通うスウェーデンの青年の日本滞在日記(スウェーデン語)をよんでヒントを得たのでした。

さて、スケートボードを友達としに行って遊びほうけていた長男がお腹すかせて、食べようと言っているのでこのへんで今日の日記はおしまいにしましょう。今日の献立はパパも留守なので、電子レンジで作った手抜き炊き込み御飯です。

ではまた!
[PR]
by obreykov | 2004-05-24 03:44