<   2009年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2009.04.18 鹿の仲間

鹿のビデオを載せたら、イギリスでは食材にしているというコメントを頂きました。ここスウェーデンでは結構レンとかエリイの肉は食材だけど。。。と子供たちと話していて、果たして日本語では何だっけ、という事になり、調べて見たら、スウェーデンの代表的なエリイという大きな動物、道路標識にも出てきて、ぶつかったらトラックと正面衝突したのと同じくらいといわれているこのエリイは日本では、ヘラジカと言うのだそうです。レンはいわゆるトナカイで、ローユールというのはバンビみたいなので、我が家の住所はヨットヴェーゲンといってヨットの道と訳すのですが、このヨットと言うのは日本語でなんだろう、と思うと、これがいわゆる日本で言っている奈良などにいる鹿です。
スウェーデン語、日本語、動物について詳しい方がいらしたらコメントお待ちしています。
我が家の住所は「鹿の道」で、そのちょっと先は「小さい鹿の道」があって、その交差するところは「ハリネズミの道」でそのそばに子供たちが通ったハリネズミ幼稚園があります。
だからこの辺には沢山ハリネズミや鹿がいるのでしょうか。。。
[PR]
by obreykov | 2009-04-18 07:20 | 徒然なる生活

2009.04.15 ビデオを再び。

ビデオを載せたついでにミオがクレッペンというスキー場で沢山の雪に大喜びの様子を載せましょう。
わざわざ雪の深いところを選んで飛び跳ねています。


また、これは鹿の親子です。しかも、スウェーデンの首都ストックホルムの住宅街にて。
実は鹿の親子は今ここで歩いているあたりが我が家の隣の家の森のような庭だったのですが、数年前に土地を売って、その方も家を売って引っ越していきました。その後、鹿が住んでいたこの小さな隣の森のような庭に家が建ってしまって、私たちは鹿の親子はどこへ行ったのだろうと思っていたところでした。そのシカ達かもしれません。
その隣の小さな森にはハリネズミも住んでいて我が家の庭にも良く遊びに来ていました。このごろはすっかり姿を見ません。


少し古いのですがイヴのヴァイオリンのアンサンブル、クラスローフィオールがちょっと面白い弾き方をしたので紹介しましょう。これはヴァイオリンの弓だけでなく、お箸のような普通の棒でも弾いているところです。


そして最後にスウェーデンの高校卒業前のパーティーの様子です。友達、両親などに入場券を売って招待する形が多く取られていて、パーティには良くテーマがあり、謙たちはロックと言うテーマにして、それぞれがロックシンガーの仮装をしての参加でした。さすがに大人たちはしていませんでしたが、呼ばれた友達、兄弟たちはそれぞれに工夫を凝らしていました。謙は金髪の鬘をかぶり、私の古い皮ジャケットを着ています。イヴ、ニッキィも、そしてネディや彼女もいろいろ工夫していました。ここにでていなくて残念。
これは、日本の「いっき、いっき」といういっき飲みのようなものです。

[PR]
by obreykov | 2009-04-16 05:27 | 徒然なる生活

2009.04.15 また日常が始まりました。

イースター休みはどこにも特別に旅行などしなかった上、ニッキィがいなかったり、イヴがいなかったり、パパがいなかったり、謙があちらこちらに出かけたりと、なんとなく過ぎていきましたが、パパ以外がそろってからバーベキューも2回ほどして、ゆっくり休めた気分でした。

さて、火曜日からまた現実に戻り、仕事や学校も始まりました。仕事に行ってピアノを弾いているとそれはそれでまた、よい感じでした。人間、仕事ばかりもいけないし、休みばかりもいけません。
私なんて、仕事に行ってピアノを弾きながらなんとなく気が落ち着いて自分の時間を持っている感じがしないでもありません。

イヴはモッペという原付バイクに乗れるようになったので、昨日はオーケストラにもモッペで行き、今日は学校もギターとヴァイオリンのアンサンブルにもモッペで行きました。嬉しくてたまらないようですが、事故にならないように神様にお祈りするのはこの心配性の私です。

ちょっと古いのですが、謙がDanderyd高校のコンサートで普段はエレキギターやコントラバスやらを弾くのですが、今回は何も楽器を持ってこない部分があって、私はアレレ、と思っていました。マイクを持ってきたので、バンドの誰かに渡すためか、と思っていると、確かに私の好きな半分イギリス人のピーターに渡したので、なんだ、と思いきや、なんと謙がラップソングを始めるではありませんか!
それがびっくりしたので、ここにその様子を載せておきます。


