<   2008年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

2008.11.28 息つく暇もないままに11月も終わりに

題名の通り、本当に息つく暇もないような毎日が過ぎていきました。
前の日記で雪がミオちゃんにはじめて降りましたが、そのころ、イヴは熱を出してしまいました。17日からはプラオといって職業訓練とでも言うのかしら、いろいろな仕事場に行って実習をするというのが中2、中3であります。前回はスーパーで過酷な仕事(?)をしたのでしたが、今回はできるだけ別の種類の仕事と言うことで、友人のおすし屋さんにお願いしたのでした。ところが、日曜日から熱!知り合いだったので、良かったのですが、本人も楽しみにしていただけに本当にかわいそうでした。
解熱剤、蜂蜜生姜湯、ビタミン剤、レモン、などなどありとあらゆるもので何とか治して水曜日から出かけました。
水曜日の朝は私も時間があったので、友人とほんの30分お茶をするのもかねて、おすし屋さんまで送っていきました。ほんの30分でしたが、私と変わらないくらい息つく暇もないような友人と会って、二人で愚痴をこぼしあいながら本当に充実した30分でした。
同じ事を金曜日もしました。うれしい!
イヴと言えば、蜂蜜生姜などが利いたのか、すっかり元気になって、握りができるようになったと大得意になって帰ってきました。
しかも、最後の日には握り方も教えていただき、自分で握ったお寿司もお土産にいただいてきました。

22日の土曜日はこちらは大雪が降りました。子供たちを日本人学校へやり、ニッキィはウプサーラという街でリネー(日本で言うリンネのことです。リンネがこの街に住んでいろいろな植物の研究をしていたのです。)杯があり、お昼前に早退して大雪の中私たちはウプサーラに向かいました。
試合の前は日本人学校へ行かずに準備運動や気持ちを落ち着かせたりしたかったのですが、あまりに日本人学校を休みすぎることになるため、ものすごいストレスで行きました。
3回転とダブルアクセルがプログラムに入っているのですが、転倒しても何でもそれをするようにと言うことで、案の定転倒してしまいました。
翌日のフリープログラムも同様で、3回転などの着氷ができませんでしたが、意外なことにターニャは良くできたと褒めていたので、びっくりしました。
トレーナーはジャンプの出来だけでなく、スケーティングなども総合してみて評価をするのだろうと思いますが、私たち素人は転倒するともうすべてだめのように感じてしまいます。

まあ、いつものように対戦相手がいなかったので、1位ではありましたが、得点のほうはいまいちでした。ただし、今回は誰もが得点が悪かったと言って、これも審判がどんな評価をするかであって、いくら新採点方になって公平になったと言ってもなんだか眉唾物だなと思ってしまいました。

ものすごい吹雪の中約1時間運転してすっかりくたびれてしまいました。
その上土曜日の夜は友人の65歳の誕生日に呼ばれており、夜遅くなってしまったので、私は本当に辛いパーティーでした。あくびするわけにも行かないけれど、日ごろの寝不足も手伝って睡魔との闘いという感じでした。

イヴの風邪以来その辺でも沢山風邪がはやっているので、SM(スウェーデン選手権)の前にニッキィが病気にならなければ良いとそればかりを神様に頼んでいたのに、案の定、ウプサーラから戻るとニッキィも38度の熱が出ていました。
本人もそれだけはいやだったのか、私に熱はないなんて嘘をついていたのですが、熱のある顔をしていたので、すぐにわかりました。

私は自分が風邪を引いたとき、どうしても今は風邪なんか引いていられない、と言うようなときにはみんなは信じられないだろうけれど、蜂蜜生姜湯や、オレンジや、キンカンや、念力で治します。
もうひたすら、治さなくちゃ、神様、お願い、と念じるのです。
それをニッキィが寝ているとき、ニッキィのおでこに私の手を当てて、この手の中に熱が入ってニッキィの熱が下がりますように、お願い、早く治って、と念じました。

それが効いたのかどうかはわかりませんが、翌日は37度に下がり、その夜は36度台に下がり、水曜日からは学校へ行き、トレーニングも始めました。
昨日のトレーニングは私もついていって見ていましたが、まだ本調子にはなっていないようですが、ひどい風邪にならずにすみ、本当に神様仏様に感謝しています。

