「ほっ」と。キャンペーン

<   2007年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2007.12.27 クリスマスの後。

クリスマスはスウェーデンでは家族で過ごすのが習慣です。日本ではクリスマスイヴは恋人と過ごすということになっているようですね。
我が家もいつものように大忙しのそれぞれがなんとかクリスマスを迎えました。だらしのない我が家らしく、ツリーを立てる足が見つかりません。
ちょうどその時、日本の父と母から電話があったので、その話をしたら、父がそれは庭に出るとすぐ左の方に立てかけてあるといいました。でもそれは去年の夏に父が知っていることで、そのあと去年のクリスマスに使ったのです。その後の問題です。
ちゃんとしなくちゃと思いつつ、忙しい1年で、そこまで頭が行き届かなくて、たぶん庭にあるはずなのですが、見つかりません。庭の小屋を見るけれど見つかりません。軒下やら探しましたが、こんなことしていられないので、パパがイヴと買いに出かけました。クリスマスイヴにツリーの足を買いに行った家族は我が家だけかと思ったら、ほかにも買いに来ている人がいたそうで、我が家が最後の一つを獲得!
と、なんとも我が家らしいあわただしいクリスマスを迎えました。

送り迎えもなく時間があったので、ニッキィのビデオなどをDVDにしたり、ここのサイトにも掲載することができました。

まずは12月にあったスウェーデン選手権でのショートプログラム。

次は11月の県大会の時のフリープログラム。


今度は1月5日にTuna Cupがあります。その時には自己最高記録が出ますように。
そのあとはリンショーピングというここから2時間ほど行ったところのニッキィたちがよく合宿を行うところで試合ですが、今度はネディもほかの選手のトレーナーとしていくようです。
2月にはストックホルムフィギュアスケート協会が選抜した3つのチームの第1チームにアマンダやアントンたちストックホルムのエリートたちと一緒にSKFトロフィーという試合に出ます。

ニッキィが風邪をひいたので心配しましたが、幸いスケートの練習もなかったり、ニッキィも気をつけて自分で進んで生姜蜂蜜を飲んだりして、なんとか乗り切ったようです。

クリスマスにはいつものように七面鳥の丸焼きを作りました。一番小さいのを買ったのに、約4キロもあったので、翌日も食べました。
その日は謙の彼女とクラスメートも遊びに来ていたので、残り物の七面鳥を出すと、おいしいおいしいとおかわりして食べてくれたので3日間七面鳥を食べずに済みました。

昨晩はパパの誕生日に作ろうと思っている新しいレシピを試してみました。ヒレ肉をマリネーしておいて丸焼きにするのですが、簡単で美味しくできたので、これはOKです。あっという間に食べてしまったので、美味しかったのでしょう。誰も何も言わずにあっという間になくなってしまいました。マリネーは蜂蜜と醤油とニンニクとレモンの皮のすったものです。
クリームソースも作りましたが、別にこれは必要ないかも。。。。

というわけで、大晦日のパーティーと5日のパパの誕生パーティーを残すのみとなりました。
[PR]
by obreykov | 2007-12-28 01:50

2007.12.12 SMの写真を少し。。。

毎年、腕を磨いて素敵になっているクリストッフェル バーンション(Kristoffer Berntsson)のフリープログラムのはじまるところ。
a0022183_1011171.jpg

フィギュアスケートスウェーデン全国選手権のメダル受賞式の写真を少し。。。
a0022183_1014977.jpg
a0022183_1021728.jpg
a0022183_107287.jpg

左から二人の、クリストッフェルとアードリアン シュルタイツ(Adrian Schultheiss)がスウェーデン代表で3月のヨーテボリでの世界選手権に出場することになりました。
ヤグーディンの初めてのトレーナー、マヨロフの息子もここで戦って世界選手権に出るための挑戦をすることになっていたのですが、怪我のため棄権をして本当に残念でした。
でも、お父さんに付いてヨーテボリまで来ていて、ニッキィもホテルなどでたくさん遊んでもらったようでした。アレクサンダー マヨロフの滑走を見ることができなくて、本当に残念!
[PR]
by obreykov | 2007-12-13 10:15

2007.12.10 ニッキィ、金メダルおめでとう!

