「ほっ」と。キャンペーン

<   2010年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

2010.04.24. 桜のない桜祭り

Kungsträdgårdenというストックホルムの中心地にある桜の沢山植えてある公園で桜祭りというのが毎年行われています。今年は去年より少し遅かったにもかかわらず、桜はまだ咲いていなくて、それでも桜祭りをやって、中にはまるで日本の花見のように茣蓙を敷いて桜なしの花見を楽しんでいる人もいました。
ストックホルム日本人学校でも今回は花やしきと小物販売を出展しました。イヴのクラスは男子ばかりのクラスでしたが、この卒業生たちが着物や浴衣、ハッピを着て、応援に駆けつけ、随分役立っていたようでした。イヴは細いので、ヤッケの上に浴衣を着ていましたが、それでちょうど良い太さになったような。。。

日本人会の桜コーラスや、コスプレ(日本人もスウェーデン人も)ショー、着物ショー、など、プログラムも豊富でした。

出展しているおすし屋さんやパン屋さんなども長蛇の列でしたが、今年は私も何とかカレーパンと焼きそばパンをゲットすることができました。

一番嬉しかったのは思いがけず、古い友人と娘さん、そしてそのお子さん二人に会えたことでした。
友人の孫は本当に可愛くて、すっかり私になついて、手をつないで離しません。
ヤッケを着せるときも乳母車を持った手と、私とつないだ手を、どうしたらよいのか随分迷って、乳母車を持っていた手を離してその腕を通し、その後私の手を反対の手に持ち替えてもう片方の腕も通し、やっとヤッケを着ました。
友人がどうしてこんなにあなたの子と気に入るの、と不思議がっていました。
私も忘れておりましたが、私って、昔から、子供、お年寄り、そして動物には何か波長が合うのか、すっかり好かれるタイプなのです。
従兄弟、従姉妹に子供が生まれたときも、それはそれは凄いなつかれぶりで、その関係はいまだに続いています。
そして、こちらに来た当初も、パパの友人たちの小さい子供たちにすっかりなつかれて、パーティーなどに行っても子供たちが私を奪い合い、私は大人の会話に入れないくらいでした。
また、パーティーに赤ちゃんを連れてきた人が、ぐずって大変な思いしているのをみて、つい、手を差し伸べてあげたら、その赤ちゃん私に抱かれてすやすや眠ってしまいました。
人を怖がって誰にもなついていなかったような先代のミミちゃんもこの友人の娘さんが一時預かっていたときに私が友人宅に遊びに行ってはじめて知り合い、その場ですっかり友達になってしまい、飼い主が亡くなって行き場のなかったミミちゃんをとうとううちで引き取ったというわけでした。

私の友人には、2度も結婚をして、今は新しい彼氏と熱々の生活をしている人や、新しい彼氏を見つけて家族をおいてその人と暮らしているという人などいるというのに、私は男にはもてないけれど、なぜか子供にはすっかりモテルという不思議な力を持っています。
私って、天使の心を持っているのかも!
[PR]
by obreykov | 2010-04-28 00:10 | 徒然なる生活

2010.04.23. 家族が戻ってきました。

火山灰でどこの空港も閉鎖だったのですが、その影響で沢山の人が足止め食ったり、陸路や海路で長旅をしたり、大変だったようです。私の知り合いでも数人影響があったようでした。
我が家のパパも23日に戻ってくる予定で、心配していましたが、何とか予定通り、戻ることができ、これで家族全員勢ぞろいできました。
とはいっても謙は相変わらず、元彼女のお姉さんのアパートに試しに住んでいますが、時々帰ってきては残り物を電子レンジで暖めて食べていき、また出て行きます。
こうして子供たちは巣立っていくのかな。。。
ちょっと寂しいような。。。
[PR]
by obreykov | 2010-04-27 23:49 | 徒然なる生活

