「ほっ」と。キャンペーン

<   2006年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2006.07.08. いよいよブルガリアへ

今日の午後ブルガリアへ父母を含めた8人で出発です。
ミミちゃんは預けられるのがわかるのか、昨日からなんとなく落ち着かずに不安気味。私の後をハイハイ始めたばかりの赤ちゃんのように着いて回ります。
今年はなんとなくいつもより荷物が少ないので不安になってきました。でもいつもは丸々1ヶ月なのに今回は3週間だからこんなものなのかもしれません。

イヴはほとんど寝ることができなかったというし、私もはやくから目覚めて、なにやらごちゃごちゃやっているうちにこんな時間になりました。グッピーの水替えなどもしなくてはなりません。
インターネットカフェでコンピューターは利用できるけれど、去年は日本語を読むだけで書くことができなかったので、しばらく日記もお休みになるでしょう。
皆さん、良い夏休みをお過ごしください。

では、いってきまーす。
[PR]
by obreykov | 2006-07-08 17:51

2006.07.07 七夕様

今日もスウェーデンはよい天気で30度を越した真夏日です。この調子ではおりひめ様たちもデートができることでしょう。
謙は昼ごろまで寝ていて、毎日友達が来てはプールに入っています。昨日は日本人学校の友達でした。今日はおとといやその前もずっと来ている近所のマルティン、このごろマルティンと謙には共通のガールフレンド(?)ができたのか、今留守のピーターのクラスメイトらしいのですが、女の子も出入りしています。
パパが、謙もマルティンも何たる紳士。。。せっかく女の子が来ているのに二人でよいサンチェアを独占し、女の子はマットの上、あるいは二人でコンピューターなどをして女の子をほったらかして。。。と言っています。
少し心配していた私はちょっと安心。。。

謙の友達たちはいつも遅くに帰っていくかいつの間にか泊まっていくかで、このごろ私も注意さえしていなかったのですが、昨日は二人の日本人学校の友達が来ていて、一人はいつもお互いに泊まったり遅く帰ったりで好き勝手にさせていたのでそのままにしておりましたら、もう一人は普段、出かけることも少ないらしく、しかも11時になっても帰ってこないので、お母さんが心配して電話して来ました。とっても怒っているからと伝えて、といわれ、私も大慌てで帰るようにいいました。ちゃんと、前もって帰った方がよいのでは、と声をかけてあげればよかったかなと反省。。。
このごろ、謙も友達も遅くまで一緒にいることが多かったので、私自身もなれてしまった感じだったのです。

今日はなんとしてでも、旅のしたく、そして家の掃除、洗濯などをしなくてはなりませんが、この暑さでは何もはかどりません。
何かしては休み休みになってしまい、今も洗濯をしに来てちょいとイヴの部屋に寄ったら、半地下のイヴの部屋の心地よい涼しさ。。。コンピューターもついていたのでついつい日記を書き始めてしまいました。ミミちゃんも私についてきてここでゆっくり寝始めました。
母もこの部屋はよいわ、と言い本を読み始めましたが、今はソファでうたた寝のようです。

私の友人が作っているスウェーデンを紹介するブログとひょんなことから知り合ったブルガリアに住んでいらっしゃるブログ友達のリンクを張りました。
だんだんいろいろな人と知り合いになるインターネットはちょっと昔には考えられないものです。10年前の私はこんな便利なものがあるなんて予想していたでしょうか?!
幼稚園生だった謙がコンピューターゲームをしたりコンピューターで絵を描いたりしているのを見てちょいとはじめてみたコンピューターですが、こんな便利で、また、仕事にも活用ができるものなんて一昔前の人たちは想像もしなかったことでしょう。
[PR]
by obreykov | 2006-07-07 23:21

2006.07.05 まぼろしの雪花団子

ブログ友達のピヨさんの紹介で作り始めた雪花団子を作りました。私の場合、レシピがあっても計りで計らない上、材料も冷蔵庫の中の都合で作るため、それ風のアレンジとなりますが、とても美味しくできて、父と母も大喜びしました。
ブログ友達のMapleさんの紹介で、Cookpadというところにも料理のレシピのブログを始めはしたのですが、最初の1日だけ日記を書いてそのままです。
このCookpadというサイトは色々なレシピが盛りだくさんで、楽しいサイトなのですが、なんせ、レシピを写真つきで載せなくてはなりません。美味しい(自称)超簡単オーブン料理などたくさん作ったのですが、レシピの材料の料など私の場合、全くわからないので、とうとう載せていません。
今回はCookpadに雪花団子が無いので、載せようと思ったのですが、写真をとるからまって、というのも無視されて、どんどん食べられてしまったので、やっぱり載せることができませんでした。
うちではこのサイトに載せるのはちょっと無理が多いかもしれません。
パパは、レシピにはブルガリア流に“塩、ちょっと、胡椒 好みで。。。”などという書き方にすれば、と提案してくれたのですが。。。