私はと言うと、月曜日と火曜日のヴァイオリンの伴奏では、同僚がいなかったので、私一人で伴奏しつつ、ヴァイオリンの指導もしなくてはならず、かなり疲れました。
でも、今はクリスマスコンサートへの準備なので、ひたすら練習のみで、あまり新しいことを教える必要がないので、何とかなりました。
音大時代に弦楽器、管楽器の授業もありましたが、今に思えば本当にそんな授業に出ていて良かったと思います。あの当時は将来使うここともないだろうけれど単位を取らなくちゃ、と思って出席していたのですが、こうして今になって本当に役に立っています。
希望をすれば第二楽器としてヴァイオリンを習うことさえできたのに、それはさすがにしなかったのでもったいなかったなと思います。

水曜日にはパパが再びブルガリアへ行きました。ニッキィのSMのときは必ず留守です。。。まあしょうがない、以前はいちいち頭に来ていたけれど、もう慣れました。頭にきても解決しないので、無駄にいらいらしない方法をとることにしました。結婚記念日に留守をしていることもやっぱり、全く気にしないでいられるほど私もまだ成長はしていないものの、以前ほどがっかりしたり、頭にきたりしないようにしたら、ずいぶん楽に感じました。
「ものは考えよう」と、よく言ったものです。

パパがいないので、と言うわけでもないのですが、昨日は我が家でお寿司をしました。私は、巻き寿司係、イヴが握りの係りです。
材料は限られていて、鮭ときゅうりと、卵のみのちょっと貧乏なお寿司でしたが、イヴがお寿司やさんで学んできた握り方で、本当に板さんがうちに来たようなムードでした。
いつもはみんなで握るのですが、おにぎりの様な大きさになったりしていたので、イヴが大笑いして「みんな、どきなさい」と腕まくりをしたので、今回のにぎりはイヴのみがしました。
謙の特大握りは自分で責任を持って食べること、と言って本人に食べさせました。

何が忙しいのかわからないけれど忙しい私は昨日なんて、なんだかあまりの忙しさに古いパソコンが情報を処理しきれずに「じゅぐじゅぐ」言っている様な感じで、私の頭の中も」じゅぐじゅぐ」言っていました。
パパがいないので、ちょうどフォードの車の修理をしなくてはならないのですが、その予約が入っていたので、私が車を置きに行って、昨日出来上がったのを取りに行きました。
そんなパパの仕事も私がやったから、スーパーマンのように忙しさも倍増した感じだったのです。
忙しすぎて焦りすぎてか、頭が痛く、特に耳の後ろの辺り、うなじの辺り、などが変に痛いと言うか、重いと言うか、なんともいえない感じがあったので、隈膜下出血にでもなるんじゃないかと心配しました。

ニッキィをスケート場へ連れて行き、火曜日、木曜日、日曜日のスケート場は家からちょっと遠いので、いつもスケート場のカフェテリアで何かしたり、友人としゃべったりしてゆっくり過ごすことにしています。
昨日はゆっくりとSMにニッキィと行くヴェロニカのご両親と話したり、その後はパソコンを広げて、やらなくてはならないたまっていた仕事を片したりしていたら、気持ちが落ち着いてきました。
やっぱり、人間はあまり大急ぎで沢山のことをこなしすぎてはいけません。息せき切って過ごしていはやっぱり、体に良いわけありません。
でも、1日24時間と決まっているので、やることが沢山あるとどうしても息せき切って髪振り乱して駆けずり回らないと間に合いません。
睡眠も十分にとらないといけないのに、どうしても間に合わずに夜遅くなってしまいます。

でも、昨日は朝の仕事が午後に変更されたので、朝、ミオがソファーで寝ていたので、その横に私も横たわって寝てしまいました。ミオちゃんの体温が湯たんぽのようでなんと気持ちよい昼寝ができたのでしょう。ほんの40分程度でしたが、とっても良い昼寝でした。

ミミちゃんはソファに乗ってはいけないということを知っていました。でも隠れて乗っていたのですが、見つかると、目を細めて、とっても恥ずかしがりながら、まるで「ごめんなさーい」といっているような様子で降りていって隠れておりましたが、ミオちゃんはまだソファに乗っちゃいけないということを知らないので、しかも誰もだめなんて言ったこともないから知る分けないのですが、我が物顔でこちらのソファからあちらのソファに乗って堂々とお昼寝しています。