次はDanderyd高校の理科系と文科系の音楽科全員でのナンバーです。謙はマンドリンを弾いています。チェロを弾く謙にとっては実はマンドリンはヴァイオリンと同じなので、そんなに難しいことではないはずなのですが、専門楽器ではないので、コンサートの後、いろいろな人から謙ちゃんってすごいのね、と言われました。


ついでにクリスマスのころのコンサートからマンドリンを弾く謙をもうひとつ。ちなみに真ん中の一番可愛い歌の女の子が謙のガールフレンド。


コンサートの2日ほど前に練習したと言うクリスマスの歌もここに載せて起きましょう。ピアノを弾いている子は専門楽器はサックスなのですが、ピアノもとても上手です。


それから、これはかなり練習不足なのですが、チェロの曲をひとつ。この曲は私の大好きな曲なのです。かなり音程をはずしているのですが、今はこのビデオしかありません。。。残念。。。


最後に試合ばかりでほとんど練習ができなかったのですが、スケート場がしまる前のショーの前、たった3日でネディも一緒に振付けたマイケルジャクソンをすべるニッキィとラムティンです。技術的には何も難しい滑りをしてはいないのですが、試合とは違ってどの選手も楽しそうでした。

[PR]
by obreykov | 2009-04-16 03:27 | 音楽

2009.04.13 イースター休み最後の日

やっと急に春らしくなったストックホルムですが、今日は少し曇り空。。。
スケートの合宿から戻ったニッキィはしばらくスケートがお休みでゆっくりできたようです。オーレにアーダムの家族とスノウボードをしにいっていたイヴも土曜日の夜中に戻ってきてパパはブルガリアに行って入るけれどやっと家族がそろった感じです。

さて、10日にニッキィとミオとで近所のボーグスゴードという、広い馬、羊、鶏、牛などなどを飼っている牧場のようなところに行って長い散歩をしました。ミオははじめて見る牛などにびっくり。でも怖がらなかったので良い経験になったでしょう。
散歩から戻ってカフェに行こうとしていたら、ネディがスケートの友人のヨハンナやテレースと一緒にしまってしまったカフェの前に座っていて「ニッキィ!」と呼んだのでびっくりしました。
しばらくネディたちともミオは楽しく遊んでもらって満足の一日だったようです。
そのときの写真を少し。。。。
a0022183_1850117.jpg
a0022183_18502691.jpg
a0022183_18504976.jpg
a0022183_18511227.jpg

昨日はとてもよい天気だったので、小学校のエンゲンと呼ばれている原っぱでちょうどサッカーなどをする子供たちもいなかったので、ミオちゃんを放してあげるともううれしすぎてぐるぐる走り回りブレーキがきがずに頭からなだれ込んできたりしていました。天気は良くてもまだまだ地面が湿っているので、結局真っ黒と緑になってしまいました。

家に帰ってからそのまま庭にいてもらって私は子供たちをこき使って庭のテーブルやいすを水で洗い流したり、車の外側を洗ったり、去年の落ち葉や、ごみをかき集めたりとちょっとは見られる庭にしました。

夕方は謙のGFを送りながら謙が車の運転の練習をして、その足で買い物に行きました。
イヴはEuroモッペという、日本で言う原付バイクと言うのかしら、簡単なペーパーテストと実技で2日で免許が取れてしまうというものですが、それの保険を冬の間は停止させていたのですが、再開したので、モッペで店まで来ました。

バーベキューのものを買って、久しぶりのバーベキューです。せっかく兄弟全員で楽しく、と思っていたのに、やっぱりけんかになってしまいました。やれ、誰が火をつける、誰が焼く、誰がサラダをする、誰がテーブルの準備をする、と、まあまあ、楽しくやるはずが喧嘩のバーベキューです。それは我が家では決して珍しいことではないのですけど。。。
昼間はあんなに暑いくらいだったのに、やっぱり冷え込んできたので家の中で食べました。
ブルガリア風のハンバーグバーベキューにしました。
[PR]
by obreykov | 2009-04-13 18:51 |

2009.04.05 春もたけなわ、私のエンジンかからない

イースター休みです。今日は天気も良くなり気分も爽快になりそうです。なりそうというのは、まだなっていないということ。
家の中の片づけをしようと決心してまだエンジンがかかりきっていません。
これをきちんと処理できたら、きっと気分も爽快になるでしょう。なんていっている間にはじめればよいのにできないこの私。
高校時代に試験を控えて、今日はしっかり休んで体を整え、明日からしっかり勉強を始めよう、と思っていたころの私みたい。そして、次の段階は、今日は机の周りを整頓して明日からしっかり勉強を始めよう、と言うことになって、なかなか肝心の勉強が始まらないのです。
でも、明日は明日で、野暮用があり外出しなくてはなりません。楽譜の整理もしなくてはなりません。だから、どんなことしても今日はどこからかはじめなくては。。。。。。。。。(永遠にこの点が続きそう。。。)
[PR]
by obreykov | 2009-04-06 18:53 | 徒然なる生活