雪花団子は是非Cookpadに載せて日本中に紹介したいところです。。。
[PR]
by obreykov | 2006-07-05 20:22

2006.07.03 両親も来て、子供も帰宅して。。。

6月30日には父と母がフィンエアで到着しました。ぎりぎりまでかかってとりあえず父と母の部屋をぴかぴかにしました。カーテンも洗ったので、本当に見違えるようになりました。
フィンランドでの乗り換えのとき、入国となったので、かなり色々質問されたようですが、ちんぷんかんぷん。普段はロンドンやら北欧以外の国からのトランジットなので、スウェーデンで入国のため、私のパスポートをコピーした用紙にスウェーデン語で私のところに3ヶ月の滞在予定で来る故を書いた紙をパスポートコントロールで見せているのに、今回はフィンランドで入国となり、通じないので、コピーした用紙を見せようとしているとヘルシンキの空港でのグランドホストが何年も前によくフィンエアを利用していた時期があって、その頃の父と母を覚えていて、係りに説明してくれたので、無事入国ができたということでした。
こちらがグランドホストを覚えているのならわかるけれど、何万人というお客さんを相手にしている人が私の両親を覚えているなんて、信じられないような話でした。
よっぽど特徴のある二人なのかしら。。。

無事に到着して、翌日は来るまで2時間ほどのところに合宿しているイヴを迎えに行きましたが、父とは母疲れているので、家で休んでもらいました。、
昼頃パパと出発して、イヴのいるところにいくと、ヴァイオリンのクリスティーナ先生も90歳のお母様とご主人とでいらしておりました。
15時からコンサートが始まりました。
楽譜を使わない方法での指導で、それはそれはすばらしいコンサートでした。ヴァイオリンだけでなく2人のチェリストとコントラバスもおりました。イヴたちもアンサンブルの6人が一緒で、とても楽しく過ごしたようでした。

翌日は朝7時に出発して父母イヴを連れてダーラナ地方のオッシャという街まで行きました。
ニッキィのトレーナーのターニャとはとうとう会えなかったのですが、すぐに電話をするとニッキィも同じクラブのロニアもジョセフィーンもとても良く練習できて教えるのがとても楽しかった、と褒めてくださいました。
ニッキィも同じくラブのお姉さんたちだけでなく、オッシャで知り合った友達もできたようで、とても楽しい1週間を過ごしたようでした。

私たちはレクサンドの街なども見学しながら帰りました。たくさんの日本の観光客などダーラナ地方のレクサンド等を訪れているのに私は22年住んでいるのに一度も行ったことなかったので、とても行きたかったのです。
ここは平岩弓枝さんの湖水祭という小説の舞台にもなったところです。

こうして家族全員が集まり、またにぎやかな8人家族となりました。
昨日は母もつれて買い物に行き、夕方は久しぶりにバーベキューをしました。
イヴとニッキィは水温はまだ17度でしたが、プールに入りました。

そして本日もかなり暑い一日で、イヴニッキィもプールに入り、マルティンもきたので、謙達も入ったりしておりました。かなり水温は低いようで、18度です。
後で、ペーテルのクラスメートの女の子まできていたので、私は興味しんしんで彼女が帰ってから謙に質問攻めをしましたら、謙にけむったがられてしまいました。

先日謙が第一希望の高校に合格した通知がインターネットできたのですが、今日はちゃんとした文書で合格通知が来ました。理科系の音楽科というところに入り、ネディの行っているダンデリード高校です。
平均点がかなり高い高校です。でも、謙はその平均点よりかなり上で入ったので、本当に万万歳です。日本の学生のようにもっと勉強をしたら、もっとよくできるのに、と残念に思いますが、謙達に言わせると日本の学生のように勉強ばかりしていても駄目なのだそうです。また、夏休みは休みだから、勉強も休むのだそうです。こんなのんびりで良いのでしょうか。。。
[PR]
by obreykov | 2006-07-04 05:56