「ほっ」と。キャンペーン

<   2010年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2010.12.31. うわっ!もうこんな時間!

きょうはミオちゃんと散歩をした後、少しだけ暖かくなったため(といってもマイナス6度程度)大雪の雪が少し崩れて歩きにくい場所や車のタイヤがはまってしまいそうなところがあるので、せめて家の前やパーキングの出口だけでもきちんとしようと雪かきしたら、もう思いっきりくたびれて、その上にミオちゃんをシャンプーしてちょっとだけ無駄毛のカットなどもしたらもう、立ち直れないくらいくたびれてしまったので、予定していた料理など明日にしようと、まったりしていました。そして、何を思い始めたのか、この日記の整理、つまりカテゴリー別に分けようなんて思いついてしまって、まだ途中ではありますが、あんなことこんあこと会ったなあ、なんて思いながら以前の日記を読んだりして、その上に他のインターネットを見始めたらなんだか次々と見てしまって、あらあらという間にこんな時間!オタクとはこんな生活をしているのか?!

あちらこちらクリックして色々なインターネットを読んでいたら、日本には本当にフィギュアスケートに詳しい人が多いのがわかってびっくりしました。
しかも、こんなフィギュアスケートの程度の低いスウェーデンの選手をよく応援してくれている人たちが結構多いのにもびっくりしました。
しかも私が知らないことや、つい最近のFacebookのゴシップまで、まあ詳しく出ているので、びっくり!

この数日レポート書きで大忙しのネディがやっと提出できるものを完成させて、明日の大晦日、あ、もう今日なんだ!の準備やら予定やら、考えていたので、日本にはスウェーデンの選手のファンが多いのね、クリストッフェルもアードリアンもかなり多いのにはびっくりしたし、しかもサーシャや、中にはジミーなどのことも結構記事になっていたりするからびっくりしたっていうと、そりゃあ、日本は人口が半端じゃないから色々な人が居て詳しい人もいるのよ、といっていました。
日本のファンの人たちは、実はアードリアンはかなりいたずら坊主だったり、ジミーもニッキィやらジュニアの選手と一緒になってふざけあったり、なんていうことまで知っているのかな、と思いました。
まあ、でも、みんなどの選手も良い人たちで、エイリートシリーズやスウェーデン選手権やら、SKF杯やら、あるいは合宿などで一緒になると年齢男女関係なく和気藹々と楽しそうにしているのはほほえましいと思います。Facebookでも盛んに連絡を取り合っているようです。
だから、あんなスキャンダルも起きてしまったのでしょうけれど、友達同士ではないと見ることができないはずのFacebookno記事が新聞に数分のうちにすっぱ抜かれたというのはいったいどういうことだろうと思います。
私は、そちらのほうが余程、問題ではないかと思います。
それにしても、スケート連盟の対応もサーシャの対応も良かったなと思いました。
それに、日本でもこの記事はもう話題になっていたようで、びっくりしました。どこからこんなに早く情報が行くのだろうかと思うと、この世の中、インターネットの世界はかなり恐ろしいものがあるかなと思います。
スウェーデンのフィギュアスケートのファンが日本に沢山いてくれるのは嬉しいことです。
頑張れ!スウェーデン!
私はニッキィが故障続きで試合に出られなかったので、今回、久々のみんなの演技を見せてもらいましたが、前シーズンよりみんながそれぞれに上達しているのにはびっくりしました。
ジュニアの試合もかなり面白いものでした。久しぶりにバッティルも出場したし、お医者さんだかになるっていっていたけど、いつまでもスケート続けて欲しい!リンショーピングのダンネもよく滑れていたし、私好みのイケメン選手、しかも、話していてもいつも感じよくて楽しいし!
ニッキィたちと仲良しのマティーアスも新しいプログラムも衣装も素敵でした。
オンドレイは私が大好きな選手です。今回は一足早くシニアで出場でしたが、ニッキィもむかーしむかし、地域別のチーム対抗のSKF杯かなにかでオンドレイと戦ったことがあったっけ。もちろんオンドレイが1位で小さかったニッキィは3位か何かだったと思うけれど、あの時は年上の選手を抜いて3位になれたのはすごかったなといまさらながら思います。
また、前シーズンは出なかったニッキィの対戦相手だったマルクスが復帰してよかったと思いました。とりあえずのニッキィの目標はマルクスかなと思います。頑張れニッキィ!
今回の選手権でストックホルムのダンネが好滑走でき、しかも銀を取れたのは本当に嬉しいことでした。ダンネもニッキィ同様、シーズンスタートで敗血症になってしまって試合に出られなかったから、余計嬉しかったです。まだ、持久力が保てないといっていたけれど、それは徐々にトレーニングしてもらうとして、3回転3回転を見事に決めたのは本当にターニャのおかげだと思いました。
ニッキィが初めて選手権に出場したとき、ミッケとダンネのお母さんがターニャに指導を御願いしたのでしたが、本当にそれは彼らにとっても良かったし、また、ニッキィにとっても良い見本があって、良かったなと思います。
ニッキィの前のプログラムを振付けたアイスダンスのプロチャンピョンだったゴーシャが「ニッキィはターニャのような良いトレーナーに出会えて本当に良かったよ、私も子供のときそんなトレーナーに出会えていたらシングルでいけたかもしれないがジャンプが得意ではなかったからアイスダンスに移行したのだ。」とおっしゃっていたのを思い出します。
それにしてもゴーシャの振り付け、スケーティングそしてインターネットの動画で見る彼のアイスダンスはすごく素敵!

