<   2008年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2008.12.27 なんとかクリスマスは過ぎて行った。。。

クリスマス前終業の日にイヴが熱を出したかと思うと続いて私の番。二人で体中は痛いし、熱はあるしで今回ほどつらい思いをしたのは久しぶりでした。私はその数日前に左中指に炎症をおこして、薬では治らなかったので、ピアノの仕事が終わるのを待って切開をしたのでした。
それが治る暇もなく今度はインフルエンザ。
家の中は掃除もままならぬまま、私は寝込むことになりました。
クリスマスカードは何とか熱の朦朧とする頭の中書き終えて国内の分はクリスマス前に到着した様子。。。
それにしても大変な日々でした。やっとクリスマスを迎え、友人家族を呼んでいたのですが、それもお断りして家族だけで七面鳥を何とか料理して乗り切りました。クリスマスプレゼントはお金を謙の口座に振り込んで大きなもの(ニッキィのパソコンはお誕生日とクリスマスを一緒にということで決まっていたのです。)だけ謙に頼んで用意したら、結構子供たちがそれぞれにクリスマスプレゼントを用意しており、クリスマスツリーの下にはたくさんのプレゼントが置かれておりました。
風邪もなんとか峠を越したと思った日には今度は物凄くおなかが痛くなり、トイレに泊まったような一夜を過ごしました。
もう、しっちゃかめっちゃかな休日でした。。。。。
健康が第一。それ以外は何もいらないとつくづく思いました。
いまだに身体の調子が元に戻らず、ミオちゃんとの散歩もふらふらします。しっかりしなくちゃ。
[PR]
by obreykov | 2008-12-27 21:28 | 徒然なる生活

2008.12.10 ニッキィのフリープログラム


ここにニッキィのSM(スウェーデンフィギュアスケート選手権)のフリープログラムがあります。
正面からの撮影でないのが残念。。。
[PR]
by obreykov | 2008-12-11 01:58 | フィギュアスケート

2008.12.06 ニッキィ、スウェーデンチャンピョン、おめでとう

今日ほど、落ち着かないドキドキした日はありませんでした。
ニッキィのフリープログラムが本日で、2位のマンドゥスとの得点差が3点ないくらいだったので、初めてのこの選手は怖いもの知らずで結構うまくいき、プレッシャーのあるニッキィが失敗したら。。。なんていろいろ考えると私のほうがドキドキしていました。

でも、第3滑走ではじめの二人の選手も良く滑っていたので、あれあれ、と思っていましたが、ニッキィはほとんど大きなミスなしで、会場を十分楽しませていたようで、その感じがこちらまで伝わってきて、私は涙が出る寸前でした。

結果を聞くとなんと97.67という自己最高得点を取り、2位から大きな得点差をつけての1位でした。ニッキィのクラスでのスウェーデンチャンピョンです。
しかもニッキィのひとつ上のクラスの1位の選手、マルクス(去年ニッキィの後に続く2位になった選手です。)よりも良い得点でした。

終わってから、本当にうれしくて涙が出そうでした。
その後のペアの演技を見ながらじわじわと感動が湧き上がってきました。
すれすれで1位になったり、失敗が多くてやっと1位になったのとは全く違ってよい出来だったので、本人もうれしかったことと思います。

本人は大きなお兄さんたちと一緒に今晩はパーティーがあったし、今も、みんなと一緒で楽しくてたまらないようで、私たちのところに来ようともしません。

私たちは試合の合間にトレーニングも見学しました。シニアの男子のトレーニングですが、もう、惚れ惚れするほどの滑走で、ネディと興奮しました。
[PR]
by obreykov | 2008-12-07 06:52 | フィギュアスケート

2008.12.05 ニッキィお誕生日おめでとう

ニッキィは、今日で13歳。今は、リンショーピングのスウェーデン選手権SMにきていてホテルの小職のときや、スケート場でちらちらと会うのみだったので、携帯電話にまず「おめでとう」と書いておきました。
照れ屋のニッキィは朝食のときも、ママたち絶対僕たちのそばで食べないでね。通りがかりにいいに来てミッケや、サーシャ マヨロフ(Alexander Majorov)などと一緒に食べていました。このサーシャ、去年は怪我で出場できなかったけれど、ついこの前のザグレブの大会ではアードリアンより良い6位でアードリアンが7位と言う成績を上げました。
それに、今年はストックホルムのアントンもシニアになったので、本当にわくわくする試合でした。

練習を見に行きましたが、もう、あまりにかっこよくて、どの選手もかっこよすぎでネディと二人興奮しました。
その後はニッキィたちの練習でしたが、なかなか調子が良かったようです。

話が前後しますが、昨日の試合はニッキィが1位、マンドゥスという選手が2位、得点差が2.87しかありません。そしてアントンが3位となっています。
ニッキィはいつもと違う滑走をしたので、あれあれと心配しました。後で聞くと、ルーツを飛び忘れて、自分でもあれあれと思い、ステーグの後にルーツを入れて何とか切り抜けたそうですが、ターニャはその後キスアンドクライで笑っていたので、なんていっていたのか聞くと、もうこんな失敗しないで、心臓麻痺を起こすところだったから、といったそうです。
やれやれ、パニックにならずに何とか切り抜けてくれたので良かったけれど。。。

明日はどうなることでしょう。何とか1位を保ってくれればと思います。。。神様、お願いします。

ローニャと大きいグスタフのペアのショートも今日でした。途中で音楽がおかしくなり、やり直しと言うハプニングがありましたが、本当に二人とも取っても上手になっていたのでびっくりしました。

シニアの男子はもう、あまりに素晴らしすぎて時間が止まってくれたらよい、と言う感じで見ました。どうなるか本当にわからないくらいみんな上手でしたが、やっぱり、ベテランのクリストッフェルが1位、アードリアンが2位、しかもたったの1点差で!そして、サーシャ マヨロフ、4位にはなんと今年からシニアクラスになった、ストックホルムのアントンでした。惜しくもジミーは怪我から復帰してとてもよく滑ってはいましたが、5位でした。
あさってのフリーが本当に楽しみです。
それにしてもみんなの演技はあまりにも素晴らしく、とても楽しませてくれました。
ネディが沢山写真を撮ったので、ゆっくりまたここに載せようと思っています。
[PR]
by obreykov | 2008-12-06 08:04 | フィギュアスケート

2008.12.03 ニッキィはスウェーデン選手権へ

今日は、ヴァーレンテューナで、アイスのトレーンングをしてから、午後、ヴェロニカとトレーナーのターニャと汽車でリンショーピングまで行きました。
私は、なんだかやっておく仕事が沢山で、頭の中が謙に言わせると「ママの頭の中、ハムスターが走り回っているみたい。」と言うことだそうですが、全くその通りと言う感じです。

さっきニッキィと電話で話しましたが、スウェーデン全国の選手と会ったりして楽しいようです。大きな試合で会う選手たちなので、久しぶりに楽しそうです。
抽選会も終わり、ニッキィは第1番の滑走になったようです。ニッキィは第1番の滑走に慣れているので、良かったかも!
とにかく、怪我のない様、また、風邪など引かないよう、元気に滑ってくれるのを祈るのみです。

神様、またお願いすることが増えてしまいました。
明日、仕事の後ネディとリンショーピングまで駆けつけて応援に行きます。

スウェーデン選手権の情報はここのリンショーピングスケートクラブのホームページにあります。左のブルーのSMのところをクリックするといろいろな情報が出てきます。
今年は写真入の選手の紹介がないので、残念。。。
[PR]
by obreykov | 2008-12-04 07:24 | フィギュアスケート