<   2004年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧

2004.12.30 ネディからのプレゼント

今朝は、はやくから電話がかかってきて、日本から荷物が届いているので、届に来ますということでした。あ、ネディの荷物だ、と思って待っておりましたら、小さな荷物で、ネディ宛ではなく我が家宛でした。
早速開けてみると信じられないくらい可愛いキャンディーの箱の詰め合わせとウルトラマンのDVDとクリスマスカード、ネディの写真でした。
弟達は大喜びでした。送料の方が中身より高いような感じでしたが、ネディの気持ち、とても嬉しく思いました。

こちらは、毎日なんだか忙しくて、ゆっくりコンピューターの前に座っている暇がありません。
大掃除もしたいのですが、なかなかはかどりません。何をやっているのか、自分でもわからないのですが、別に怠けているわけでもなんでもないのに、どんどん時間だけがすぎていきます。
それでも、こちらでは大晦日に友達などと一緒に過ごして12時の新年を迎えるので、我が家でも例年通り、友人をおよびしています。
今年はいつも一緒のごく親しい、友人御家族が不幸があって奥様の国アメリカに行っていらっしゃるので、少し様子が違っています。その代わり父と母が来ているので、元旦にはお雑煮を作ってもらうことになっており、楽しみです。

今年の大晦日には、いつもスキーに一緒に行く友人たちが来ることになっています。ネディと同じ年の男の子もいるので、うちの子達は喜んでいます。

私は、今日のうちにできる料理などをして過ごしました。
我が家はいつもちょっとブルガリア風の大晦日です。今朝は、デザートのバクラヴァと言う物凄い甘い胡桃のパイのシロップ漬けを作りました。
3年程前から、ブルガリアの義姉に電話をしなくてもなんとかできるようになりました。
そのシロップの具合がとても微妙で難しいのです。
ここに住んでいるブルガリア人の友人数名からも電話をもらってコツを日本人の私が訊かれました。私が義姉の秘伝のバクラヴァを上手に作るのを皆が知っているのです!!!
今年もなんとか上手に出来上がりました。

前菜に、クリスマスにも頂いたグラーヴァド ラックスと言うサーモンがうちの子供も父も好きなので、今日購入してきました。
また、葡萄の葉で包んだサルミチキというブルガリア料理も先ほど作りました。
これは、炒めたみじん切りの玉葱、ひき肉、パセリ、お米、香辛料(パプリカ、コショー、等)などを塩漬けの葡萄の葉で包んで鍋にきちんと並べていって、煮たものです。

メインには、鮭の丸焼きにしようと思っていたのですが、謙が肉が良いと言い張るので、牛ヒレを丸焼きして、Cafe de Paris というソースで頂くつもりです。
付け合せにはグリーンアスパラをうすーいスモークハムで包んだものと、ポテトを3分の2まで薄くスライスしたものをバターと物凄く小さいパン粉をのせてオーブンで焼いたもの、ラディッシュで作ったネズミさん、などです。

デザートにはプリンを作りました。今回のは、ちょっと豪華に牛乳だけでなく生クリームも入れて作ってみました。先ほどどうしても下の二人が食べたいというので、特別にあげ、私も味見させてもらったら、こってりとして、モロゾフのプリンっぽく出来ていました。

12時の時報とともにシャンペンを開け、先ほどのバクラヴァを頂く予定です。
そして最後にはおみくじの入ったバーニッツァというブルガリアの白いチーズのパイを食べる予定です。
これは明日焼くのですが、おみくじを13個用意しました。あと3つコインを用意する予定です。
ネディもこのバーニッツァを作りたいらしくメールで、日本で材料がそろうかと訊いてきました。
日本で旦那様が作ってくれたときは確かパイシートを使ったので、そのように教えました。中にはカッテージチーズに塩で味をつけ、卵を溶きいれるように教えましたが、どうなるでしょう。
ブルガリアではこのおみくじやコイン入りのバーニッツァやおみくじやコイン入りのパンを良く作ります。子供達はこれが楽しみで、食の細い子もなんとか食べてくれるというわけです。
おみくじには、幸福、健康、長寿、新車、成功、等等書きました。これをパイの中に入れて焼くのです。