2010.04.19. 家族が少しずつ戻ってきました。

先週は木曜日にニッキィがミッケとアンシャルスヴィークという北の果ての街でのアイスショーに出演するため、出かけていきました。土曜日日曜日にそれぞれ2回ずつ公演があり、4回のショーに出たそうですが、今朝、夜行バスで戻ってきました。私は5時に二人をストックホルムまで迎えに行き、ほとんどそのまま、今度は7時過ぎに仕事へ。。。
昨晩は金曜日からトレーナーの仕事でリンショーピングに行っていたネディが戻ってきました。
リンショーピングでは男子選手のための合宿があったのですが、ニッキィとミッケは今回はショーのほうへ行ったというわけです。
金曜日はイヴと私の二人だけ、そしてミオちゃん。。。土曜日にはニッキィが新学期早々2回も続けて日本人学校を欠席していたため、教科書を頂に私が行って、その後、夕方には友人のおすし屋さんへ二人で夕食に行きました。イヴの友人もそこでお手伝いをしており、もう一人の友人もちょうど来ていて、一緒に食事をした後、その子のピアノのあるアパートへみんなしていきました。イヴはヴァイオリンを2台持っていったので、去年のメロディーフェスティヴァルで優勝したノルウェーのアレクサンダー リーバックの曲を私が2台のヴァイオリンとピアノのためにアレンジしたものを弾かせてみました。イヴの友人の弟くんもヴァイオリンを始めているので、ちょうどよくできました。
イヴの友人が本当のグランドピアノで練習したいというので、彼ともう一人の友達を急遽我が家に泊めてあげることになり、イヴと二人だけの寂しいはずの夜が急に男の子二人も増えて、楽しい夜となったのですが、物理の試験を控えていたイヴは、かなりパニックになっていました。
どうしてもっと計画的に勉強ができないのだろうと、思ってしまいます。こちらの子供の大半はあまり家での勉強をしません。
日本ではこんなことってありえない、と泊まった友達たちとも話しました。一人の友達はもうすぐ日本へ帰国なのです。大変だア。。。イヴはここで生まれ育って本当に良かったな、と思いました。すべての人が勉強が好きというわけではありません。
寝不足のイヴは結局、夕方昼寝をしないともたなかったみたいで、夜になってから勉強し始めましたが、ネディが戻ってきて一緒に話にも加わりたくて、結局ほとんど勉強はできなかったようです。
こちらの子供は勉強の仕方がわからないということがよくあるようです。日本のように参考書や問題集も沢山完備されているわけでもないし、ある意味、こちらでの学生は大変かも。。。
何にもパターン化されていなくて、自分のやる気と個性と研究心で勉強を進めていかねばなりません。。。
[PR]
by obreykov | 2010-04-19 19:01 | 徒然なる生活

2010.04.13. ニッキィのボレロ

4月10日に行われたエリートシリーズ決勝戦でのニッキィのフリープログラムです。ちょっとミスもありましたが、総合で、自己最高記録を出しました。


サーシャがフリーでアードリアンに勝ったところ。

[PR]
by obreykov | 2010-04-13 23:22 | フィギュアスケート

2010.04.12. ニッキィエリートシリーズファイナル優勝!

オーレブローというストックホルムから200キロ西の街でフィギュアスケートエリートシリーズの決勝戦がありました。金曜日にここで練習してから、ニッキィ、シニアのミッケ、ジュニアのダンネとトレーナーのターニャ、そしてミッケたちのママのシモーナと6人で我が家の車で出かけました。
夜18時30分にノーヴィスの男子が試合でした。決勝戦には6人が出ることができたのですが、怪我や病気で4人でした。ショートではニッキィはコンビネーションに失敗してしまいましたが、1位になりました。
そして翌日のフリーでは、プラス点ももらっての、トリプルサルコウとダブルトウループのコンビネーションに成功してよいスタートを切りました。ダブルアクセルは着氷がいまひとつでしたが、113.77点という自己最高記録を出すことができました。
a0022183_2232510.jpg
a0022183_2244291.jpg
a0022183_2253862.jpg

キッスアンドクライでは、めったに満足をしないターニャがニコニコしてニッキィと得点を待っていたので、私はそちらのほうがよっぽど嬉しかったです。
ダンネもショートでは本当によくすべり、1位でしたが、フリーで失敗があり、3位になってしまいました。ミッケはなかなかの出来でショートの後の3位をフリーでも保ち、ターニャの男子3人とも表彰台に上りました。

