<   2005年 12月 ( 16 )   > この月の画像一覧

2005.12.30 雪花団子

ピヨさんの雪花団子を新しい蒸し器機能のある電子レンジで早速作ってみました。
かなり私風の自己流アレンジ雪花団子ですが。
時間も無くてもち米も1時間弱しか水につけていません。鶏ひき肉が無くてブタです。玉葱長ネギのみじんと片栗粉、卵、生姜おろしたもの、塩と醤油で味付けたものを丸めてもち米をつけて蒸しました。
感激!
抜群な電子レンジを買ったようです。ピヨさん有難う。ピヨさんに雪花団子を紹介したMocaちゃんと言うピヨさんのお友達も有難う。こんな電子レンジを買ってくれたうちのパパにも有難う。

おっとっと、こんなことはしていられない、明日はお客様がくるのに、家の片付けも料理もできていません。
こんな大雪では車は出せず、材料も買いにいけません。あるだけでできる物をとりあえず作っておかなくちゃ。
[PR]
by obreykov | 2005-12-30 22:34

2005.12.30 悩み悩み悩み

クリスマス前にニッキィの大好きなトレーナーのカタリ-ナがクラブの役員から解雇され、大ショックを受けていたのは私だけなのか、クラブは何事も無かったかのようにしています。
個人的に、オリビアのママやアンと話すと、がっかりしたり、悲しがったりはしているようですが。でも、オリビアのパパは役員だったし、ママとパパの見解は違っているのか。。。

私は、というとカタリ-ナから、メールをもらって、ニッキィの将来を心配してくれているのが良くわかります。昨晩は、カタリ-ナのローロとニッキィをトレーニングしたいといっているストックホルムのエリートトレーナーが結構いるという話を聞いて、いやな気分はしないのですが、ニッキィはクラブを変わる気持ちは全くなしです。しかも、クラブを変わってカタリ-ナがトレーナーならまだしも、いくらローロと一緒でも、カタリ-ナ以外のトレーナーで、別のクラブで、なんて、ニッキィには考えられないようです。
しかも、しかも、この忙しい私が、今のクラブよりも遠いところになんて、どうやって送り迎えするのでしょう。

ただし、ネディも、トレーナーには運が無くて、シングルでは伸びることができなかったので、ニッキィには同じ目にあわせたくないとも思います。
ネディのときも、トレーナーについて別のクラブに移った人、やめてしまった人、それぞれでしたが、ネディはそのまま残りました。謙のホッケーだって、いろいろあってクラブを移った人も多かったけれど、謙はそのまま残り、今見てみるとクラブを変えた人も結構戻ってきているのです。
カタリ-ナに言わせると、今のままではKKSは楽しいだけのクラブに終わってしまうというのです。それもわかるような気がします。
パパに言わせると、スウェーデンで、こんな調子でやっていても世界に出て行くようなスケーターにはならないからニッキィが楽しければそれでよいのでは、というし。。。

あああ、こんなことしていられない、後二日で今年も終わってしまう。明日はお客様がくるというのに何の準備もしていません。
兎に角、庭からミントの葉を摘んできて、ぶどうの葉のサルミというぶどうの葉で、ひき肉お米などを包んだ料理を作らなくちゃ。
それに家の中を片付けなくちゃ。今日も吹雪。大変大変。
[PR]
by obreykov | 2005-12-30 20:03

2005.12.29 ストックホルムは猛吹雪

今日こそはガソリンを入れて買い物をして、なんて予定していたのに、朝から、細かい雪が降り続き、ラッセル車も間に合わず、車で出かけるのは本当に大変なものでした。
予定がすっかり狂ってしまいました。
大晦日にと思っていたミミちゃんのシャワーを今日に変更。暖冬だったからか今ごろになって毛がはえかわるらしく、触る毎に毛が抜けて、ちょっと細くなった感じです。
夕方パパが戻ってから、ニッキィをスケートにおきながら買い物に行きましたが、パパのお腹の調子が悪くなり、買い物もいいかげんに済ませて戻りました。
勇気を振り絞って、ネディを駅まで送りつつニッキィを迎えに行きました。

トレーナーがやめて、元気を無くしている私。ニッキィはなんとか元気に練習していますが、この先どうしたらよいのか。。。
トレーナーからは、娘のローロとニッキィをトレーニングしたいと言っているストックホルムの優秀なトレーナーは何人もいるというメールを頂いて、少しは良い気分になりましたが、だからといって、クラブをすぐに変えられるような簡単な問題ではありません。
しかも、カタリ-ナがトレーナーでないなら、クラブをかえるほどの魅力はありませんし。ニッキィはクラブの友達達ともうまく行っているので、変える気は全く無いし、また、こんなに近いところから、遠くまで通うなんて、物理的に我家には無理な話です。
でも、ニッキィの将来を思うと、本当にどうしたらよいかわかりません。
確かに今のクラブのままでは、ニッキィもこれ以上になるのは難しいかもしれません。