アードリアンもエフゲニーと別れてしまったけれど、大丈夫なのかなって思いましたが。。。
病気だったエフゲニーもイヴァンチェンコやヨーゼフを指導して、楽しそうに3人で一緒に座って他の選手の観戦をしたりしている様子を見て、安心しました。
いつだったか、エフゲニーとは、ターニャやマルメのラースロやらとお茶をご一緒したとき、なんて楽しい人なんだろうって思ったのでした。

ネディに「でもまさかニッキィやジョンオーロフ君やグスタフ君やローニアちゃんが半分日本人とは知らないだろうね」、と話すと、「そりゃあ、名前が日本っぽくないから知らないでしょう」、と話したものでした。
いつかこの子達が日本かどこかに試合に行けるような日が来ないとも限りません。そのとき、びっくりされるかなと思うとちょっと楽しみな感じです。特にニッキィは日本語でしゃべれるから。。。そんな夢のような日が来ればよいけれど、日本はちょっと遠すぎるかも。。。
ヨーロッパでは、名前からはニッキィが少しブルガリア人だって事はわかるでしょう。
それにしても、スウェーデン選手権とは言っても、考えて見たら、生粋のスウェーデン人より、結構あちらこちらの移民がかなり多かったなあと思います。
スウェーデンだけでなく、ヨーロッパやアメリカでは外国の血が入った選手が多くなるのは仕方のないことかもしれません。
それに、優れたトレーナーはほとんど外国人!

おっと、こんなところで油を売っている暇はない。早く寝て、大晦日の準備をしなくちゃ!
おやすみなさい!
[PR]
by obreykov | 2010-12-31 12:19 | フィギュアスケート

2010.12.30. 夜中の散歩

昨晩、30日になって間もなく、ミオと真夜中の散歩へ出かけました。インターネットで色々見ていたら、あちらこちらのページに移って、なんだか終わりがないくらい色々な記事や動画や色々な知らない人のブログやらたどり着いて、こういうのをオタクって言うのかなと思ってしまいました。あっという間に時間が過ぎていきました。あまりに疲れたので、散歩に出たわけです。
マイナス20度が続いていたストックホルムでしたが、寒さが和らぎ雪もところどころ固まっていたのが崩れて歩きにくい場所もありました。
でも、だーれもいない外、ミオも落ち着いていて、帰ってからはパーキングの前の雪をもう少しきれいに雪かきさえしてしまいました。丑三つ時。。。ネディは友達のお婆さんちで本当に合った話を基にした悪魔などの出てくる怖い話をビデオで見たので、眠れないといっていましたが、私はそんな怖いものを見ていないので、外の静けさがなんとも嬉しくていつまでも外に痛いような気分になっていました。
母には昼と夜が逆さにならないように、早く寝なくては、と毎日のように電話で言っているのですが、あっという間に明け方になってしまうという意味が初めてわかったような気がしました。
[PR]
by obreykov | 2010-12-30 22:27 | 徒然なる生活

2010.12.29.その2 ハリーポッター

遅ればせながら、昨晩、こどもからDVDを借りてハリーポッターの6番を見ました。なんと、なんと。。。ダンブルドさん、亡くなってしまったのですね。。。毎回誰かが死んでしまうということ。。。最終回では誰が亡くなるのかと子供に聞くと、本を読んだらって言われてしまいました。
それが面倒だからきいているのに。。。しかもなんだかややこしい名前やら呪文が多くて日本語の本で読んでも難しいくらいでした。
ところがこのごろは便利な世の中でインターネットで検索して、私はずるをして、最終回はどうなるかあらすじって言うものを読んでしまいました。
なーるほど。
こうなるのかあ。。。ちょっと意外だったな、と話すと、子供たちが、ママは鈍感だからわからないって笑われてしまいました。
まあ、でも19年後のハリーポッターも、考えて見るとなるほどって思いました。

小栗旬の獣医ドリトルというドラマがちょっと前に終わりましたが、なんてかっこいい青年でしょう。
流れ星に出ていた松田翔太や、塚本高史なども私の中のイケメンだなあ。。。

それから、先日の夜は、マリーアントワネットの映画をテレビでやっていたので、見ました。日本からお客様が来ると必ずフェルゼンのお城へご案内しています。
ベルサイユの薔薇が大好きだったけれど、この映画のマリーアントワネットもなかなか可愛らしく、また、普通の女性としての観点から描いている感じでなかなか良い映画でした。
オスカルさまが出てこないのはちょっと残念でした。日本に住んでいたころ映画館で上映されたレディオスカルって言う映画がとてもきれいだったなあと、思い出しました。

