「ほっ」と。キャンペーン

<   2004年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

2004.07.24 頓写会

先日は養鱒場の料理店で美味しい鱒料理をいただきました。すばらしい日本庭園と美味しいお料理でみんな大満足で帰ってきました。


さて、こちら熊本は昨晩、加藤清正が建てた本妙寺というお寺で、頓写会という夏祭りがありました。
これは清正の一周忌にあたる慶弔17年(1612年)法華経一部の六万九千三百八十四文字を書き写して奉納したのが始まりだそうです。
私の長男も白い5つの石に1文字づつ妙法蓮華経と書いて奉納してお守りをいただいてきました。
2年前に来た時も汗が頭から足の先まで流れるくらい暑い日でしたが、今年も負けずに暑い夜でした。
でも、日本の夏祭りらしく屋台もたくさん出て、2年前に友達になった子供たちとも沢山会えて、うちの子供達は大喜び、また300段の階段を上がったところにある清正公の銅像のところから眺める熊本の夜景はなんとも美しいものでした。

今日は、朝一番に阪神でパートへ行って、友の会の会員のための特別セールというので、牛革の親子バック(バックとセカンドバックのセットになっているもの)3150円なりをゲットしました! ラッキー!

日本は高級なものは物凄く高級で値段も高級ですが、上手に買い物をすると300円の洋服が買えたり、よい品が物凄く安値で買えたりするので、ショッピングも楽しいです。
[PR]
by obreykov | 2004-07-24 18:21

2004.07.22 ひと休み

毎日猛暑の中出かけている私達ですが、今日はちょっとひと休みで子供達も宿題したり、今はゲームキューブなるものに熱中しています。
このごろの猛暑は物凄いようで、東京はこの暑い熊本よりも暑かったようで、みんなとけてしまっているのではないかと心配しています。
朝は少し曇っていたようでしたが、(といっても湿度はたっぷり)今はしっかり太陽も元気で、せみも暑さを増す鳴き方をしています。

昨日はスパイダーマン2を見に行きました。
どうせしたの二人は日本語も難しくて全部理解出来ないだろうからと英語版をみましたが、日本語の字幕を読めるというのは本当に嬉しいものでした。
スパイダーマンも正体がばれてしまいましたが、かっこよかったああ。
スーパーマンやターザンやスパイダーマンって、なんだかかっこよくて夢があるのですよね。
しっかり私の4人の子供も私の血を引いて、このような映画が大好きなようです。

映画のあとは軽くロッテリアで腹ごしらえをして、謙の津軽三味線のレッスンに行きました。食べ終わらない弟達に百円ずつ渡して、教室の待合室に来てヤクルトを飲みながら待って居る様にいい、一足先にレッスンに行きました。
この日は謙も自分の楽器でレッスンを受けました。
(持って帰れるかが問題でしたが、飛行機にスーツケースと同じように預けて持ち帰る事が出来る事がわかったので、なんと津軽三味線を私のへそくりで購入したのでした。)
弦楽器を弾いているのでか、先生も感がよいので、普通1ヶ月でやる事を一度にやっているとおっしゃって下さり、づっと続けられないのが残念です。
独学が出来るように、楽譜とカセットも購入し、東京で高校生生活をしている娘がもともとやりたいといっていた津軽三味線だったので、彼女のためにも指すりなどを購入しました。

今日は近くの鱒の養魚場の料理店に行きます。
もう蛍はいないけれど、鯉にえさをあげる事は出来るかな。。。
[PR]
by obreykov | 2004-07-22 16:40

2004.07.19 海水浴のあと

17日には子供達は私の従姉妹の息子とそのGFに海水浴に連れて行ってもらいました。朝8時出発で天草のほうへ行ったようです。
東京育ちの私は太平洋の海しか知らないので、有明海の海はどのようだったのかとおもっていましたが、子供達は大変満足で帰ってきました。でも1日で急に焼いたので、体中が痛くて痛くて大変です。
私達はほとんど毎年ブルガリアの黒海で海水浴をしますが、そこは遠浅で波もあまり高くなる事がなく子供連れの海水浴には最適のところだと思います。
2週間くらい行くので、いつも第1日目はほんの1、2時間ほど、それも夕方の太陽のやわらかくなった時に海水浴をしてその次の日は朝早く、徐々に焼いていくように気をつけているのですが、1日の予定で行った彼らはめいっぱい海水浴を楽しんできて、その付けが今頃来ています。
昨日は洋服の着替えも痛くて痛くて泣き泣きやっておりました。
夜、とてもぬるいほとんど水のようなお風呂をしてもらうととても気持ちがよいらしく泣いていた1番したの息子も ああ、気持ちよい、といっていました。
ゆっくり映画にでも連れて行こうかと思っていたのですが、あまりの痛さに昨日は1日うちでゆっくりしていました。
従姉妹の息子が海岸でバーベキューをしてくれたり、たぶん大学時代のラグビー部のころに世話になっていたらしい海の家でシャワーをさせてもらったり、帰りには回転寿司で食べさせてもらったり、私とはとても出来ない体験をしてきたようで本当に感謝感激でした。
使い捨てのカメラを持たせたので、出来上がってくる写真が楽しみです。
[PR]
by obreykov | 2004-07-19 11:49