さて、最後になりましたが、世界では大変な災害がおきています。スウェーデンからクリスマス休みを利用してあちらの方に行っていた方も随分あり、私の周りでも近所の人の親戚やら、ひどい目に会ったようです。幸い私の知人の関係ある人々は怪我がひどかったりしながらも命は助かったようで、何よりですが、たくさんの方の命がなくなって、心から御冥福をお祈りしたいと思います。
本当に災害、いやな事件などの多い年でした。
来年は少しでも良い年となりますように心からお祈りしています。
[PR]
by obreykov | 2004-12-31 08:57

2004.12.25 メリークリスマス

昨日はクリスマスイヴでした。スウェーデンではクリスマスは家族やより近い親戚とすごすため、普段は親戚のいない我が家と奥さんがアメリカ人、御主人がブルガリア人の家庭と一緒に過ごしているのですが、今年は奥様のお父さんが亡くなったので、御一家はアメリカに行ってしまいました。
でも、我が家では日本から私の両親が来ているので、楽しいクリスマスを過ごすことが出来ました。
スウェーデンのグラーヴァドラックスと言うサーモンとクリスマスにはつき物のハム、ニシンのマスタード漬けなどを前菜にメインは七面鳥の丸焼きでした。
その後は、楽しいサンタクロースがやってきます。子供達が大きくなったので、もう、私たちがサンタクロースに化ける必要はありません。今年はニッキィがサンタの帽子をかぶってクリスマスツリーの下においてあるプレゼントを配りました。
それぞれ、欲しかったものをサンタクロースが届けてくれたようです。
子供が大きくなるにつれて、サンタクロースも大変です。

今日は日本のビデオを見たりしてボーっと過ごしました。こんなにボーっと過ごしたのは何日ぶりでしょうか!
私は昨日は治りかけていた風邪がひどくなって、かなり咳やらひどかったのですが、今日は随分楽になりました。でも、教会へはパパとイヴとニッキィと父が行きました。風邪をひいている謙もなんと1時まで寝ていました。
謙も随分風邪の具合が良くなったようです。
今日はネディとチャットをしていたので、私も少し割り込みました。
ネディの日本滞在もあと2週間ほどとなってしまいました。残り少ない日本の毎日が充実しますように。
[PR]
by obreykov | 2004-12-26 07:25

2004.12.22 あっという間にもうすぐクリスマス

a0022183_645829.gif

大忙しの毎日でほとんど日記をつけたり、メールを書いたりする時間がありませんでした。
コンピューターの前にはかなり長いこと座っていたのですが、クリスマスと新年のカード作りに追われて、プリンターもフル回転で日記やらインターネットどころではありませんでした。
でも、ほとんど寝る時間もなく、頑張った甲斐があって、なんとかカードも日本語版、スウェーデン語版、ブルガリア語版を作り、今日は最後に残してしまった英語版をプリントして送りました。クリスマスには届かないけれど、送らないよりはまだましかな、と自分を慰めています。
今年はネディもいないし、ドイツ語版はなし、英語で我慢してもらうことにしました。
それにしてもうちの年賀状書きは量が半端ではないので、大変です。プリンターのインクも三回取り替え、写真も入れているため、一枚のプリント時間が長くて夜中もプリントしつつうたた寝したりして頑張りました!