思いっきりぐずぐずと過ごしている冬休みです。
[PR]
by obreykov | 2010-12-30 02:56

2010.12.29. どうしてこんなにおひとよしなの

きょうは、ゆっくり過ごそうと思っていたのに、また、ただ働きをしてしまった。。。どうして、こんなに私はお人よしというか、なんというか、おめでたいというか。。。
3月でニッキィがめでたく日本人学校を卒業することになるので、この補習校に10年以上つくしてきた私もそろそろお役ごめんになって自由時間が増えるな、と思っていたのに、きょうは、すっかりそんなことも忘れて、今度はスケートクラブで頼まれたお正月のクラブでの試合のためのポスター製作やら、挙句の果てにはいつも私がやっていたことではあるけれど、掲示板に貼るための試合の結果の製作までしてしまいました。これはいつもやっていたのは、試合のあるたびにクラブのホームページに出た試合結果をちょっと見栄えよく掲示板様に書いていたのですが、このシーズンはホームページの係りが変わったり、やめたり、そんなこんなでアップデートされなかったのでした。
それで、掲示板様のものもかけずにいたのですが、このお正月の試合までに、掲示板がすっかり開いているのは寂しいと、書く事になったのですが、ある、役員は、もうこの際、この1ヶ月くらいの試合だけでよいわと言っていたのに、別の役員がかかれなかった選手が悲しい思いをしないようにすべてを書かないなら一部は掲示しないというので、あわてて、書き始めたというわけです。
そのつど書いていく分には全く大変な作業ではないのですが、こうして、10月からの3か月分の試合をそれぞれのホームページを探して書いていくにはかなり大変な作業でした。なぜなら、私たちのクラブのホームページには試合結果がアップデートされていないからです。

まあ、まあ、そんなわけで、おばかさんというか、家事もそのままにこんなお金にならない仕事をやってほとんど一日パソコンの前で過ごしてしまいました。
パソコンに座っているとメールも入ってくるし、余計なホームページも覗いてしまい、仕事ははかどらないし、馬鹿みたい。。。

とはいっても、何とかほぼ仕上げて、気分は上々。

私は、やっぱり私の稼ぎにならない仕事をほいほい引き受けてしまう運命にあるみたい。。。子供たちが自分で自分を忙しくさせているだけだといっています。
ホッケーでは謙が「ママは何もしないでね。」と、常に言ってくれていたので、何の役員もせず、せいぜいカフェテリアで働く程度でした。
スケートも何もするなとネディから言われて、役員はしていないものの、ついつい頼まれると色々してしまう私。。。

明日はしっかり家事に励みましょう。師走です。大掃除もしなくちゃ。。。
[PR]
by obreykov | 2010-12-30 02:41 | 徒然なる生活

2010.12.25.クリスマスおめでとう!

書こう書こうと思いつつ、最後に書いた日から1ヶ月以上が過ぎてしまいました。
クリスマス、おめでとうございます。
こちら、スウェーデンでは、昨日のクリスマスイヴが一番の祝日という感じで、どこの家庭も家族で集まり、クリスマス料理をいただいて、クリスマスツリーの下に飾られたプレゼントを開けたり、小さい子供がいる家庭では、誰かがサンタクロースになってドアをトントンとして、クリスマスプレゼントを持ってきてくれたり。。。
我が家でも、街に住んでいる謙が戻ってきて、久しぶりかぞく6人と犬一匹とで、クリスマスイヴを過ごしました。
謙のリクエストで、我が家ではたいていクリスマスイヴには七面鳥の丸焼きとピラフがメイン料理です。
できるだけ小さめの七面鳥を用意しましたがそれでも残ってしまいました。
いつもはそれぞれが忙しくて、夕食も一緒にできない状態が続いておりましたが、久しぶりみんなで食卓について、ゆっくりできた感じがしました。
謙が随分とお酒が強くなっていて、ああ、父がいたら、どんなに喜んだだろうと思いました。父がこちらに来ていたころはまだ子供たちも小さくて一緒にお酒を飲むということあはありませんでしたから。。。
CioCioSanというブルガリアの赤ワインを飲みました。私もネディもあまりワインが好きではないので、ちょっとだけ乾杯したくらいでしたが、ほとんど謙が飲んだ幹事でした。パパも飲んではいましたが、謙の量には負けていたようです。
その後はシャンペンを開けましたが、これも謙とパパで飲み干し、ネディと私も1杯づついただきました。
何より美味しかったのはミルクリキュールです。私はこういう甘いお酒がすき!

さてさて、何でこんなに忙しくて日記もかけなかったのでしょう。。。

まずは何とか今年もスウェーデン青少年チャンピョンの座を守ったニッキィにおめでとう!
a0022183_2222783.jpg


ここにいたるまで本当に大変なシーズンでした。
夏までは調子よくいっていたのですが、シーズンはじめのリンショーピングの合宿で膝を痛めて以来、胡椒続きで本当にスウェーデン選手権もちゃんと出場できるのかと思うほどでした。
長い長い道のり、でも、何とか選手権出場までこぎつけ、しかも優勝できました。

ニッキィの至難の道のりは次回に。。。
[PR]
by obreykov | 2010-12-25 22:02 | フィギュアスケート