<   2007年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2007.07.10. 日本へいってきまーす。

今日はロンドン経由で日本へ行ってきまーす。一人でちび二人連れて行くのにはかなりな気力が必要ですが、おりこうにしていてくれることを祈りつつ。。。24時間のたび。。。遠いな。
[PR]
by obreykov | 2007-07-10 18:52

2007.07.08 4人家族

昨日、ダーラナ地方のオッシャ(Orsa)へニッキィを迎えに行きました。私が往復運転しました。新記録かもしれません。しかも休憩は行きにトイレ休憩、帰りはレットヴィークという素敵なダーラナの街でおそいお昼だけ。そこで、素敵な民芸品を日本へのお土産に買いました。

迎えは私たちが一番遅かったようで、ニッキィは現地のロビンという友達と1輪車に乗ったりして遊んでいました。スケート場ではテストが行われていましたが、ニッキィは今回はテスト無し。
とてもとても楽しかったようで、ロビンとも「また、来年会おうね。」と別れていました。
フィギュアスケートの男の子はとても少ないので、全国大会などへ出場できるチャンスも女の選手より大きいはずですから、こうして合宿などを通して知り合った選手たちとも会うチャンスはきっと沢山あることでしょう。
ターニャには私は会うことができませんでしたが、ニッキィが大きな進歩をした、とおっしゃっていたときいて、親ばかながら、うれしくなりました。
早速夏休み最後のリンショーピングの合宿のスケジュールをもらっていました。日本へ火曜日行きますが、その後、こちらに帰ってからまたすぐニッキィはスケートの、イヴは音楽の合宿があり、その週末は早くも日本人学校が始まります。
日本へ行っても宿題に追われるのでしょうか。
今、二人は宿題をはじめて入るようですが、遊ぶほうが多い様で。。。

私の日記にコメントをくださった「元ベース弾き」さんとおっしゃる方が、日本に「音楽村」を開村する計画を立てていらっしゃることを知りました。
なんてすばらしい計画か、と私はとても感激しました。
子供たちの合宿をみても、1週間合宿をして、音楽を通していろいろなことを学び、最後の日にはコンサートをして、迎えにきた両親や親戚の人たちに披露します。
聴くほうはもちろんのこと、演奏するほうも本当に合宿の成果を自分たちで自覚できるとてもよい企画だと思います。
日本とスウェーデンでは、社会も、音楽に対するものもちょっと違ってはおりますが、日本にこんな音楽村ができたら、どんなに素敵だろうと、想像するだけでわくわくしてきます。
私の音大時代は、練習やら、試験やらで、音楽そのものを楽しむゆとりがありませんでしたが、子供たちが、音楽をジャンルを選ばず楽しんでいる様子をみると羨ましくなります。

ストックホルムは夏だというのに、今日も曇り時々雨で、家の中にいてもちょっと肌寒い感じです。
夏は、やっぱり思いっきり汗をかきたいな、と思うのは贅沢な悩みでしょうか。。。
[PR]
by obreykov | 2007-07-08 22:40

2007.07.04 久しぶりのショッピング

昨晩はなぜか、いろいろなことが頭の中を駆け巡っているようで、なかなか寝付かれず、白夜のスウェーデンですから、3時ごろには小鳥が鳴き始め、外が明るくなり始め、ますます眠れない、と焦ってしまいました。
みーんな、いつかは死んでしまうのだな、私も、夫も、父も母も、そして子供たちも、誰一人永遠に生きる人なんていないのだな、なんて考えたり、誰よりもさきに死んでしまえば、悲しい思いをしなくてすむかな、と思ってみたり、4人の子供を残して、今は絶対に死んでしまうわけには行かない、と思ってみたり、本を読み始めてみたり、ああ、4時になっちゃう、などと思っているうちにいつのまにか寝たようでした。

イヴと久しぶりに一緒にミミちゃんの散歩に行きました。寒いかなと思ったけれど、かなり暖かく、夏のヤッケは途中で脱ぎました。
その後、日本へ何かお土産がないかなと、近所のシスタというショッピングセンターに行きました。イヴもなぜついてきたんだろう、と言いながら私の買い物に付き合ってくれました。
あまりない自動販売機でイヴがコーラを買うとなんと2本も出てきて、大喜びしていました。
その後、シャベルが折れてしまっていたので、それも買いました。イヴが作っている小さな畑をまだ十分に耕すことができず、イチゴなどがだめになってしまいそうです。
今日は、ジュニアというシャベルを買おうと思いましたが、ちょっと小さすぎて、普通サイズを買いましたが、これはスウェーデン人様で、ちょっと長いのですが、まあ、何とかなりそうです。