さて、今日はネディから久々の長いメールが来ました。なんと、和泉元彌の狂言を学校の友達ともう一度観に行ったようで、その感激振りが沢山綴られていました。
狂言の後ももう一度本人と会えたようで、ネディのことも覚えていてくれたそうで、それはそれは感激だったようです。
a0022183_732944.jpg

私はネディが日本でお金ではとても買えない良い体験を沢山してくれたことがなんとも嬉しいと思います。良い学校に通わせて頂き、とても良い御家族にめぐり会い、本当に大事に面倒を見ていただいていること、また、スウェーデンではとても体験できないことを沢山体験して、本当に充実した日本の留学だったと思います。
あと少しで帰国の日がやってきますが、それまで健康で過ごして欲しいと思っています。

クリスマスカード作りで忙しい毎日の中、私の仕事も今週で仕事納めが出来、小さなコンサートもしましたが、思ったより大成功で私も同僚も大満足でした。
子供達も小さな風邪をひきつつもなんとか元気に学校に通え、昨日はイヴが終業の日で、今日は謙とニッキィが終業の日でした。
謙は八年生(中学2年生)のため、初めての成績表を持ってきました。
こちらは優良可の三段階評価です。(不可というのも入れたら4段階という事になるのでしょうか?)
数学、音楽、理科系以外は良で、フランス語は可だったので、なーによ、優は3つしかないの、つい言ってしまったら、8年生では良い成績はつけないと先生がおっしゃったと言って、誰も優を数学などでもらっていないと言って怒って部屋に入ってしまいました。
ネディの8年生のころの成績を見てみたら、確かに同じような成績をもらっており、だんだん良くなって9年生で優になっていたのでした。謙もそうなってくれるとよいけれど。。。
どうして素直に数学やら理科の優をほめてあげなかったのだろう、とあとで後悔。。。

そんな謙も今日は風邪にやられてしまったようで、夕方から寝ていました。今起きてきて生姜あめ湯を飲んでいます。ひどくならなければよいけれど。

ニッキィたちのアイスショーの写真が載っているページを紹介します。 http://www.skatesweden.se/bilder/Bildgalleri_SM2004_G5B.html#Olles%20Skidfard
リンクの方法がわからないので、ご覧になりたい方は上記をコピーしてアドレスに貼り付けてこのページを開けてください。
[PR]
by obreykov | 2004-12-23 07:30

2002.12.12 SM "Olles skidfaerd"

ニッキィの入場
a0022183_714067.jpg

a0022183_7183815.jpg

観客
a0022183_72528.jpg

[PR]
by obreykov | 2004-12-13 07:25

2004.12.12 フィギュアスケート スウェーデン全国大会

a0022183_553451.gif今朝は6時に家を出発、7時30分にニーショーピングという街のスケート場に到着しました。
8時からニッキィたちはフィギュアスケート スウェーデン全国大会の最終日のエキシビションでのアイスショーに出場するため、最後の練習があったのです。
控え室は父兄立ち入り禁止だったので、私のほうが不安でしたが、金曜日にペールたちと競技を観にいってスケート場にも慣れていたし、プロジェクトで一緒の人たちも沢山いたので、なんとかなったようです。

その後は、カフェで軽食を取り、ニッキィとペールとイヴ、謙とで、スケート場にあるボーリング場で少し遊びました。イヴはボーリングを習っていますが、私はあまり練習を見たことがありません。結構上手になっていてびっくりしました。習っているだけあってフォームが良いのです。
謙はいつもどおり、なにやらせても上手な謙です。
ニッキィとペールはガーターにならないように溝に壁を作ってもらうようにして、壁に当たりながらボールが転がっていきました。

チームのフィギュア、シンクロナイズというのでしょうか、その競技もやっていたので、観たりしました。
また、ボーリング場のレストランで皆で食事をし、残りの競技と表彰式を見ました。
ストックホルム勢もなかなか良く出来たようで、ニッキィたちの知っている、エーリックが3位、また15歳の部でプロシェンコに似ているアントンが2位、ミカエルが3位、などが入って余計楽しかったです。