ニッキィは、月曜日にターリンから戻り、火曜、水曜と家にいて、木曜の朝からはまた、ヨーテボリにフィギュアスケートスウェーデン選手権に出かけました。ヴェロニカとトレーナーのターニャと三人で出かけ、私とネディは翌日金曜日に応援に出かけました。

ショートはうまく滑って、良い点を出し、1位になり、昨日のフリーは失敗が数か所あり、ものすごく心配しました。
得点の出るまでの時間の長かったこと!
でも、なんとかショートが良い点だったので、逆転をされずに済みました。
ジュニアでは、ショートで4位だったストックホルムのアントンが素晴らしいフリーで逆転優勝しましたから、本当にハラハラしました。

でも、優勝!金メダル!
a0022183_2405487.jpg

スウェーデン選手権金メダル同士、3月にヨーテボリで行われるフィギュアスケート世界選手権に出場のクリストッフェル バーンション(Kristoffer Berntsson)とメダル受賞のあと、ネディが写してくれました。
ニッキィは照れていたのですが、ネディが写真を撮っていいか尋ねると、快く承諾してくれて、ニッキィを抱き寄せてポーズを取ってくれました。

ニッキィは更衣室などでもクリストッフェルやアードリアンたちとも話したりできて、とっても幸せだったようです。
時々、ほかの選手の滑走を観に来りもして、私もすぐそばで彼を見ることができてラッキー!

そのあとはカクテルパーティーがあって、ニッキィは楽しく過ごしたようです。そのあと、ホテルに戻ってから、コンピューターゲームをしたり、ビリヤードをしたり、とっても良い思い出ができたようです。
夜、ネディと私はストックホルムに戻りましたが、ニッキィはヴェロニカの滑走を今日応援して、一緒に戻っている最中。。。
[PR]
by obreykov | 2007-12-11 02:47

2007.12.05 ニッキィ二重におめでとう!

今日はニッキィの12歳の誕生日。12年もたってしまったなんて!
じっちゃとばっちゃも一緒にして、ということで、ニッキィがほしくてほしくてたまらなかった携帯をプレゼントにしたら、もう、うれしくて今日は1日肌身離さず持っていました。

さて、忙しくて忙しくて日記を書くことができないでおりましたが、ニッキィは毎日のスケートの練習もターニャがヴァレンテューナで指導する火曜日と木曜日と日曜日はそちらに出向いての猛練習で、11月30日より船でエストニアのターリンまで、5人のお姉さんたちと試合に行きました。昨年は21人対戦相手があり、7位になったのですが、上手なエストニアやロシアの選手と試合をするのは勉強になるからとターニャがすすめてくれた試合でした。
たくさん大戦相手がいるのかと思ったら、ニッキィのクラスは二人だったそうで、でも、ニッキィが勝ってしかも自己最高点を出したので、満足で帰ってきました。
出発前にニッキィもジョセフィーンも喉がちょっと変で風邪っぽい、なんて言っていたので、とても心配しました。
蜂蜜しょうが湯を飲ませたり、蜂蜜レモンティーを飲ませたり、ニンニク料理を食べさせたりして、念力で治してあげました!

火曜日と今日とうちにいて、明日からは3月に世界選手権が開催されるヨーテボリでスウェーデン選手権に出るために出かけていきます。
私は早朝から仕事なので、パパが中央駅まで送りに行きます。
ヴェロニカとトレーナーのターニャと3人で出かけます。私とネディは金曜日にヨーテボリに向かって応援します。私が仕事があるので、日曜日の夜中には戻ってきますが、ニッキィたちは月曜の夜に帰ってきます。

ニッキィは、合宿や試合のための遠征やらで、親元を離れて過ごすことに慣れているので、助かります。あまりにしっかりしているので、ちょっと寂しい感じがするくらいです。
でも考えてみたら12歳。どうしても末っ子のせいか、まだまだ赤ちゃんのような感じがしてなりません。

先週、ローカル新聞がニッキィを取材に来て、翌日はヴァーレンテューナまで写真を撮りに来ていました。週1回出る新聞なのですが、スポーツ欄にニッキィの写真が大きく出て、スウェーデン選手権に出る前の記事も載っていました。
ジャーナリストの娘さんが昔、フィギュアスケートをしていたそうで、しかもヴァーレンテューナでターニャに習っていたということで、記事もフィギュアスケートをよく知った人が書いただけあってとてもよく書けていました。

とにかく風邪などひかずに元気に全力を尽くしてもらいたいものです。
[PR]
by obreykov | 2007-12-06 09:25