<   2010年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2010.10.17. もうすぐ日本へ

20日に日本へ謙と行くことになっています。
ものすごーく忙しいのに、なんだか落ち着かず、すべてのことが中途半端で終わっている感じ。。。
今回の帰国はかなり急なもので、父の様態も随分悪くなってきているようで、デイサービスに行っているところでショートステイという短期入所をさせてもらっているのがもう2回も伸びてとうとう私たちが着く翌日までいることになりました。本人は母のことが心配なのと、テレビもラジオも本も読みたくなく、退屈で早く帰りたいと言っているようですが、運動機能がかなり低下しているようで、家での転倒などが心配で、本人には可哀想ですが、ある意味、安心しています。
母のこともかなり心配で、とにかく早く行ってあげたいと思っています。
たった2週間の滞在でいったいどれだけのことができるのかわかりませんが、とにかく、決めなくてはならないことやらなくてはならないことをひとつでも多くこなせればと思っています。

この日記も両親がいつでもこちらの様子がわかるようにとはじめたのでしたが、今年からは父もインターネットを切ってしまい、結局この日記は誰のために書いているのかわからない感じがします。。。

こんな遠くにお嫁に来るときは両親も私も若かったから、こんな状態を想像もしていませんでしたが、こうして年老いた両親、兄弟姉妹のいない私、本当にどうしたらよいのか。。。

ネディの散歩友達はお母さんがルーマニア人、お父さんがペルー人、彼は両親のすぐそばのアパートにお兄さんと住んでいて、お婆さんもまたすぐそこに住んでいて、3家族が3角形のすぐ歩いていける距離に済んでいます。
お互いが助け合って、本当にこれって理想だなって思います。

この日記もしばらくお休みかもしれません。
出発までにかけるかな。。。

10月末から11月のはじめの週は秋休みでイヴが友達二人と三人のブルガリア旅行をします。
イヴにとってははじめての両親なしのブルガリアです。
また、ニッキィは恒例のリンショーピングでのスケートの合宿です。その後の週は、膝の具合がよければ試合に出かけます。
そんなこんなで、こちら、ストックホルムも心配事など沢山ある中、出かけるのは本当に後ろ髪が惹かれる重いです。

日本の今頃の季節はどんな服装をしていたかしら。。。寒いのかしら。。。こちらは先日ほんの一瞬でしたが、雪が降りました。
朝晩はマイナス気温にもなります。
今は3度しかありません。
スノータイヤに取り替える季節がやってきました。
[PR]
by obreykov | 2010-10-18 05:35 | 旅行

2010.10.12. おめでとう結婚記念日

今日は結婚記念日。私たちにはスウェーデンでの結婚記念日と日本での結婚記念日(11月8日)があります。なんだか、たいていの年はパパが出張で一緒に過ごした結婚記念日が余りありませんでしたが、今年は二人とも一緒、4人の子供とミオも一緒でした。
覚えているかな、と思って、仕事の帰り、今日のご馳走を作る買い物をして帰るとパパもケーキや花やら買ってきていました!
おぼえていたのね!
というわけで、謙もうちにきて、久しぶり家族6人でアスパラガスのスモークハム包み、鮭のパイ包み、ポテトやらなにやらとザッハトルテ(といってもスウェーデン製のザッハトルテもどき)でした。

私たちが結婚式をする前日はものすごい雨でしたが、12日はからりと晴れた秋晴れの紅葉と黄色の落ち葉がとても美しい日でした。

いつまでもみんなが元気で幸せでありますように。
[PR]
by obreykov | 2010-10-13 05:29 | 徒然なる生活

2010.10.11. とても素敵よ、クリストッフェル!

先日のフィンランディアトロフィーで、ショートの後1位だったクリストッフェル。フリーでちょっと失敗して総合2位になってしまったけれど、インテリジェンスがにじみ出ているようなクリストッフェルはやっぱり素敵よ!と思いました。

" target="_blank">

ニッキィがLysekilで合宿のとき、なんと彼のGFがニッキィたちのダンスのトレーナーだったのですが、そんなこんなでか、クリストッフェルもここに来て振り付けなどをしていたのです。ちょうど私たちがニッキィたちを迎えに1日前行くと、クリストッフェルの練習風景を見ることができました。
そのとき、私たちは一方的に知っているから、彼が滑ってサリエンのほうへ来たとき、つい、お辞儀をしてしまったら、ちゃーんとにっこりと微笑んでくれました。
もう、みーちゃんはーちゃんの私は舞い上がってしまいました。
あれはフリープログラムの振り付けだったようです。私は彼のフリープログラムが大好きだったので、ちょっと残念に思いましたが、今度はまた別の雰囲気のプログラムで、これもまた、良いかなと思いました。
胸に「無敵」と漢字で印刷されたTシャツを着ていたので、翌朝、朝食が一緒だったとき、「Tシャツの字は無敵といってこんないみがあるのよ、」と教えました。きっと知っていたのでしょうけれど。。。私は、思わず選手生活続けてくれるのでとっても嬉しいって言ってしまいました。
ニッキィがはじめてスウェーデン選手権でクリストッフェルと一緒にチャンピョンになったとき、ネディが二人のツーショットを写したのですが、その写真は私の宝物です。