さて、ニッキィの出るアイスショー。スウェーデンの童話のオッレのスキー冒険(とでも訳すのでしょうか?)の始まりです。

まず、音楽が鳴り出すとニッキィが縄跳びを持って登場します。
スケートを履いたまま、縄跳びをしている時にお父さんとお母さんも登場して、縄跳び遊びがつまらなくなって雪をお父さんとお母さんに投げてしかられる場面から始まります。
そのうち、ニッキィのお兄さんのオッレが出てきて、ニッキィを慰め、ニッキィとオッレのそれぞれのソロの滑りが2回づつあります。
沢山の拍手や歓声があがり、私のほうがどきどきしてしまいました。
そのうちオッレと弟のニッキィはお父さんとお母さんにスキーやボールのプレゼントをもらい、オッレが森にスキーをしに行き、色々な動物や雪の精などに出会います。

ペアのスケートのときは、ニッキィやペールたち何人かのいたずら子供達が時々登場します。雪合戦したり、汽車ごっこをしたり、とても可愛い様子が出ていました。

大きな選手達が動物や雪の精や、いろいろなものになって素敵な演技を披露していました。
ネディがいなくて残念でした。
ネディのスケート仲間もわざわざ見に来てくれました。ニッキィとペールのグループの友達も見に来てくれました。それなのにネディがいなかったのは本当に残念でした。

ニッキィは疲れているでしょうに、興奮しているのかなかなか寝ようとしません。
明日はルシア祭です。私は木曜日の仕事場に朝早く行ってルシア祭の伴奏をします。
その後はいつものところで小コンサート。夜はニッキィの学校でルシア祭なので、祖父母も連れて行ってこようと思っています。
[PR]
by obreykov | 2004-12-13 06:26

2004.12.09 父母無事スウェーデン到着、ああ忙しい忙しい

忙しくてゆっくりコンピューターの前に座る時間がありませんが、昨晩、はるばる熊本から父と母が到着しました。長旅ご苦労様でした。
私も日本へ行くと物凄くくたびれますが、年取ったといいつつもこうして二人で元気にやってこられるのは最高の幸せだと思います。
こちらが寒い寒いと思って、たっくさん着てきたら、汗びっしょりになってしまったと言っていました。そうです。日本と違って外は寒くても家の中は23,4度くらいでTシャツ一枚でも快適な室温になっています。
私も日本に住んでいたころは寒くて靴下を履いて寝たり、毛布を腰の周りに巻いて勉強したりしていましたっけ。

皆さまにもすっかりご心配をかけてしまいましたが、沢山の友人から励ましのコメントやメールを頂き、私一人ではない、皆が一緒に心配して励ましてくれると思うとなんとも嬉しくて今度は嬉し涙が出てくる感じです。
本当に有難うございました。
その内、笑い話になることを祈りつつ、まだ完全には立ち直っていない私ですが、父と母も来たおかげで、おしゃべりしたり笑ったりできるようになりました。

ちょっと忙しすぎてストレスもたまって、何をしても何を見てもいちいち頭にきすぎていたのかもしれません。
明日はニッキィとペールとペールのお母さんと4人でフィギュアのSM(スウェーデン全国大会)を観にいくことにしています。
ペールのお母さんはスコンスカという方言を話すので、すぐに影響される私は、うちに帰るころはスコンスカっぽい訛りになっているかもしれません。ネディがいたらうけるだろうな。
ネディもスコーネの友人がいて、影響されて時々訛っていました。
幸い明日は仕事がたまたま休みです!

今晩はニッキィのスケートの後、二人で慌ててニッキィの学校のクリスマスバザーに行きました。なんとニッキィが作った小さい天使のクリスマスツリー用の飾り物を30クローネも出して買ってきました。またニッキィの作ったクリスマスの絵の付いた植木蜂も20クローネで買い、可愛い豚のついたマッチ箱、蜂蜜の香りの蜂の巣の模様のロウソク2本セットも2セット買いました。
久しぶり色々なお母さんとおしゃべりしながら自分の作ったブルーベリー入りのケーキ以外を買っていただきました。
オリーブ入りのイタリアのパンというのは少し塩気がきいていてなんとも美味しいものでした。
よくコメントをくださるアントンさんがパンを持って遊びにいらしたか、と思ってしまいました。
[PR]
by obreykov | 2004-12-10 07:18