もう少し、時間がほしいという感じ。カタリ-ナの好意は嬉しいけれど、今すぐにはやっぱりクラブをかえることなんて、できないし。
ピアノのように、家で練習して、週1回か2回のレッスンに遠いところまで、ある先生を目的に通うことはできても、スケートの場合、少なくとも週に5回は通わなくてはなりません。毎日のこととなるとやっぱり、場所も大事な問題です。
しかも私のように4人も子供がいて、あちこちに送り迎えをするのにジグソーパズルのようなことをしている私には、一人の子供のために遠くに送り迎えをするなんて、やっぱり無理です。
しかも、火曜日は同じパーキングに止めて、一人はヴァイオリンを弾きに、一人はスケートに、も一人は別のスケート場へ、などと言うようなことをしているし、木曜日はニッキィがスケートしている間にピアノを弾きにすぐ近くの音楽学校へ仕事に行くような私。

ネディとヨハンナがシンクロナイズド スケーティングの練習から駅まで戻ってくるのが11時30分過ぎ。ヨハンナのお父さんが留守で、バスはかなり待たないとこないので、迎えにきて欲しいとネディに頼まれたけれど、この吹雪き、とても恐ろしくて、他人の娘まで乗せて送っていく自信が無いので、断ったら、なんと機嫌の悪いこと。
私なんて、一人っ子だったのに、こんなに両親に送り迎えを頼まないで、一人でしていたのに、と思います。
でも、吹雪もおさまり、大きな道はラッセル車も通ってくれたようなので、こちらからネディに連絡して、二人を迎えに行く私。なんと馬鹿な親だ、と自分であきれてしまいます。
こんな真冬にブーツも履かずに夏靴で過ごし、びしょびしょになったと言う娘を見て、あきれて物が言えません。
アンとそんな話をしていたら、ネディと同い年のペールのお兄さんも生地の夏靴でスキーに行った、とあきれて話していました。あのくらいの年の子供は全く何を考えているのかわかりません。

昨日パパと謙が買ってきた電子レンジを今日はキッチンに設置してもらいました。
くるくる回る土台つきで、(今のはみんなそうでしょうけれど、うちのは古くて、台が回るタイプではなかったのです。)しかも、グリル、蒸し機能などがある優れものです。

さっそくイヴなどココアミルクを作ったりしていました。プリンを作ってみたら、強すぎたのか、味は上出来ですが、沸騰したような、影も形もプリントは考えられないようなのができました。
2度目の挑戦には、むき海老しか入っていない茶碗蒸です。これはとってもうまくできました。
卵を混ぜるだけであっという間に簡単にできるのでびっくりです。

でも、時間や強さなど、感覚をつかむまで、失敗作がたくさんできそうです。
[PR]
by obreykov | 2005-12-30 10:52

2005.12.27 クリスマスもすぎて

クリスマス前にネディとニッキィのフィギュアスケートクラブではクリスマスショーをしました。
ネディはトナカイの役、シンクロの練習の合間にほとんど練習もする暇なく、なんとかこなしていました。
ニッキィはディズニーのクリスマスナンバーでキリギリスのベンジャミンの役、ティンカーベルのオリビアとのペアもものすごく可愛いものでした。
振り付け、製作、衣装、などなど、ニッキィのトレーナーのカタリ-ナがいつもどおり、すばらしいショーができました。
厳しい性格も激しいトレーナーなので、泣いた選手や手伝いのお母さんお父さんもたくさんいたとか。。。
ショーは二日間行なわれ、大成功に終わりました。市の文化スポーツのシェフは私の仕事場の上司でもあるので、招待したら、喜んできてくれました。

というように大成功に終わって、ショーの後の練習の時には、カタリ-ナは自分の選手達の名前を書いたスケート靴型のクッキーをくれました。ネディまで頂いて帰った翌日、クラブの友人殻電話がかかってきました。
なんと、役員会で、ニッキィのトレーナーを解雇して本人に伝えたとのことでした。
私たちは良い部分しかこのトレーナーから受け取っていなかったので、大変なショックで、しばらく日記を書く気にもなれなかったのでした。