早くニッキィも膝が元通りになってジャンプの練習、ちゃんとできるようになればよいのですが。。。
ニッキィの新しいショートプログラムはちゃんとできたら、かなり素敵なプログラムになると思います。今から楽しみ!
今は内緒ですが、私の大好きな大好きな人のプログラムだった曲を使っています。
こんなすごい曲はかえって難しいのではないかと心配しましたが、ターニャがこれはニッキィのプログラムになるのだし、シニアが使っては難しいかもしれないけれど、こんな小さな選手がその子なりのプログラムにしたら、とても良くなるっておっしゃっていました。ホント、そんな感じがしてきました。
[PR]
by obreykov | 2010-10-12 05:57 | フィギュアスケート

2010.10.09. シューマンピアノ協奏曲

久しぶりにUppsalaでシューマンのピアノ協奏曲を聴いてきました。
シューマンは、クライスレリアーナや、ピアノソナタなど大好きでした。そしてこのコンチェルトも好きな曲のひとつでした。ウプサーラ大学の音楽堂はとても素敵な建物だったけれど、ちょっと音がこもった感じが気になりました。でも、久々のコンサートはとても嬉しい気分になりました。
その後、一緒に行った友人たちと中華レストランでちょっと早い夕食をいただいて、これもまた美味しくて、特に肉まんと野菜まんがなんとも美味しくて、お土産に12個もお持ち帰りをしました!

シューマンはクララと8人もの子供に恵まれて、幸せだったはずですが、最後には梅毒になってしまったり、自殺未遂をしてしまったり、クララは本当にブラームスと不倫をしていたのでしょうか。子供の一人はブラームスの子供だったのでしょうか。

まあ、どちらにせよ、昔の作曲家は本当に沢山の素晴らしい音楽を良く生み出したものだと思います。
いったいどんな頭の構造をしていたのでしょう。
ブラームスの交響曲4番や、ラフマニノフのピアノ協奏曲3番や、ベートーヴェンのエンペラーなんて聞いていると私は涙が出てきてしまいます。

今日はニッキィの膝の調子が悪くなかったら、本来ならエリートシリーズの試合に出ていたはずでした。
ノルウェーのソンドレ選手が1位だということですが、ニッキィが出場できずに本当に残念です。
ダンネも一緒に会場までは行ったものの、やはり棄権だったそうです。
ミッケからはSMSがきて、ショートは1回目のジャンプでサリエンに突っ込みそうな着氷をしてしまったそうですが、後はうまくいっているみたい。明日のフリーしっかり頑張ってほしいものです。

フィンランディアトロフィーに出場したクリストッフェルはショートはなんと1位、フリーで失敗があったのか、4位になり総合2位。残念だったけれど、すごいなと思いました。

私はというと、なんだか気持ちが落ち着かず、心ここにあらずという感じです。
もうすぐ日本へ行きますが、両親の具合があまり良くありません。心配がいつも頭によぎっていて、このところちっとも落ち着いていることができません。
この日記も二人のために書き始めたのに、今ではもう、パソコンをいじることもしなくなった父。。。
今はみつぐ苑というところへショートステイをしています。1週間の予定でしたが、13日まで延長したということでした。

健康が第一です。健康以外の何もいらないって言う感じ。。。
[PR]
by obreykov | 2010-10-10 05:43 | 音楽

2010.10.08. 全くついていないニッキィ

先日の日曜日は、ニッキィは散々でした。せっかく、膝の調子も少しずつではありますが、良くなりつつあるようで、この週からジャンプの予備練習を始め、この日は久しぶりVallentunaのスケート場へ行って、1回転ではありますがジャンプの木曽練習を始めたのでした。でも、あの子、厄年なのかしら。疫病神に取り付かれているのかしら。。。

オレンジページにじゃがりこのようなものの作り方がでていたので、作ると言い出したのです。私もネディもそのときは疲れていたし、面倒だったから、いやだといったのに、どうしても自分で作るといって読めない漢字を私にきいて作り始めていたのです。
私は、その日、イヴのヴァイオリンのアンサンブル「クラスローフィオール」のコンサートをパパとネディと聴きに行った帰り、センターで3人で遅いお昼も食べた後、帰ってきて眠り姫になってしまっていたのでした。クラスローが5月にエストニアに演奏旅行に行った際、お返しにこんどはこちらに秋に来てもらうという約束をして、このたびエストニアのアンサンブルが演奏旅行で来たのでした。金曜日から日曜日までイヴたちはそのアンサンブルの人たちと、講習会に出たり、演奏会に出たり、ストックホルム市を案内したりと大忙しでした。