2004.12.05 ニッキィの誕生日

a0022183_1184981.gif今日でニッキィが9歳になりました。いつまでたっても我が家では赤ちゃんのニッキィももう9歳かあ、としみじみ思いました。
ネディと祖父母からお祝いの電話がありました。本人とは少しだけ話しただけのようですが、その後、ネディは泉のごとく私といろいろ話しました。
日本語の検定試験もあったようで、漢字はどんなだったかわからないけれど、そのほかは何とかできたみたい、と言ってはいましたが、さて、どうなるでしょう。

せっかくの誕生日なのに、友達を呼んで誕生会をしてあげる気持ちのゆとりがまったくありません。本当にかわいそうだと思います。
でも、本人も忙しいので、まあ、仕方ないでしょう。

ニッキィの好きなグリーンのマジパンを伸ばしたものを貼り付けたケーキ、こちらではプリンセストルタというのですが、その私流を作りました。
そして、ネディが大好きだった、ヴェーテカッテンというストックホルムの古風な喫茶店のメレンゲのものすごい大きいのを4つ買ってきたので、ケーキの上にどかんとのせました。うちの子は4人ともメレンゲが大好きです。

せっかくのニッキィの誕生日なのに、私はいろいろなことに頭に来て心臓麻痺を起こすのではないかというくらい怒っていました。
最悪!

夕方は近所の教会で子供たちの出るアドヴェント コンサートがあり、静かなよい音楽を聴きながら、気持ちが落ち着いてきたところ、ちょうど謙とラーシュのチェロの2重奏の時、静かにではあるけれどしゃべっている人が近くにいて、またまた頭にきてしまいました。
子供と親がしゃぺっているのかと思ったら、あきれることに、大人二人でしゃべっているのです。

せっかくのニッキィの誕生日、まったく最悪の日。堪忍袋の尾が切れるというのはこういうことをいうのでしょうか。あまりに怒りすぎると悲しくなってきて、一人でぽろぽろないてしまいました。
家に一人のとき、ごく親しい友人と電話で話していたら、またまた悲しくなってしまい、泣けてきてしまい、ずいぶん心配をかけてしまいました。
コンサートの後、うちにいらっしゃい、と言ってもらったら、そのやさしさに、今度は泣けてきてしまいました。
今の私はどうかしている。
でも、いろいろなことを我慢に我慢を重ねてくるといつかぷつんと糸が切れたように自分でコントロールできなくなってしまうのです。
そうなってくると、他人がすること、言うこと何もかもいちいちカチンときて、最悪状態になってしまいます。
めったにこんなことにはならないのですが、本当に自分でコントロールできないような心の状態になったときって、どうしたらよいのでしょう。

ニッキィには本当にかわいそうなことをしてしまった感じです。ニッキィが私の状態を知っているとは思いませんが、何かが通じたのか、ケーキカットの時、きれいに切れないから切りたくない、という事からニッキィまでもが機嫌が悪くなってしまい、とうとうケーキだけを写真に写しました。
まあ、ニッキィのいつものパターンで、ケーキを食べているうちにすっかり機嫌は直って、謙と元気にミミちゃんの散歩に行きました。やれやれ。

最悪!グッピーもエーリンだけを残して、メスは死んでしまいました。
昨夜は死んだほうが、尾びれを広げ始め、元気になってきたと安心したのに。
赤ちゃんたちの水を替えたのですが、私が臆病になって、いつもどおりの水かえだったのに、心配で10匹は元の少し汚れた水に入れたままにしました。少し様子を見てから移そうと思います。
赤ちゃんまで全滅したら、GFs morの娘さんからその友達経由のめだかのようなグッピーの家系が途絶えてしまいます。