ものすごかったのはサーシャ マヨロフのフリーでした。1回だけ小さなミスがありましたが、もう、信じられないダイナミックで素晴らしいスケーティングとジャンプでフリーではあのアードリアンより良い得点を出しました!
アードリアンの弟君がとても可愛かった!
それにしてもなんと寒いスケート場だったことでしょう。車のシートにかけてあった毛布などを使って寒さをしのぎました。
[PR]
by obreykov | 2010-04-13 01:19 | フィギュアスケート

2010.04.05 えーっ、もう勘弁してぇ

また雪です!
雪は好きだけれど、4月の雪は。。。もう勘弁してっていう感じ。
私が生まれた数十年前の4月2日も東京で大雪が降って、「雪子」というなにしようか、といったくらいだったそうです。
昨夜、ミオと、ずいぶん雪も解け、道も乾いて着てよかったね、といいながら散歩したのに。。。
[PR]
by obreykov | 2010-04-05 19:41 | 徒然なる生活

2010.04.03 ランビエール、大阪へ

ストックホルムアイスにスイスからもステファン ランビエールLambielの友達たちも見に来ていて、当初の予定では友達と一緒にストックホルムで週末を過ごすことにしていたそうですが、大阪でのアイスショーに出演することがその後に決まったそうで、今日昼ごろストックホルムを後にヘルシンキ経由で大阪にたちました。
ミッケやダンネのお姉さんのニコールが運転してネディとグローベンのホテルから空港まで送っていくことになり、ネディは天にも昇る思いだったようです。
a0022183_23113735.jpg

とっても親切で優しくて、初めはネディたちとても緊張して彼と会ったけれど、車の中では本当にまるで昔からの友達のように、気さくに話してくれたようでした。
スウェーデンはみんなよく英語を話すので、困ることはないけれど日本はちょっと難しい、と言っていたので、ネディが一緒に行って手伝ってあげる、と冗談を言うと、日本語ができるのをびっくりしたそうです。でも母親が日本人だから、と種を明かしたそうですが。。。

プログラムにニッキィあてに、サインもしてくれました。
[PR]
by obreykov | 2010-04-03 23:13 | フィギュアスケート

2010.04.02.ストックホルムアイス

昨日は私とダンネとそしてステファン ランビエールStephane Lambielの誕生日でした。
ネディが去年からこの日のために、Stockholm Iceのアイスショーのチケットを買ってくれました。ニッキィとターニャも行くようにチケットを用意してあったのですが、スロヴェニアに試合に行くことになったので、残念、と言っていたところ、ニッキィの病気でスロヴェニア行きが流れてしまい、ニッキィも咳はまだひどいものの、熱もなく、元気も少しずつ取り戻してきたので、行くことができました。
ところが、ターニャが今度はニッキィと同じく喉がひどく痛くなり、ターニャの場合は熱もかなり出てしまいこのショーに来ることができませんでした。

サーシャ マヨロフAlexander Majorovの弟のニコライNikolaj9歳も出演しました。いつも試合のとき付いてきていてニッキィたちと遊んでいるニコライの噂は聞いていたけれど、スケートは初めて見ました。ちゃんとアクセルもできているし、滑り方がサーシャをそのまま小さくしたみたいで、本当に上手でした。ニッキィも頑張らないと将来ライバルになるぞ、と思いました。

とにかく素晴らしいショーで、感激の連続でした。
ヤグーディンやアプトを好きなネディがまだまだ若くてヨーロッパ戦に初めて出てきたころから「この人すごい、絶対すごくなる」と言っていたステファン ランビエールは、もう、何とも言えない素晴らしい演技でした。
それから、氷の王者といわれるだけあって、プルシェンコも凄い!
氷にでてきたときから、もう、凄いオーラがでていました。
スウェーデンのアードリアン、クリストッフェル、ヴィッキーも素敵でした。
アードリアンの演技は今までとはまた違ったものがあって、素敵でした。