2009.04.05 春らしくなりました。

こちらもぐっと春らしくなりました。温度が上がってきたし、一昨日昨日と本当に春の気配で人々もいっせいに庭仕事を始めたという感じです。我が家もしなくてはならないのに。。。
まあ、パパと謙とが車のタイヤを冬タイヤから夏タイヤに手を真っ黒にしながら取り替えてくれました。

雪割り草が咲こうとし始めています。クロッカスの芽が出てきました。

金曜日からニッキィはリンショーピングと言う街にスウェーデンスケート協会の企画で男の子とペア、アイスダンスのための合宿に行きました。
リンショーピングではいつも、リンショーピングのクラブのルーカスの家にお世話になるのですが、今回はスケート協会の企画なので、近くの学校で合宿で、寝袋をもって行きました。ちゃんと寝られているかな。。。
相変わらず電話さえかかってきません。第一日目にはちゃんとついたのかこちらから電話して見ると元気そうで、いつもの大きなお兄さんたちと同じグループで同じ部屋に寝ることになっていると喜んでいました。

イヴは、アーダムの家族と一緒に昨日からオーレと言うスキー場に連れて行ってもらっています。アーダムのご両親は二人とも離婚していて、二人とも再婚しています。パパのほうは二人の小さい妹と弟、お母さんのほうは小さい弟がいて、アーダムはスキーに行ってもつまらないから友達を連れて行きたいということでした。イヴとアーダムはとてもよく気が合い、よく一緒にいるので、連れて行ってもらうことになったのでした。夏にはスペインにも行くとか。。。

昨日はとっても春らしくてうきうきするほどだったのに、今日はちょと曇り空です。ミオちゃんの散歩に行ったら、早速足とおなかが真っ黒になり半分だけのシャワーを浴びました。
私は、このイースター休みに家の片付けと掃除をするぞー!
[PR]
by obreykov | 2009-04-05 18:53 | 徒然なる生活

2009.04.02 お誕生日おめでとう、ぺトゥコと私

4月1日は子供たちの従兄弟だけど私より1歳年上のブルガリアのぺトゥコの誕生日でした。私は日本人補習学校の臨時運営委員会と言うのがあって、夜外出していたので、委員会が終わってからお祝いの電話をしました。
昼間電話したときはいなかったので、夜になってしまったら、はじめは私のことわからずに、おかしな会話でした。なぜなら朝から友人たちと飲んでいたようで、もうしっかり出来上がっていたため、外国人の私のブルガリア語でさえ、きちんと聞こえたようで、「誰?マリア?エレーナ?」なんていっていました。私だとわかると大笑いでした。

その翌日は私の誕生日。仕事場から、父と母に反対に電話しました。「私を産んでくれてありがとう。」と言いました。しかも難産だった私はずいぶん母を苦しめましたから、十分お礼を言わないと。

一時期はどうなることかとずいぶん心配しましたが、母もずいぶんと元気になってくれたようで安心です。父もデイケアに通えるようになり、至れり尽くせりの様子、もう前日には花見にも連れて行ってもらったとうれしそうに話していたので、本当に安心しました。頑固な父がデイケアなどで人の世話になどならん、と言い出すかと本当に心配していたのです。

でも、とても気に入って通ってくれるみたいですし、人の作ったものなど食べん、といっていた人なのに、そこでは何でも美味しい、とお昼ご飯もいただいてくるそうです。週に3回だそうですが、その間母も自分の好きに過ごせるし、本当に良かったと思います。
自己負担が一日1700円ちょっとほどと言うことですが、お昼も頂き、お風呂にも入れていただいて、まあまあだと思います。でも日本の相場ってどうなのでしょう。。。

ぺトゥコと私もまた1歳年を取りましたが、今年はなんとなく36歳と言い続けることができない気分です。私のほうが健忘症で、日本人学校の校長先生がご自分のことを「鶏です、3分も覚えていることができません。」とご冗談をおっしゃって笑っていらっしゃいましたが、私なんて「金魚です」
[PR]
by obreykov | 2009-04-05 18:20 | 徒然なる生活