明日は子宮ガンの検査。憂鬱だわ。
[PR]
by obreykov | 2004-12-06 06:54

2004.12.04 グッピーのお葬式。。。

大変なのです。今朝、グッピーが3匹死んでいるのを発見しました。日本人学校だったので、残りのグッピーたちがどうなるか心配で出かけました。
学校のそばに魚屋さん(動物やさん)があるので、どうしたらよいか相談しようと入ると、友人の旦那さんが店長と仲良く話していました。彼もグッピーを買おうとしているので、グッピーのこと詳しい?と聞いて、色々相談しました。
すると、彼はたいていの魚の病気に効く薬を持っていて新しいグッピーを入れるときは予防のためにもその薬を1滴入れるので、たいてい大丈夫だと教えてくれました。
それで私も店長さんにも相談してその薬を買いました。
でも、家に戻るとまた2匹死んでいました。早速その薬を1滴たらして、私は出かけました。
夜戻ってみるとなんだか生き残っている4匹は元気を取り戻しているような感じがしないでもありません。
このまま、何とか持ちこたえてくれるといいのですが。。。
今、全く健在なのは37匹の稚魚、そしてヨーナスとケヴィンとニーモ、そして新顔の色のきれいなオス2匹、そしてブティルダとエーリンです。。。
あんなに元気だったのに、本当に可哀想なことをしてしまいました。
もっと慎重にメス3匹くらいと新顔を一緒にすればよかったと今ごろ後悔しても仕方ありません。ヨーナスたちを別にしておいたのがせめてもの救いです。

このところ殺人的な忙しさで気が狂う寸前でした。その上グッピーの病気と死亡でくたくたにくたびれてしまいました。
日本人学校に子供を送ってから、友人と古い素敵なパンとケーキの美味しい喫茶店に行って小さな贅沢をしてきました。
家に戻って子供を下ろしてから、私はそのまま音楽学校のアドヴェントコンサートの出演者に出す、サフラン入りの菓子パンとジュース、ペッパーカーカというクッキーなどを買いに行き、会場に届けました。
私は、とても忙しいので、注文だけは出来るけれど、誰か他の人が購入して届けて欲しいと頼んだのですが、だーれも返事をくれないか、留守をするから、とか何とか、色々言われたら、もういいわよ、私がするから、といつもの私のいやなくせが出てしまったのです。
自分で忙しくしているようなものですが、これがなんとも私の良いところというか、いやな性格というか、父譲りでどうも、私が居ないと地球がまわらないように思ってしまうのですよね。。。。
兎に角、そんなことをしていたら、ニッキィのストックホルムフィギュアスケート協会のプロジェクトでやるアイスショーのゲネプロに遅れそうになってしまいました。
しかも、極度の方向音痴。
旦那様がものすごーく高いカーナビで、電子手帳で使えるプログラムとレシーバーを買ってくれたのですが、あまりに急いでいてレシーバーの方を忘れてしまったので、何にもなりません。
そのスケート場はフィギュアでも何度か行ったし、ホッケーでも言ったことのある場所なのですが、いつも間違えたりするし、1箇所、難しいロータリーがあるので、非常に自信がなかったのです。考えすぎたため、余計なところで左折してしまい、いつまで行ってもロータリーにきません。この寒いのに窓を開けっ放して、片っ端から出会う人に尋ねて、ぐるぐる回っているうちパニック状態になってしまいました。
でも何とか到着。5分遅刻。

学生時代のピアノの試験でもそうでしたが、ちょっと自信ないな、と思ったら最後、必ず間違えるのです。普段は間違えないところでも。それが頭をちょこっとでもよぎっただけでだめです。車の運転も同じ。あれ、あそこ、どうなっていたっけ、なんてチラッとでも思ったら最後。
必ず間違えるのです。
驚きはカーナビ使っていても例の難しいロータリーでしっかり間違えて、そのまま行くとすぐ次を左折、とカーナビに言われてしまい、まさかそんなはずは無いとカーナビより方向音痴の自分を信じてしまい、最後にはカーナビに反対方向だから、直ちにUターンするように、なんて言われてしまいました。
うちに帰って歩く地図帳の旦那様に言うと、こんな高いカーナビを買ってあげたのに、カーナビの言うとおりに運転しないなら何でカーナビ使うのと大笑いされてしまいました。