さて、ニッキィの話に戻ります。
そうこうしているうち、謙が戻ってきた音も聞こえていたし、ニッキィがどの鍋で揚げるのかなんてききにきていたのも生返事して眠り姫をしていたら、ニッキィのすごい声が聞こえてきたので、いやな予感がして、飛び起きていきました。
すると、謙がキッチンで飛び散った油の始末をしており、ニッキィは蛇口でジャージャー水を流し顔を付けていました。
何が起こったかすぐに想像でき、恐ろしくなりました。謙が言うにはじゃがりこが爆発して、ニッキィの顔に油が飛んだということでした。
とにかく水で冷やし、アイスノンで冷やし、濡れタオルで冷やし、シャワーで冷やし、冷やすことをいろいろして、やっと9時過ぎに少しだけ落ち着いてスープを作ることができ、遅い遅い夕食をすませました。
その間もニッキィはぬれタオルやアイスノンを顔面につけて冷やしながらの食事でしたが、スープを2杯もお変わりして食欲があったので少しだけ安心しました。

全く、。。。私もつい先日油がチッっと飛んできて、かなりいたい思いをしたので、あんなちょっと、たった1点だけだったのにあんなに痛かったので、どれだけ痛いだろうと思うだけでかわいそうでなりませんが、どうしようもありません。
ニッキィの作ったじゃがりこの残りを揚げてあげました。あとできくと、一番強い火で一気に入れたので、爆発したようですし、謙は大笑いしていましたが、ニッキィが鍋の中を覗き込んでいたということでした。
じゃがりこはびっくりするほど美味しくできました。冷やしているニッキィの口に運んで食べさせてあげました。なんだか随分高くついたじゃがりこです。
オレンジページには弱火でじっくりと揚げるって書いてあったのですが、ニッキィは強火で高温で揚げてしまったのでした。
私も、眠り姫をして、母親を怠っていたので、かなり反省しています。。。

ずっと冷やし続けて、夜中にソファで眠り始めたので、しばらくそのまま寝かしておきました。ミオちゃんと最後の遅い散歩から戻ってから、ニッキィの洋服を脱がせてベッドに連れて行きました。
そのころは冷やしていたタオルももう必要なかったようで、すやすや寝始めたので、一安心したというわけです。
顔面赤くなっていたのですが、朝になるとだんだん茶色っぽくなってきました。目の周りが最後まで痛かったようでしたが、朝になってみると額のほうがひどかったようです。きっと目の周りは皮膚が弱くて敏感なのでしょう。
目の中に油が入らなかったのは本当に不幸中の幸いでした。コンタクトレンズも守ってくれたのでしょう。

翌朝はすやすや寝ていたので、欠席届を学校に出して休ませました。
スケートのトレーナーのターニャに話すと、彼女も一度ポテトフライをしていたら、爆発して、体中に油をかぶったことがあるとおっしゃっていました。
そのときは顔を背けたので、顔には来なかったけれど体中が油をかぶり、その場で洋服を脱いで捨てたということでした。
これからスケートシーズンでスケート場での食事となってポテトフライが頻繁に登場するだろうから、家ではもうポテトフライは作らないのね、と冗談を言っておりましたが。。。

さて、ニッキィは学校や、チェロや、スケート場やらに行くたびに人々からどうしたの、と聞かれ、そのたびに説明するのに疲れた、と言って降ります。
スケート場も2つのクラブで練習しているので、ソーレンテューナもヴァーレンテューナも一通り説明が終わり、チェロのレッスンでも、そして、学校でも一通り説明が終わり、昨日は膝の治療に行ったので、そこでもせつめいをし。。。後は明日の日本人学校だけだ、といっています。

まあ、この程度で済んだからよかったのですが、今年は、スタートはとても良かったニッキィでした。
スカンジナビアのチャンピョンにもなり、強化選手にも選ばれるところだったのに、この夏以降、膝を痛めてからジャンプの練習を禁止され、スケートはいまひとつ前に進めず、試合も4つ、見送ってしまいました。

ターニャは昨年きつすぎたから、天から授かった休暇だと思って休みなさい、といってくれるけれど、やっぱり普通にジャンプの練習もして試合にも出たいニッキィです。
早く良くなると良いのですが、昨日、膝の治療に行ったら、針と電気ポンプのようなもので筋肉を何とかしている治療などをうけ、来週が最後になるだろう、ということでした。そうなればよいけれど。。。
[PR]
by obreykov | 2010-10-08 21:55 | 子育て