2004.07.15 お盆

今日はお盆で母は朝から煮物などに大忙しをしています。昨晩はお供えのお団子をおいしくいただきました。
熊本に着いた当時はまだせみの鳴き声が聞こえていませんでしたが、今はせみの大合唱です。これで暑さも100倍と言う感じです。
私が住んでいた東京ではみーんみーんとミンミンゼミがよくないていましたが、熊本のせみの合唱は迫力あります。
先日、謙が友達と野球をしにいったので、弟達を連れて柿原公園に虫取りに行こうとしていた時、庭先にまだせみになっていない幼虫がごそごそと動いて木に登り始めるところに遭遇しました。私でさえ始めてみるせみの幼虫で、子供達は大喜びでした。でもなかなかせみにはならない様子なので、あきらめて公園に行きました。
このせみは翌日朝、もうせみになって飛び立っていったらしく抜け殻だけがありました。

日曜日には、私の従姉妹夫婦がやっている居酒屋“村祭り”に行きました。ここで従兄弟の息子たちとも合流しました。美味しく楽しいひと時でしたがあまりに繁盛しているため、従姉妹とはろくに話す事も出来ず、あとで電話でいろいろ話したものでした。
子供達はそのあと従兄弟の家へゲームをしに行き私一人で帰宅しました。

ゲームをしたりマンガを呼んで居る謙に父が中学生にもなってそんな事に熱中して、日本の中学生はもっと勉強しているぞ、と言っていたので少し居心地悪くなっていたようですが、大学生のお兄さん達もゲームをしたりマンガを読んでいることを知って、ほっとしたようです。

火曜日に2年前体験入学をさせていただいた花園小学校にご挨拶に行きました。校長先生やお世話になった先生にもお目にかかることが出来、また友達達も休み時間に早速会いに来てくれたり、懐かしいひと時でした。
謙は当時6年生だったので、友達はもう学校にいませんでしたが、ニッキィはちょうど虫取りに幾3年生のクラスに飛び入りで一緒に虫取りに連れて行ってもらいました。
帰ってくるともうすっかり暮らすの一員で頭にトンボがくっついていました。

ブルガリアのパパに電話をするとちょうど物凄い雨が降り出したので少しは涼しくなるだろうといっていましたが、なんと35度もあってブルガリアもかなり暑い毎日のようです。とは言ってもブルガリアは日本ほど湿気が無いので、温度が高くてもそれほどつらくはありません。
みんなに暑いでしょ、といわれますが、日本は暑いと覚悟してきたので、そんなに大変ではありません。
むしろ1年に1度は暑い思いをしたほうが人間にはよいと思います。
ただ、何処に行っても冷房が良くきいているので、外との温度差が激しく身体がついていかない感じです。
もともと冷房の嫌いな私にはちょっとつらい感じです。
[PR]
by obreykov | 2004-07-15 09:16

2004.07.08 津軽三味線

昨日の七夕さまは雨が降ると言う事でしたが何とか雨も降らずに織姫様と彦星様さまは何とか再会が出来た事と思います。

謙が始めての津軽三味線のレッスンを受けに行きました。
弦楽器を弾いているせいか、カンがよいみたいで普通は1ヶ月くらいかかって教わる事を1回のレッスンで教えていただいたようです。
私もレッスン室に入れていただき先生の説明などをきいておりました。なかなか難しそうですが、先生のご指導も良く、結構それらしい音などが出ていて謙も満足していたようです。

そのあとは二人でネディがエビフライ好きだったなあ、と思いながらエビフライと天丼を食べて、吉田兄弟の津軽三味線のコンサートへ向かいました。
母が前から2番目の真ん中のとても良い席を買ってくれたので、二人の表情から息づかいまで良く伝わってくる感じでした。
ビデオなどで知ってはいましたが、とにかく物凄いの一言です。
太鼓やパーカッションなどと合わせる現代的な音楽とも良くあうし、又最後のアンコールで聴かせてくださった生の津軽じょんがら節もなかなかすばらしいものでした。

謙のレッスンのあとだっただけに、先生のおっしゃった事が良く分かり、何も分からず、ただコンサートを聴いて凄いな、と思うだけでなく、あ、これがあの時先生のおっしゃっていたあれだ、などと思いながら聴くのは楽しみも数倍多いものでした。

今日は東京のネディから思いがけず手紙が届いて、大変な女学生生活を一生懸命している様子が良く分かり、また、日本の生活にもどんどん慣れている様子も感じられ、涙が出るほど嬉しく思いました。
私たちも昨日、ネディやホームステイのご家族にスウェーデンのチョコレートや手紙などを送ったところでした。
ネディが本当に頑張って勉強に部活に頑張っているので、今日は弟達も日本人学校の宿題などをさせて、少しは頑張ってみました。
[PR]
by obreykov | 2004-07-08 20:07