冷蔵庫の整理をするためにこの数日買い物をしておりませんでしたが、今日は牛乳や卵も切れてきたので、いろいろ買ってきました。
牛肉を買って、少し冷凍させて、肉きり機で、できるだけ薄切りにして、ご飯も炊いて焼肉定食のようにしましたら、イヴは大喜びで食べてくれました。肉がやっぱり日本の焼肉用より、厚めでしたが、味は何とか!
先日エリーナのところでいただいたイタリア風のフルーツのホワイトチョコかけオーブン焼きアイスクリーム添えのデザートを真似して、いろいろなフルーツを小さく切ってパイ皿に並べ、ホワイトチョコがなかったので、砂糖を撒いて、オーブンで焼きました。
アイスも買い忘れてしまったので、先日、日本製の抹茶アイスのもとでイヴが作った抹茶アイスを添えたら、甘味が控えられて美味しくいただけました。

ニッキィが「海水パンツどこ?」と電話してきました。ニッキィは、そんなところはパパそっくりです。自分で探そうとせず、すぐ訊きます。今日はちょうどイヴもパパもいたので、みんなニッキィと話しました。元気そうなのが何よりです。ホームシックにかからないのが不思議です。末っ子で一番甘やかしているのですが、赤ちゃんと思っているのは私だけかな。子離れできていないのは私だけかな。
今日、ショッピングセンターでイヴの肩を取ったら、「こんなところでくっつくな、恥ずかしいだろ。」といわれてしまいました。
小さな手で一生懸命私を捕まえてついて歩いていた時代が懐かしいな。。。
[PR]
by obreykov | 2007-07-06 05:36

2007.07.04 さようならチーチョ コーコ

今日はごくごく親しくしていたチーチョ コーコのお葬式でした。
私の祖父の命日です。
このごろ、お葬式に行くことが多くなった感じで、本当に悲しく思います。ネディと謙は東京にいるし、ニッキィはダーラナのオッシャに合宿で行ったままだし、イヴと私たちのみの参加でしたが、ゾヤと甥っ子たちを迎えに行って、新婚旅行から2日早くに戻ってきたゾヤの妹夫婦も一緒にカペルに行きました。
お葬式のあとは、カペルのそばの茶室で参列者とコーヒーケーキをいただき、その後はごくごく親しい、友人たちとギリシャレストランへ行きました。

さようなら、チーチョ コーコ
[PR]
by obreykov | 2007-07-05 03:58

2007.07.03 三人家族

昨日は子供たちの祖母、我が家のパパのお母さんの命日でした。そして、明日は私の祖父の命日、また、チーチョ コーコのお葬式です。

さて、今はイヴと私たち、たった三人家族です。イヴは幸い近所の友達がまだストックホルムにいるので、遊び相手がいて、午後も一緒にバトミントンなどしていました。今日も夕方ボーリングに行くといっています。
日本人学校の宿題を見たら、かなりな量。特にニッキィの宿題が多いので、果たして間に合うのかと思ってしまいます。ニッキィは合宿から戻ったらすぐに日本へ行くし、日本から帰ったらまたすぐにスケートの合宿だから、どんなことしても日本で仕上げなくてはなりません。

イヴも今のうちにできるだけしておこうと言ったのに、畑を耕したり、芝刈りを始めたりと結局宿題には手をつけず、ファイルに整理したのみで終わってしまいました。
ああ、どうなることやら。日本でできるわけがないな。。。と思ってしまいます。暑くて親も手伝う気になれないのと、日本では見るもの行くところ沢山で宿題どころではなくなってしまうのがめにみえています。。。あああ、憂鬱。

ニッキィがまったく連絡してこないので、ロニアちゃんの弟が今週から同じ合宿に言ったはずなので、ロニアちゃんのお母さんにどんな様子だったか聞くため電話してみました。
送っていったのはパパだったそうですが、早速、弟のグスタフくんはニッキィとサッカーなど始めて遊んでいたそうでした。(元気なのね、ニッキィ)
グスタフくんはロニアちゃんと違って、友達の家にお泊りするのも余り好きな子じゃないらしく、パパが帰るときは涙ぐんでいたそうですが、(かわいい!)ニッキィもロニアちゃんもすっかり親離れしていてあっけらかんとしています。
我が家のパパもロニアちゃんのママも、連絡がないってことは元気な証拠よ。といいますが、いまひとつ私が子離れできていない感じです。

そうこうしているうちに、ニッキィが電話してきました!
すると「MP3のバッテリーどこに入れた?」ということで、どこにあるか教えると「あ、そう、じゃあね、ばいばい」というので、慌てて、ちょっと待ってよ、といって、3分くらいあれこれ訊きました。
とにかく元気一杯で、楽しんでいる様子なので、安心ですが、やっとの思いで、最後に「また電話してね」と言いました。
お金がまったく足りないそうで、テスト用に持たせた300krを使ってよいかと言うのです。何に使っているのかと思うと、お菓子など会にICAまで行っているようで、、そんなところは謙そっくりです。イヴはネディと同様、ほとんどお小遣いを使わずに戻ってきました。
日本でも謙は身分不相応な靴など買って、すでに貧乏になっているようですがネディが着いているので、ブレーキはかかっているようです。
まったく謙もニッキィも困ったものです。
[PR]
by obreykov | 2007-07-03 18:06