<   2005年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2005.03.21 グッピーの孫 誕生

忙しくて忙しくて、日記を書く時間を作ることが出来ませんでしたが、今日は我が家の一大事が起きたのでほんの少し書いておきましょう。

我が家の犬のミミちゃんと知り合うきっかけを作ってくれた友人の娘さんがもともと持っていたグッピーがその友達の所へ蛇のえさとしてもらわれていって、その友達のお母さん、つまり私の友人でもあるのですが、そこから一部もらわれてきた我が家のグッピーが十月に子供を37匹か38匹産んだのでした。
その後、変わった色のグッピーを産ませようと他のオスを買ってきたり、病気がうつって死なせてしまったりしつつ、赤ちゃんはすくすくと育っていました。
そして、残っていたエーリンとかなり大きくなったメスの赤ちゃんと、もらってきたヨーナスをひとつの水槽に入れて赤ちゃんのできるのを待っていたのですが、今日はなんと37匹の赤ちゃん水槽に更に小さい赤ちゃんが2匹生まれているのを餌をあげていたイヴが発見して大騒ぎしました。

なんと孫が生まれたわけです。
たくさんのグッピーに追い掛け回されていたので、慌てて、別の水槽に移している間もう1匹生まれて3匹移してそれぞれ学校、仕事に向かいました。

今、夕方水槽を見てみるとさらに生まれていて、今では10匹になりました。
2つの目がよく見え、頭の部分は1ミリくらいで、尻尾まで入れるとやっと5ミリになるかならないかのチビッ子達です。
写真をアップしたいと思うのですが、あまりの小ささに写せません。。。

スキーの様子、お客様のいらした様子、その他、書こうと思っていたのですが、なかなか落ち着いてコンピューターの前に座る時間が取れません。
夜はくたびれ果てて眠ってしまう、今日この頃です。

続きはまた!
[PR]
by obreykov | 2005-03-21 23:32

2005.03.13 ニッキィがストックホルム杯の最終戦で2位に!

a0022183_8574648.jpg今日はストックホルム杯の最終戦でした。上位に入っていた人たちが出ているので、表彰台に上るのは難しいと予想していましたら、なんと、私の予想では1位になるだろうイーサックという上手な選手を負かせてニッキィが2位になりました。
トレーナーのカタリーナも本当に喜んでくれました。

a0022183_858117.jpg
a0022183_8583660.jpg


a0022183_8585637.jpg最後のポーズも音楽にあってよく決まりました。
1位のアントン、3位のイーサックは手ごわい選手だったので、ニッキィがこんな人たちと一緒に戦えるようになったということだけでも喜ばしいことだと思っていました。
そのニッキィが2位になれたのは本当に信じられない喜ばしいことでした。
ニッキィの友達のペールはルーツというジャンプが自信なかったようでこのごろ、ちょっと自信を失っていたようでした。本当はもう少し上手に滑っているのに残念でした。

そのあと、ネディとパパと弟達はネディの日本のお姉さんが到着するので、飛行場に駆けつけました。



a0022183_915598.jpg私がニッキィと帰宅するとなんと謙がインスタントの焼きそばを作ってお姉さんに御馳走しているのにはびっくりしました。
マイナス6,7度でしたが、天気はよかったので、ミミちゃんも連れてドロットニングホルム宮殿という王家のお住まいに御案内しました。

スキーの話し、その他の話も書く時間が作れずに大忙しの毎日を過ごしています。
もうひとつのニュースはイヴのヴァイオリンのグループがノルウェーの音楽学校に招待されていくことになりました。
あまりいろいろなことが起こらなかったイヴの生活にも楽しいことが!
[PR]
by obreykov | 2005-03-14 09:21

2005.03.06 スキーから戻りました。

a0022183_18515628.jpg1年ぶりでクレッペンに来ました。ニッキィもスノウボードをしたかったようですが、今年までスキーにしました。スケートのように前にも後ろにも自由に滑っているので、スノウブレードという短いスキーを借りに行きましたが、身長体重が無いと転んだときにスキーが離れず危ないというので、断念しました。


a0022183_18521973.jpgさて、いよいよ出発です。
ニッキィが謙の新しいスノウボードをチェックしているのでしょうか?
スウェーデンのスキー場には緑、青、赤、黒の順に難しくなるゲレンデがあります。謙は黒いゲレンデやスノウボードのジャンプなどが出来るスノーパークというところが大好きです。黒のゲレンデで物凄いスピードで降りるとヘルメットが後ろに飛ぶ感じで、口は横に飛んでいきそうな感じになるそうです。


a0022183_18523890.jpgスキーは一度履いたらそのままですがスノウボードの人は大変です。リフトを降りてまず座りこんで、ボードを取り付けなくてはなりません。滑り降りるとまたボードをはずしておかしな歩き方をしてリフトまで行かねばなりません。どうも私にはその様子がおかしくてなりません。
実は去年、ネディのスノウボードを借りて夜リフトが終わってからこっそり練習してみようとしたのですが、立つことさえ出来ませんでした。


a0022183_18531272.jpg
謙は物凄いスピードなので、滑るところなんてカメラでキャッチすることが出来ませんでした。今年のパパサンタとじじばばサンタが贈ってくれた自慢のスノウボードとともに謙のアップ。謙は調子がよいというか、高価なプレゼントをなぜかよく手に入れます。
去年のゴーグルもちゃっかり弟にあげて、今年もパパからかなり高価なゴーグルを買ってもらっていました。私にいわせると銀バエのようなのですが、これがカッコよいのだそうです。



a0022183_18533658.jpg4人のりのリフトに悠々とイヴと私の二人で乗っているところを前のリフトに乗っているネディたちが写したようです。これに乗るとトップステューガというレストランのある頂上に来ます。ここはちょっと高めですが、冷えきった体を温かいココアやケーキで癒すのがなんともリッチ。この辺のスキー場では1番の眺めだそうです。
ここからは色々なコースで下まで滑ることが出来ます。スベラーズはリフトで降りることも出来ます。

a0022183_1854538.jpgいつも謙の友人の家族が何家族か来ていて友達が沢山なのですが、ネディは今年初めて小さいころからの仲良しのマリアが一日クレッペンに来ました。
青い目で、金髪の典型的スウェーデン人の可愛い子です。
お母さんがスウェーデンで恒例のヴァーサロップというクロスカントリースキーの競技に出るため、クレッペンの近くまで来ており、その間家族はクレッペンで滑っていたわけです。ヴァーサロップは女性用、子供用、高齢者用、など色々な競技があり、子供達の通っていた幼稚園でもこの時期には幼稚園のヴァーサロップもどきをしていました。

さて、詳しいスキー旅行の様子はまた次回に書くことにします。
[PR]
by obreykov | 2005-03-06 19:29