2004.07.05 ネディの青カエル

今日はみんなで銀行へ行きました。そのとき車のトランクからネディの青カエルといっていた昔々から父と母の庭に住んでいるかわいいカエルが出てきたのでそのままよそで逃がしては迷子になるので、車に乗せたまま家に戻ってから逃がしました。
このカエルは本当に緑色の小さくてかわいいカエルでネディが小さいころから大好きでここに来るたびにカエルはまだ居るかしらと庭を探し回っていたネディの友達です。
ネディが熊本に居ないので不思議がって車にも乗ってきたのかもしれません。

ネディは無駄遣いを決してしない子なので、パパと祖父からお小遣いを送金しておきました。弟達はお金があるとあるだけ使ってしまうので、計画を立てて買い物をしなさいといっていますが、洋服や靴などは自分の小遣い内の購入ではないようです。

イヴとチョキチョキハウスという美容院で1000円で髪を切ってもらいました。いまどき日本でも1000円でカットの出来るところがあるとは驚きでした。

夜は花火をして大喜びでした。一番うけたのはへび花火(私達が子供のころはウンコ花火といっていました。)でした。
スウェーデンでは大晦日と言うと花火が上がりますが、やっぱり花火は夏の暑い夜に限ると思いました。
[PR]
by obreykov | 2004-07-05 21:28

2004.07.04 300人突破!

とうとうこのサイトを見てくれた人が300人を突破しました!
日本へ留学している娘や日本に居る父と母が私達の様子を都合のよいときに見れるようにと始めたこの日記ですが、娘と父母とミミちゃんをめぐり合わせてくれた親友(勝手に私はそう思っている)にしか教えていなかったこのサイトですが、他のかたがたも時々覗いてくれたようです。有難うございます。

今日は私の祖父の命日なので本家に挨拶とお墓参りにいってきました。親戚の人々は子供達が大きくなったとびっくりしていました。

暑い暑いとはいってもそんなに大変なことはありません。私は日本に住んでいるころからあまり冷房が好きでなかったので、今日も冷房の入っていない畳の部屋で転寝をし、幸せを感じました。
子供達もたたみの部屋が大好きで、母が畳替えをしなくてはなんていっていたので、イヴが帰るときは捨てないでこの畳うちに頂戴などといっていました。

タイガースやサーカスのCDも買ったので母と懐かしく聴いています。
[PR]
by obreykov | 2004-07-04 21:30

2004.07.02 日本からこんにちわ。

とうとう日本にやってきました。長い道のりでしたが、パパが居なくても何とか無事に乗り継いで到着しました。
肌寒いストックホルムから出る時はちょっとヤッケが必要かと思ったのですが、こちらに来たらもわっと暑い空気で夏の日本に降りました。

始めはストックホルムから2時間半もかけてロンドンに行ったのですが、ロンドンからは再びストックホルムの上空を飛んでロシアの大地の上を通過して日本まで来たわけです。
こちらに着いてすぐストックホルムのパパと東京のネディに無事に着いたことを知らせました。ネディも喜んでくれて日本での楽しくも忙しい日本の学生生活なども話してくれました。元気そうなのが何よりでした。

翌日は子供達も疲れも見せずに朝早く起きて街に買物に行きたくて祖父と祖母をせかしました。
着たきりすずめで来たので、早速洋服などを買い求め、子供達はゲームボーイのソフトやら音楽CDやらたくさん買い込んで、くたくたにくたびれて家に戻りました。

今日も飽きずに街まで送ってもらい、とうとうヨーロッパで使える変圧器と言うものを注文して、ゲームキューブなるものとゲームボーイの何とかと言う機種を購入しました。これは3人で小遣いを出し合って買ったのですが、どのようにスウェーデンに持っていくのやら。。。
私は懐かしいハイファイセットと言うグループのCDを買いました。タイガースのCDも見つけたのでほしいな、と思いましたがとりあえず今日はこのくらいでショッピングもおしまいです。

そうそう、スケートボードをしている謙がぼろぼろのスケートボード用の靴をはいてきており、友達に言わせるとその靴ひもの切れているところと、靴の擦り切れているところがかっこいいのだそうですが、新しい靴がほしくて探していました。なかなかそのような靴を売っている店が見つからなかったところ、ちょうど上通りをたむろしていた四、五人のお兄さんがその靴をはいていたので謙は恥ずかしがって先に行ってしまいましたが、私がその靴は何処で買ったのですかとたずねました。
そのお兄さん達は私が買うのかと思って、えっ、おばちゃんが履いたらかっこいいよ、と言うので、私じゃなくて息子だと言いました。
そのお兄さん達は親切でその店までわざわざ連れて行ってくれました。
謙はスウェーデンよりかなり安いのでびっくりしておりましたが、これは消費税のために値段もずいぶん変わってくるのかなと思いました。
ちなみにスウェーデンの消費税は25%です。

お店の人もとても親切でいろいろなシールやら雑誌やらくれました。
家の子供も大満足、お店の人もたくさん買ったので満足でしょう。

そろそろおいしい夕食の時間です。
[PR]
by obreykov | 2004-07-02 19:36