人気ブログランキング |

カテゴリ:旅行( 11 )

2008.09.04 日本へ無事到着

昨日昼過ぎにネディをアーランダ空港まで送っていきました。フィンエアでずいぶん安く日本へのチケットを手に入れたのですが、大家族で旅行をするときはあまり重量を考えずによいのですが、一人旅のときは預ける荷物が20キロまでとなっているので、大変です。20キロと言っても少しくらいオーバーしても何とかなるのですが、25キロだったので、指摘されてしまいました。中のものを2,3キロ出して、手荷物にしてくださいと言われてしまいました。手荷物に8キロ持っていくことができると言うのです。
同じ飛行機に乗せるのだから、預ける荷物も手荷物も含めて28キロ乗せてよいと解釈したら、どうして、預ける荷物に20キロ、機内持ち込み手荷物に8キロとしなくてはならないのか、と頭にきながら、チーズ2キロを手荷物に入れ、チョコレートの詰め合わせ500グラムと200グラムの板チョコ数枚は私が家に持って帰りました。
やれやれ。。。お土産が減ってしまいました。チョコレートの詰め合わせはすでに家でも減らしたのです。親戚友達へのお土産は本当に少しになってしまいました。

本日、日本では夕方に到着しました。JALでは夜遅くにしか着かないのですが、フィンエアではかなり早く到着します。
名古屋経由だったのですが、名古屋はとても小さくて迷うどころか、待ち時間に散歩する場所もなかったと言っていました。

こちらはとっても寒かったので、暖房を入れたのですが、我が家はいつも暖房を入れるととたんに天気が回復してそれまで数週間も寒くて我慢して過ごしたのに、暖かくなり暖房なしでもよかったと言う羽目になります。
その反対に、夏になり始めて、もう暖房を消そうと消してしまうととたんにぐっと冷え込んで風邪を引いてしまいます。
必ずと言ってよいほどそうなるのです。
今回も、ネディが出かけるときは大雨が降って肌寒かったのですが、空港に着いたころからすっかり晴れ間が出て、暑くなってきました。
とはいっても、やっぱり暖房を入れてよかった。。。
今年は数日早い暖房でしたが、9月と言うとやっぱり暖房が恋しくなります。

こちらの暖房はセントラルヒーティングになっているので、日本のストーブのように急にその部屋だけを温かく、と言うわけには行きません。徐々に家全体が暖かくなってきます。

このごろは日本製の冷暖房器具がはやっております。
こちらの暖房施設は我が家のように地下熱を利用した冷蔵庫の反対の原理の暖房や、石油でセントラルヒーティングにしている家庭や、電気の暖房だったりします。
うちはこの最後の3つの暖房施設がありますが、石油タンクは埋め立てました。
地下熱を利用した暖房機が故障したときは電気の暖房に切り替えます。

それにしてもネディが無事について本当によかったです。。。神様ありがとうございます。
by obreykov | 2008-09-05 04:47 | 旅行