ニッキィたちのアイスショーのことは今日は書くのを止めます。これは当日のお楽しみ。
ネディが見られないのは残念です。でも、バッチリ ビデオで撮っておきますからね。
いよいよ来週はSMスウェーデン全国大会です。
ニッキィのクラブからも2人も出ます。フレーフレー、ローロ、エリカ!!!
[PR]
by obreykov | 2004-12-05 07:46

2004.12.03 グッピーが大変!病気みたい!

本当に師走という文字に当てはまるほど、忙しくて忙しくて髪を振り乱して走り回っています。
でも、一つ一つ物事が片付いていくときの気もちよさったらありません。
昨日はひとつの大仕事、私たちの受け持っている学校のヴァイオリンのクラスのコンサートが終わりました。私は伴奏をするだけなので、それ自体は大変ではないのですが、別の学校においてあるヴァイオリンをかき集めたり、ヴァイオリンケースに一人一人生徒の名前をテープに書いて貼り付けたり、付随している仕事が大変でした。

それよりも、何よりも、大変なのは昨日からグッピーの様子がおかしいのです。
それというのも、メダカのようなグッピーしか産まれないし、ずーっと同じ家族内での結婚なので、血が濃くなりすぎるのもよくないかと思い、先週、謙と魚屋さんできれいな色のオスのグッピーを買ってきたのです。別の水槽に入れていたのですが、元気そうなので、今までいるケヴィンとヨーナスとニーモを別の水槽に移し、色のきれいな新しい2匹を月曜日にメスのいる水槽に移したのです。
すると4日目の昨日になって、グッピーが頭を左右に振りつつふらふらと忙しなく泳ぐでもなく、その場で頭を振っている感じです。
イヴが尾びれがしまっている、と言いました。そうです。扇のように開いていた尾びれがまるで扇子を閉じたように細くなっているではありませんか。
あわてて、インターネットで、色々調べて居るうちに質問に答えてくれるサイトを見つけました。藁をもつかむ思いで、状況を書いてみました。
すると親切にもすぐに返事を書いてくださいました。
スウェーデンのグッピーのことはよくわからないけれど、多分、買ったグッピーは日本で言う外国産のグッピーだそうで、グッピー自体元気そうに見えても病気をもっていることが多く、すぐに一緒の水槽に入れるのはきわめて危険だということがわかりました。
粗塩を入れて様子を見るようにという指導があり、今、そのようにしていますが、やはり尾びれの様子はそのままです。気持ち、頭を振るのが少なくなったようなきもしますが。。。

昨晩は心配で心配でインターネットであちこち探してグッピーの病気を中心に色々読みました。そんなわけで、タダでさえ大忙しなのに、寝不足でどうにかなりそうです。

でも、新しいグッピーを入れる前にケヴィン達を移したのが、せめてもの救いだったと思いました。
37匹の稚魚が大きくなったら一緒にしてあげてまた赤ちゃんを産んでくれたら、と思っています。
それにしてもかわいそうに病気になってしまった女の子達、なおるのでしょうか。。。
心配でなりません。

イヴが頂いてきたころは、たかが魚、と思っていましたが、名前も付けて毎日可愛がっているとたかが魚も可愛くなってきます。
今日、近所にお住まいの日本人の友人にスーパーで出会って立ち話、終いにはスーパーのベンチに腰掛けてのおしゃべりになりましたが、その友人も、たかが魚、と大笑いしていました。
でも、ほんとに可哀想なことをしたと思います。何とか治ってくれると良いのですが。。。