子供たちも、謙などに言わせるとだんだん私は子育てに疲れてきて、小さい子の躾はしなくなった、ニッキィなんて最悪だ、何の躾もされていない、自分たちが小さいころは躾が厳し買ったのでこんなに良い子に育っている(ホントか?!)のだそうですが、犬も同じで、なんだかめんどくさいと言うか、かわいすぎると言うか、もう何だって許せちゃうって言う感じなのか、これじゃあだめだなと思っているところです。
でも、ソファで一緒になって寝たりするのは結構暖かくて気持ちよいので、これは良いか。。。

雪が沢山で本当にきれいだったし、犬の散歩後もとても楽だったのですが、水曜日よりすっかり暖かくなってしまい、解けてしまいました。
すると雪解けは本当にひどくて、犬の散歩後のシャワーがまた始まりました。。。
一度大雪が降ってラッセル車が道をきれいにした後は雪は降らずに毎日マイナス2度程度、と言う日が続くと言うのが私の願いなのですが、どうもうまくいきません。
[PR]
by obreykov | 2008-11-28 17:32 | 徒然なる生活

2008.11.16 犬は喜び庭駆け回り。。。

まさに歌の通り、雪が降って大喜びの15週のMioは大喜びでボールや木の枝で一人遊びです。

[PR]
by obreykov | 2008-11-17 06:40

2008.11 16 Mioと初雪

Mioがはじめての雪にびっくりしつつも大喜び。たくさん面白い場面があるのですがとりあえずほんの少しだけ紹介します。


[PR]
by obreykov | 2008-11-17 04:58 |

2008.11.05 かわいすぎるMioちゃん

a0022183_19115067.jpg
a0022183_19125047.jpg
a0022183_19151718.jpg
a0022183_19164928.jpg
a0022183_19175937.jpg
a0022183_1921258.jpg
a0022183_19134347.jpg
可愛くてたまらないのですが、いたずらも天下一品です。でも、このごろ私の腕を勘ではいけないことがわかってきたようで、かみたくてうずうずしてはいるのですが、何とか我慢するようになったような感じです。まだ完全ではありませんが。。。
噛んだら無視。噛まなかったら沢山なでてあげるのを繰り返しています。
散歩は食後すぐに朝昼晩と3回いき、初めのころはミミちゃんの短いコースをやっと行っていたのですが、最近はやや中コースをいけるようになりました。でもミミちゃんみたいに散歩大好きではなく、出発する前はちょっと躊躇します。
[PR]
by obreykov | 2008-11-05 19:24 |

2008.11.01 LM フィギュアスケートストックホルム県選手権

風邪気味だったニッキィは合宿の前1週間ほど練習を休み体を休めて、リンショーピングの合宿へ行きました。18歳と16歳の一緒に練習をしているミッケとダンネも一緒の上いつものホストファミリーが3人の男の子を受け入れてくれたので、本当に楽しかったようでした。
しかもアイスの練習は3時間のはずが、ニッキィたちのグループのみ4時間の練習だったようです。

その練習の甲斐もあってか、11月1日2日はストックホルム県の選手権で地区予選よりは良い点数を出すことができました。ジョセフィーンも全国大会まで行くだろうと確信していたのですが、思わぬところで2回の転倒があり、思うような成績が出ませんでした。
ターニャの選手では、昨年同様、ミッケ、ダンネ、ヴェロニカそしてニッキィが全国選手権へと行きます。スウェーデン選手権なのに、ターニャとヴェロニカはロシア人、ミッケたちはチェコ人、そしてニッキィは日本とブルガリア。この国にはスウェーデン人はいないのか?!
a0022183_18375035.jpg
a0022183_18391317.jpg
a0022183_18402468.jpg
上はニッキィのショートプログラム、下はフリーです。
a0022183_18513019.jpg
a0022183_18533052.jpg
a0022183_18582738.jpg
a0022183_1902592.jpg
a0022183_1924175.jpg
滑走後、友人たちの応援をする楽しいひと時。
[PR]
by obreykov | 2008-11-05 19:04 | フィギュアスケート

2008.10.28 Mioちゃんの最近

Mioちゃんもますます大きくなり3ヶ月の予防注射を受けました。この日より、散歩開始!
a0022183_180106.jpg
a0022183_1811021.jpg
a0022183_1815017.jpg
a0022183_184760.jpg
a0022183_18536100.jpg
a0022183_18101533.jpg
初めての散歩デビュー。ちょっと不安げなMioちゃんでした。
a0022183_1811054.jpg
a0022183_18115897.jpg

[PR]
by obreykov | 2008-11-05 18:12 |