夏に一度、トレーナーにこの調子ではやめてもらうことになると注意したけれど、クリスマスショーの準備のときなど他のトレーナー、選手、父兄などたくさんの人が涙を流したというのです。
私にいわせれば、スウェーデン人の甘っちょろい考えで!といいたくなります。
こんな調子だから、世界に出るとスウェーデンは良い成績を出すことができないのでしょう。

その日は、役員と他のトレーナー達が選手に伝えたのですが、私にはとてもニッキィに伝え_れませんでした。思ったよりニッキィはショックを受けなかったので安心しましたが、かなり淋しそうです。
電話をくれた友人に言わせるとみんな泣かされて、気にしていなかったのは彼女のロニアちゃんとうちのニッキィくらいだったようです。二人は日本の厳しさに絶える血が流れているからかな???
でも、電話をくれた友人も何時間も私と話をしてくれて、彼女の優しさに感謝感激でした。
とはいっても、今はクリスマス休みでスケートから数日はなれていましたが、明日からまた練習です。ネディは早くも今日から練習に出かけました。

あんなに良いトレーナー、振り付け、アイディア、そして衣装、などなど。。。考えると残念でなりません。特にニッキィは彼女にここまでしてもらったようなものだから。。。今後どうなるのか。。。
ネディに言わせると、ヤグーディンにしろ、始めのトレーナーが良くてフィギュアに目覚めたけれど何時までもそのトレーナーと一緒にするわけにも行かないし、そんな選手はほとんどいないのだから、とあまり心配しない方がいいといいますが。ニッキィにはちょっと彼女と離れるの早すぎたように思います。

いつもコメントなどくださるスケートママのMapleさんなどが個人的にメールまでくださっていろいろ慰めてくれたりして、便利な世の中とあったことのない友人達に感謝感激です。

とはいっても、まだまだショックから立ち直れないでいる私です。

今日は謙がパパの会社を手伝うようで、一緒に出かけていきました。
昨日は二人で出かけようとして、ほっておくと昼過ぎまで寝ているような謙もパパも少し早起きして、車に降り積もっていた雪まで落としてから、なんと旗日だということに気がついて、急きょ会社に出かけなかったのでした。これには大笑いでした。
[PR]
by obreykov | 2005-12-27 22:36

2005.12.24 クリスマスおめでとう

クリスマスおめでとうございます。
みんなの健康と幸せを心から祈りつつ。。。
大忙しの我家です。

ネディの出ているローカルテレビはうまくサイトにたどり着けない人が多かったようで、新たに ここ をクリックしてください。これで、直接ウインドウズ メディアプレイヤーの窓があいてつながると思います。

師走の言葉どおり、忙しく走り回って、コンピューターの前に座る暇がありません。
スケートクラブで行なったクリスマスショーは二日とも大成功に終わりました。ネディはトナカイ役、ニッキィはディズニーのベンジャミンと言うキリギリスの役で、シングルの後、オリビアのティンカーベルとペアを滑ったのは物凄く可愛いものでした。
[PR]
by obreykov | 2005-12-24 20:22

2005.12.13 ネディたちのチームがテレビに

地域のケーブルテレビではありますが、ネディたちのチーム、ノーザン ライトがテレビ放送されています。
ここをクリックしてください。テレビ局のホームページにはいると右の方に青い字で書いてある Klicka har というところをクリックすると、真ん中に いろいろ出てくるので、 青い字の inslag 1 と言うところをクリックすると少し時間はかかるかもしれませんが、練習風景と少しのインタビューが出てきます。
inslag 1 は、持っているコンピューターによって、一番上のはウィンドウズをケーブルやADSLなどで使っている人用。2番目のはウィンドウズを電話回線で使っている人用。3番目のはマックのコンピューターを使っている人用です。
[PR]
by obreykov | 2005-12-14 06:37

2005.12.13 スウェーデン選手権 こぼれ話

ネディがスウェーデン選手権のショートプログラムを滑っている途中、全くプログラムの真ん中ほどで、ド近眼のネディがコンタクトレンズを片目落としてしまったそうです。
マイナス8.5というド近眼のネディはそれでも片目で滑り続けるしかなかったようです。
点数が出るのを待っている間、小さなスケーターたちが、観客の投げた花や、スケーターの衣装や髪留めなどゴミが落ちてないか拾って回りますが、その時なんと一人の女の子がコンタクトレンズを見つけて持ってきたそうです。
あれだけ大きいリンクからこんなに小さなコンタクトレンズを見つけたと言うのもすごいけれど、
プログラムの途中だったので、18人のスケーターが滑り続けたリンクから傷一つついていないコンタクトをネディが受け取ったと言うのは全く信じられない事実でした。
こんなことってあるのね、と皆でびっくりしました。
[PR]
by obreykov | 2005-12-14 04:04