とっても幸せな気分になれた誕生プレゼントでした。
帰ると謙が自分で用意した素材でサーモンのソテーとグリーンアスパラ、などで、もてなしてくれました!
[PR]
by obreykov | 2010-04-03 22:55 | フィギュアスケート

2010.04.03 大変な数日でした

3月31日にニッキィは本当ならスロヴェニアに行っていたところでした。それまで、ターニャも特別に時間をとってくださったり、シーズンオフになるため、どこのクラブでもアイスショーをやったりとなかなかきちんとした練習ができないところ、一生懸命練習していたのに、なんと、前日ターニャが迎えに来てくれてちょっと遠いスケート場で学校を午後早退して練習することになっていた、その日の朝、喉がひどくいたい、と言って学校へ行ったので、心配していました。
案の定、昼ごろ電話があり、迎えに来てほしいということ。。。私はちょうど仕事場で昼休みだったのとニッキィの学校の近くだったのとで、迎えに行き、車を運転しながらターニャとも連絡を取り、とりあえず、その日は練習をしないで、休ませてみようということになりました。
普段は少々熱があっても私が寝ていなさいというのもきかずにパソコンの前に座っていたり、うろうろと起き上がっているニッキィがバタンキューとベッドに横になるなり寝込んでしまいました。
熱はないのですが、全く元気がありませんでした。

夜、やっと遅くなって夕食を食べ、結構食欲があったので、安心はしたものの、全く体に力が入らない様子。。。ターニャとも何度電話で話し合ったことでしょう。
夜の9時にこのまま熱がなくても、こんな調子で行かせてはよい試合に臨めないし、ということで、棄権をすることに決めました。
パパは、熱が出ないならとにかく行かせて様子を見ればよいし、最悪の場合は現地で棄権をすればよいと言っていたのですが。。。
朝方、私も、あきらめきれず、4時ごろ起してみました。
でも、全く起きる元気がなく、それどころか、熱も少しではありましたが、でていました。

残念なことに、こうして試合は中止にしたのでした。
その日は飛行機のチケットのため、医師の証明書などももらうため、病院にも行きました。
いろいろ検査をしてくれ、血液検査ではビールスが原因ということがわかり、これに対しては何の治療法もなく、熱があれば解熱剤、咳が出れば咳止め、というように症状を和らげるしかないということでした。

ターニャもスウェーデンスケート連盟の人たちもこれが最後ではなくこれからどんどんこのような試合がニッキィを待っているのだから、健康第一、と慰めてくれました。
ちょうど4月2日にはストックホルムで初めてのアイスショーがグローベンで予定されていて、このチケットは去年のうちからネディが私の誕生日にと買ってくれていたのでした。
まだ咳はかなりのこっていましたが、このショーに行くことができました。
地方からもたくさんの選手たちが見に来ていて、ニッキィもたくさんの友達に会って、素敵なショーも見て、試合には出ることができなかったけれど、楽しそうでした。

このビールスはあまり熱がでなくて、喉がひどく痛くなり、咳もでて、というビールスだそうです。

ターニャの家では、新型インフルエンザに2月末に出産したばかりの娘さんがかかってしまい、まだ入院中です。危篤状態はなくなり、よい方向に向かっているようですが、赤ちゃんも入院中で、大変でした。
ターニャの家では、マルメに行くほんの数日前に泥棒が入ったばかり、そして娘さんと孫の入院、そして、ニッキィの病気、そして今度はご本人がニッキィと同じように喉の痛みと熱も38度以上出ているそうで、アイスショーさえも行けませんでした。

悪いことは本当に続きます。。。。。

私のとても気に入っていた蒸し機能の付いた電子レンジも先日壊れてしまいました。とても大切に使っていたのに。。。あちらこちら同じような電子レンジがないか探しているのですが、なぜか蒸し器機能の付いているタイプが少なくなっています。グリル機能は結構あるのですが。。。
日本にはもっと優れた電子レンジがあるのに、なんでここはこういうものの需要が少ないのでしょう。。。
[PR]
by obreykov | 2010-04-03 20:04 | フィギュアスケート