親と一緒だとどうなるかと3匹だけ親の水槽に入れていましたが、2匹は食べられてしまったようで、今は1匹しか居ません。でも、なんだか気のせいか、成長が赤ちゃんグッピーの水槽のチビ起ちよりちょっとよい感じでした。
ところがその赤ちゃんも病気になったのか、尾びれがとがった感じになっています。
ああ、可哀想。
今は心配で、早くよくなるよう神様に祈るのみです。
[PR]
by obreykov | 2004-12-04 07:45

2004.12.01 うわア、師走だア

あっという間にもう12月になっています。なんて忙しいのでしょう。師が走り回っている様子がよくわかる感じです。私も年末になってますます髪を振り乱して走り回っているような感じがします。
12月はコンサートなども沢山で、自分の仕事のコンサートも速くも今週から始まります。そのとき使うヴァイオリンが今、リビングルームの片隅に重なっています。
子供達も今度の日曜日にアドヴェントコンサートが近所の教会であり、音楽学校(日本で言う音楽教室のようなもので、公立です。)の弦楽オーケストラ3つが一同にクリスマスナンバーを弾く事になっています。
イヴとニッキィのオーケストラは二番目のオーケストラでクレッシェンドといい、謙や今はいないネディのオーケストラは一番大きい子供達のオーケストラでコン ブリオといいます。

12月13日はルシア祭といってこれからだんだん明るくなってくることを祝ってサンタルシアをはじめとしたクリスマスナンバーを歌いながら子供達が行列します。
そのとき、女の子は白い長いワンピースに頭にはきらきらしたヘアーバンドのようなものをつけ、手にはロウソクをもちますが、ルシアになった女の子は頭にロウソクのついた冠をかぶります。男の子は白いワンピースに星の精になったり、トムテというサンタクロースの子供のようなものになったり、今の時期に食べる香辛料たっぷりで色々な形をしているペッパーカーカというクッキーの男の子になったりします。
ニッキィの学校では恒例の3年生のルシア行列があるので、遅くならないうちに昨晩準備をしました。
うちには女の子も男の子もいるので、すべての衣装が大小それぞれのサイズまであります。
今年は男の子も星の精になるそうで、ネディの使ったワンピースを使うことにしました。男の子のワンピースとほんの少し襟のあたりが違うのですが、そこはごまかして。。。
ネディが幼稚園のころに使った電池式のロウソクも健在なので安心しました。

グッピーが今にも子供を産みそうな大きなおなかをしているのですが、まだ産んでいません。
産まれるのかな?
先週、インターネットでグッピーに関することを見ていたら、なんと色々な種類のグッピーをかけ合わせてきれいなグッピーを作っているマニアがいることを知りびっくりしました。
それで、先週は謙ときれいな色のオスを2匹買って来ました。
別の容器に入れて様子をみていましたが、病気もしていないような元気な子達なので、今までのケヴィンとヨーナスとニーモを別の容器に移し、新顔をマティルダやブティルダのいる水槽に入れました。
どんな子供が産まれるか楽しみです。

このごろは、ネディと父母以外にいろいろな方にもこの日記を読んで頂いている様子で、ちょっと心して書かないと内容が不透明だったり、誤字があったりするようです。
それにしても一昔前まではインターネットやメールなど考えられないことでした。
いまや、これ無しでは考えられない時代になっています。
遠距離恋愛をしている人もカメラつきのPCでチャットをしているようですし。。。
私の時代は、本当に色々なものが開発されてきました。
初めて冷蔵庫がうちに届いた日、普段遊ばない友達の所に行っていてうちで大騒ぎして私を近所の人と探し回っていたことや、近所の人を呼んで一緒に観たテレビ、父は電電公社という今でいうNTTに勤めていたのではやくから電話があり、近所の人に電話ですよ、なんて呼びに行ったり、今も実家の仏間で健在の冷水式のクーラーが届いた日、など懐かしく思い出します。
[PR]
by obreykov | 2004-12-01 16:35