2005.12.13 ヴァーサ パルケンのスケート場開幕

月曜日はニッキィは1時間で早退をして、ヴァーサ パルケンという市内の公園に行きました。
ここは長靴下のピッピちゃんで有名なアストリッド リンドグレンと言う作家が住んでいたところで、ここでよく散歩をしていたそうです。
そこに屋外スケート場ができて、開幕式にニッキィとカタリーナの娘のローロ、そして15歳のミッケが初すべりを披露しました。

今日はスヴェンスカ ダーグブラーデットと言う全国紙にニッキィの写真が載っており、たくさんの人からニッキィが出ていると声をかけてもらいました。
写真はニッキィが転倒する直前のものなので、何でこんな写真しかなかったのかな、と不思議に思いますが、ニッキィは小さいので、転倒しても結構、愛嬌で済ますことができました。
ミッケはスウェーデン選手権では5位でしたが、ミッケのお姉さんも弟も大会に出たというのは本当にすごいことだと思いました。

この3人はいろいろな開幕式に呼ばれて、試合だけでなくこのような楽しい場所での滑走は本人達の良い思い出になるだろうなと思います。
トップスケーターたちももちろん呼ばれてはいたのですが、試合やら何やらで、なかなか時間が取れないようです。

ネディたちのチームも練習になるので、あちらこちらのスケートクラブのクリスマスショーなどに出演させてもらっているようです。
毎日のようにあちらこちらでプログラムを滑っているようです。
[PR]
by obreykov | 2005-12-14 03:54

2005.12.13 スウェーデン選手権 その4 ネディたち3位

日曜日は、シンクロナイズド スケーティングのフリー演技でした。
豪華な朝食の後、ホテルをチェックアウトして、スケート場に向かいました。ネディたちのノーザン ライトが第一滑走だったので、すぐに始まりました。
とても良い演技で、みんな満足げでした。点数もよく、フリーは2位になったのですが、総合で、たった0.73点差で3位になりました。

でも、世界選手権で優勝したチーム サプライズの演技も見ることができたし、私たちは大満足でした。

メダリストの演技とヨーテボリ勢のアイスショーは本当にすてきなものでした。ビデオテープとバッテリーが終わってしまい、残念でしたが、アレクサンダー マヨロフのカーボーイはすばらしいの一言でした。
彼は近い将来、世界選手権やオリンピックで活躍すること間違いなしでしょう。

さて、3時半過ぎに私たちは家に向かい、ネディたちのバスも同じころ出発しました。
帰りの車の中で、ニッキィのトレーナーから電話があり、翌日月曜日にヴァーサ パルケンというストックホルム市内の公園にスケート場ができ、開幕式にニッキィがミッケやローロと出てもらえないかと依頼があったということでした。
ちょうど私の仕事が休みの日だったので、連れて行くことが出来ます。
家に着いたら、キッチンのテーブルなどとてもきれいに片付いていました。イヴがすべてきれいにしたそうです。
[PR]
by obreykov | 2005-12-14 03:40

2005.12.12 スウェーデン選手権 その3 ネディたち3位

ネディたちのチーム、ノーザン ライトは赤いパンタロンのコステュームでロックミュージックに乗って、とても良い演技ができました。
ショートプログラムです。ヨーテボリ勢にはかないませんでしたが、なんと3位にきました。
フリーにはもっと力を入れていたので、逆転できるかも、とリーダーが話していました。

本当に転倒することもなくよくできていました。
その夜は少し早めにホテルにもどり、食事した後は子供達はロビーでトランプ遊びをしたり、楽しく過ごしたようです。

私も家に電話したりしました。スケート場がヴォーダフォンのスケート場のため、ヴォーダフォンの携帯しか通じないので、わざわざ外に出て、電話しなくてはならないのです。
全くひどい話。
土曜日は日本人学校で、その上にイヴがルシア祭のヴァイオリンを弾くことになっていたため、朝起こすために、ちゃんと着いたか、また、ちゃんと弾けたか、謙のホッケーはどうなったか、など、電話しました。
謙はなんと2つも試合に出たそうです。本当は2試合目のだけに出るはずだったのですが、日本人学校から戻ると欠員が出てどうしても、といわれてバックの謙がフォワードをしたそうです。
結構楽しかったと言っていました。

私がいなくてもなんとかやっているようでした。
翌日はネディたちのフリーです。2位になれるか。。。
[PR]
by obreykov | 2005-12-13 06:24